知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

家のコト 2018.01.26

まとまった時間が取れなくても大丈夫!『「ついで掃除」でキレイを保つ』

LINEで送る
Pocket

いつでも「うちにくる?」とお友達を家に呼べるように家をきれいにしたい…と思っていても、きれいなのは掃除をしてから数日だけ。その後はまとまった掃除の時間が取れるまで、なんとなく散らかっている状態いう方もいるのではないでしょうか。

小さなお子さんのいるママは、いざ掃除をしようとしても子どもから「遊んで〜」のお誘いがきて、なかなかまとまった掃除の時間は取りづらいものです。ピカピカではなくても、毎日家族が気持ちよく生活できるように、清潔で片付いた状態にしておきたいですよね。そして何より自分自身が気持ちよく過ごすことができます。掃除にまとまった時間を取りづらい、できれば掃除に特別な時間をとりたくないというかたにおすすめの方法をご紹介します。

「ついで掃除」「ながら掃除」は基本

家事をするついでに、身支度するついでになど、同じ時間でもう1つ掃除もできたら一石二鳥。「ついで掃除」「ながら掃除」は掃除のために特別な時間を取るのではなく、朝髪を濡らした時に使ったタオルで洗面所の鏡を一拭き、冷蔵庫を開けるついでに扉を一拭き、トイレに行ったついでに便座を一拭きというように、何かをするついでもちょっとした掃除もしてしまうということです。女性は男性よりもマルチタスクが得意と言われますので、自然とやっている方も多いかもしれません。

また、お風呂でコンディショナーをつけた待ち時間にお風呂の一部を洗う、朝顔を洗う前にお風呂にカビの漂白剤を吹きかけておきヘアセットや身支度が終わったらサッと流すなど、何かをしながら他のことを進めるのも待ち時間を活用できるのでおすすめです。
一つ一つは大きな掃除ではありませんが、改めて時間をとるのは意外と難しいものです。「ついで掃除」「ながら掃除」の場所を毎回変えていくことで、小さな掃除の積み重ねは1週間後大きな違いになっているはずです。すぐに使える場所に掃除道具を置いておくのも継続できるポイントですよ。
pic11

1週間で1箇所、目安は15分

掃除だけしていれば家がきれいになるわけではありません。気がつくと家のあちこちに物が置きっぱなしで溢れているなんてことはありませんか?一度溜まってしまったもの、散らかったものを片づけるのは、かなりの時間がかかるものです。子育てをしながらではまとまった時間を取るのも難しく、時間が取れる時はできれば自分の趣味や楽しみに使いたいものです。そこでおすすめなのが、1週間で1箇所、「今週はここ」と決めて片づける方法です。
1週間で片づいていれば良いので、いつやるかは自由。例えば今週はクローゼット、来週は机のこの引き出しなど、場所によって片づけにかかる時間は変わりますが、目安は15分以内でできるものと考えると継続しやすくなります。
自分の生活スタイルに合わせて1週間に1箇所を、1日置きなどにしても良いでしょう。
pic21
大切なのは、終わっていなくても途中でやめる勇気。時間をかけ過ぎてしまうと継続することができません。自分で決めた時間にタイマーをセットして始めるのがオススメです。今日は片づける場所がないという場合は、その15分を掃除に当てても良いでしょう。15分でできることは限られますが、今回は左の窓だけ、来週は右の窓だけ掃除したり、再来週は冷蔵庫の上だけ掃除したりと15分でも小分けにすれば以外と多くの場所を掃除できますので、大掃除は限られた場所のみでほぼ必要なくなりますよ。
pic31
1週間で15分、まとまった掃除や片づけに時間を使った場合、1年間で13時間掃除していることになります。本腰を入れて掃除しなくてはならない場所もありますが、日常的にできる掃除や片づけのルールを決めて継続することで、ほとんどの掃除は済んでしまいます。
13時間、またはその半分の6.5時間であっても、それだけまとまった時間を掃除にとることは難しいですが、毎週15分ならできそうかなって思いませんか?

ちょっとした掃除や片づけを毎日の生活に習慣づけることで、急な来客でも慌てず、いつもでお友達を家に呼ぶことができるようになりますのでお試しください。

文/ママトコライター
記事/ママトコタイム
12636930_10208848790483829_714750486_o
「ママトコタイム」は、小さなお子さんと一緒に美容院などに行ける無料保育サービス。
店舗が定期開催する「ママトコタイム」に子連れで来店すると、その場でプロによる保育を利用できます。
ママになったら諦めるのではなく、ママになっても『できる!』社会をめざし、家族の笑顔を増やしていく取り組みを進めています。

ママトコタイム開催店舗などの情報はこちら

ママトコタイムFacebookページ

その他のおすすめ記事

自分から動ける子に!おすすめ『やることボード』

自分から動ける子に!おすすめ『やることボード』

子どもと一緒にお片付け習慣『目指そう!スッキリリビング』

子どもと一緒にお片付け習慣『目指そう!スッキリリビング』

子ども部屋の整理整頓で『生活に必要な能力を身につける』

子ども部屋の整理整頓で『生活に必要な能力を身につける』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.01.28

新酒の季節はおいしい『酒粕』を楽しもう。お腹にもうれしい酒粕のパワー

2019.01.27

これだけで十分!作り置き調味料『ねぎ味噌』

2019.01.23

子どもと食べたい安心おやつ『きな粉プリン』

2019.01.23

旬食材『金柑』ー丸くて小さな、おひさま色のフルーツー

2019.01.20

暮らしにひと手間『自家製ラー油』を作ろう

2019.01.18

寒い日にぴったり。本当においしい『オニオングラタンスープ』

2019.01.15

餃子の皮で作る『焼き小籠包』

2019.01.11

牛すじを使ってみよう。基本の仕込み『牛すじの下茹で』

2019.01.09

1月の和菓子 「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2019.01.08

冬の香りを召し上がれ『柚子ジャムと柚子パウンドケーキ』

編集部おすすめ記事

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.28

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『26 小豆島、醤油トリップ』

2019.01.25

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

2019.01.25

ワクワクしながら盛り付けて 『器合わせのすすめ』

2019.01.21

日本の暮らしの言葉『寒仕込み』は日本酒の歴史から生まれた言葉

2019.01.17

冬の暮らしを楽しむ「スープのある食卓」

2019.01.16

日本一の山女魚で作る、世界に誇る『山女魚のアンチョビ』

2019.01.14

一生に一度の成人の日「成人」ってなんだろう?自分を振り返る機会に

2019.01.10

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2019.01.09

覚えておきたいおやつレシピ『ガナッシュケーキ』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2016.11.20

ほったらかしで大丈夫。干し野菜レシピ『干し大根をつかった作り置きおかず』

2017.06.16

子どもも満足!『苦くないオレンジピールの作り方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』