知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

教育・子育て 2018.01.19

カサカサお肌に気をつけて!『子どもが自分でできる乾燥対策』

LINEで送る
Pocket

冬になると、湿度が低いうえに暖房の利用も増え、お肌の乾燥が気になりますよね。自分のことは気づきやすいですが、いつの間にか子どものお肌がカサカサになっていて、急いでクリームを塗ってあげたという経験はありませんか?
子どもの肌はピチピチしているように見えるので油断してしまいがちですが、皮膚は大人に比べて薄く外からの刺激に弱いので、あっという間にカサカサになってしまいます。そんな子どもの乾燥対策は、皆さんはどのようにされていますか?
pic1

子どもが自らつけたくなるハンドクリームを準備

子どものほっぺや背中などは、ママがお風呂上りに天然原料100%のヴァセリンなどで保湿してあげることができますが、手はせっかく保湿をしても手洗いすると落ちてしまいます。感染症などが流行る冬は手を洗うことが増えるので、そのたびにママがハンドクリームを塗ってあげるとなると大変です。そして、子どもが学校へ行ってしまったらそうはいきません。
子どもが自分で保湿できるようになることが一番です。しかし、塗った直後はべたべたしてしまうハンドクリームを嫌がるお子さんもいるでしょう。子どもが使いやすいようにと手軽につけられる無香料のハンドクリームを洗面所に置いていても、まったく使ってくれないというのはよくあることです。

大切なのは子どもが「つけたい!」と思えるかどうか。我が子が何に興味をもつのかまずは探ってみましょう。我が家の場合は、オーガニックエッセンシャルオイルを含むボディミルクをハンドクリームとしても使ってみたところ、小学1年生の娘が敏感に反応しました。

「ママ、とってもいい匂いがする!私もつけたい!学校につけていきたい!」

娘はこまめに手につけるようになり、乾燥知らずになりました。特に女の子はいい香りに飛びつくことがありますので試してみてくださいね。まずはママが使っている保湿剤の香りをかがせてみたり、子どもが使っても安全な製品であれば一緒に使ってみたりするのもいいでしょう。この機会に自分が使う保湿剤を子どもも使えるものにして、一緒に楽しんでしまうのもよいのではないでしょうか。ママが使っていると「私も使ってみたい!」となることもありますよ。子どもにとっては高価で贅沢なものであっても、少しのものなのでグッと我慢。
子ども自ら「これをつけたい!」と思うものであれば、「つけなさい!」と言わなくても勝手につけるようになります。良い香りだけでなく、パッケージの見た目でも子どもの興味をひくことがあり、小さな旅行用などのかわいいケースを用意して移し替えてあげれば、「学校に持っていきたい」となるかもしれません。
pic2

リップクリームは数多く家中に

顔や手の肌には目がいきますが、見落としがちなのはです。子どもは食べた後、無造作にティッシュでゴシゴシ拭いたりするので、あっという間にトラブルになりやすいところです。また、唇が乾燥してくると舐める癖がついてしまい、口の周りの皮膚までも真っ赤に荒れてしまうこともあります。一度荒れてしまうと、気になってさらに舐めたり唇を噛んだりするので、なかなか良くなりません。癖が主な原因の場合は、癖が落ち着けば荒れも少なくなると思いますが、それを待ってもいられませんよね。

そこでお子さんに、一本シンプルなリップクリームを持たせてあげてください。それを常にポケットに入れて、いつでも気になったらさっとひと塗り。これを続けていると治りが早くなります。でも子どもは、小さいものはすぐに失くしてしまうもの。1日リップクリームをつけないだけでも、舐める癖のある場合にはすぐに乾燥がひどくなってしまいます。そのため、失くしてもすぐに使えるように家には5〜6本常備し、よく使いそうな場所や手の届くところにリップクリームを置いておくのがおすすめです。

顔を洗った後に塗れるように洗面所に、気づいた時にすぐに塗れるようにリビングや子ども部屋に配備するといいでしょう。そして意外と重要なのは、帰宅したらポケットに入れていたリップクリームを玄関において置くことです。そうすると毎日ポケットに入れるリップクリームをなくしたり、出かけるときに忘れたりすることが減りますよ。リップを置く場合も、お気に入りの入れ物やリップ立てを準備すると気持ちも楽しくなりますね!
pic3
アレルギーなど敏感肌のお子さんの場合には、保湿剤は敏感肌用のものかお子様に合うものを選んでくださいね。子ども自身で意識して使えるようにすることが、乾燥対策の第一歩です。

文/ママトコライター
記事/ママトコタイム
12636930_10208848790483829_714750486_o
「ママトコタイム」は、小さなお子さんと一緒に美容院などに行ける無料保育サービス。
店舗が定期開催する「ママトコタイム」に子連れで来店すると、その場でプロによる保育を利用できます。
ママになったら諦めるのではなく、ママになっても『できる!』社会をめざし、家族の笑顔を増やしていく取り組みを進めています。

ママトコタイム開催店舗などの情報はこちら

ママトコタイムFacebookページ

その他のおすすめ記事

冬も元気に過ごす『運動習慣と体温調節のポイント』

冬も元気に過ごす『運動習慣と体温調節のポイント』

子どもの教育に悩むママへ『考え方の転換で変わる育児』

子どもの教育に悩むママへ『考え方の転換で変わる育児』

クセがないから子どもも食べやすい『冬の寒さで甘くなる青梗菜で温まろう』

クセがないから子どもも食べやすい『冬の寒さで甘くなる青梗菜で温まろう』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.01.11

牛すじを使ってみよう。基本の仕込み『牛すじの下茹で』

2019.01.09

1月の和菓子 「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2019.01.08

冬の香りを召し上がれ『柚子ジャムと柚子パウンドケーキ』

2019.01.07

作り置き常備菜シリーズ『ゴロゴロおかず豚』

2019.01.07

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『24 家族が大事ってことは、自分も大事ってこと』

2018.12.27

鉛筆を正しく使えるようになるために『指先を鍛える』

2018.12.27

台所育児エッセイ 「暮らしに恋して」『23 生命力が武器なのか!』

2018.12.23

材料4つ。シンプルで華やか『レモン大根』

2018.12.12

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2018.11.30

ワンボウルで混ぜるだけ『バナナとココナッツのパウンドケーキ』

編集部おすすめ記事

2019.01.14

一生に一度の成人の日「成人」ってなんだろう?自分を振り返る機会に

2019.01.10

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2019.01.09

覚えておきたいおやつレシピ『ガナッシュケーキ』

2019.01.07

一年で一番寒い時期の始まり『小寒』気軽に「寒仕込み」を楽しもう

2018.12.28

旬食材『鱈』ー鮮度が命の厳寒の海の幸。古くは縁起物でハレの日のごちそう ー

2018.12.27

鉛筆を正しく使えるようになるために『指先を鍛える』

2018.12.25

旬の大根で作る簡単晩ご飯『豚バラのみぞれ煮』

2018.11.30

旬の秋鮭をおいしく!『秋鮭の味噌漬け焼き』

2018.11.27

大きなツリーは飾れない!コンパクトに飾れる『おしゃれで可愛いミニツリー』

2018.11.22

【新連載】『第1話 山型食パン』akari’s life style

月間人気記事

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.03.05

大麦ともち麦って違うの?『知られざる麦のチカラ』

2016.11.20

ほったらかしで大丈夫。干し野菜レシピ『干し大根をつかった作り置きおかず』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』