作るコト作るコト
まめ知識 2020.02.02

チョコが苦手なパパへのバレンタイン『親子で作るフラワーアレンジメント』

2月が近づいてくると気になり始めるのがバレンタイン。女性が男性にチョコレートを贈る日と思っている方は多いかもしれませんが、バレンタインデーは「大切な人に愛を伝える日」。そして世界でもっとも贈られるバレンタインギフトといえば、実は「花」なんです!甘いものが苦手なパパへのバレンタインに、今年はお子さんと作るところから楽しめる、フラワーアレンジメントを贈ってみてはいかがでしょうか。

今までにフラワーアレンジメントを作ったことがない方でもチャレンジしていただきやすい、『ボックスアレンジメント』の作り方をご紹介します。材料はどれも100円ショップでそろえることもできますよ。

今回は、小さなお子さんでも扱いが簡単な造花を使います。最近では生花と見分けがつかないほど質の高い造花があるので、ぜひお気に入りの花をそろえてくださいね。お子さんに好きな造花を選んでもらってからそれに合うボックスを選ぶのも楽しいと思います。

『フラワーボックスアレンジメント』用意するもの

pic1
・造花(お好みの花大小2種類)
・フェイクのグリーンモス(一握りくらい)
・箱(高さ5cm以上)               
・アレンジメント用のフォーム
・木工用ボンド
・ペンチ、又はワイヤーが切れるハサミ
・カッターナイフ
・リボン

『フラワーボックスアレンジメント』事前に準備しておくこと

1. 花の茎は花首から下2cmくらいを残してペンチでカットします。
2. 花の土台となるフォームの準備をします。箱の大きさに合わせてフォームをカット。花をさした時に箱の中に納まるようにフォームの高さを調整してください。フォームと箱に多少隙間が出来ても大丈夫です。
3. 木工用ボンドで箱とフォームをしっかりと接着させます。これで事前準備は完了です!
pic2

『フラワーボックスアレンジメント』作り方

1. 箱の中にセットしたフォームに花をさします。
大きめの花から順番にさしていき、最後に小さめの花を隙間にさします。角度を付けずに垂直にさしましょう。
pic3
2. 全ての花をさし終えたら、花と花の間からフォームが見えていないかチェックします。
フォームが見えている部分には、花の下に少量のグリーンモスを差し込むようにして隙間を埋めます。フォームが隠れて見えなくなればOKです。

3. 最後に蓋をしてリボンを飾りましょう。
ボックスにリボンをかけると、ギフト感がより一層アップしますよ!
pic4

『フラワーボックスアレンジメント』作り方のコツ・ポイント

・花をさす際は花弁が押し潰されないように注意しましょう。
・花同士に多少の高低差をつけると、立体的なアレンジに仕上げることができます。
・箱の蓋を開けた状態でお渡しする場合は、花材が箱から飛び出ていても問題ありません。蓋を閉めた状態でお渡しする場合は、花が箱の高さより低い位置にさしましょう。
・万が一箱のふたが閉まらない場合は、花を深くさして高さを下げてみましょう。
それでも無理な場合は、フォームを取り出して底をカッターナイフで削り調整すれば大丈夫です。
・箱は四角や丸などいろいろな形で作ることが出来ます。
pic5

小さなお子さんと作る場合、ペンチやカッターナイフは使い慣れているママの担当。花をフォームにさす時は、お子さんと一緒に共同作業がおすすめです。
また、少し大きなお子さんとでしたら、色違いや形の違うフラワーボックスアレンジメントをそれぞれが作るのも楽しいかもしれませんね。
パパに贈ったフラワーアレンジメントはお部屋に飾れば、お子さんやママも一緒に楽しめるので、是非作ってみてくださいね。
pic6

文/フラワーデザイナー 大澤 明香
ブログはこちら
記事/ママトコタイム
12636930_10208848790483829_714750486_o
「ママトコタイム」は、小さなお子さんと一緒に美容院などに行ける無料保育サービス。
店舗が定期開催する「ママトコタイム」に子連れで来店すると、その場でプロによる保育を利用できます。
ママになったら諦めるのではなく、ママになっても『できる!』社会をめざし、家族の笑顔を増やしていく取り組みを進めています。

ママトコタイム開催店舗などの情報はこちら

ママトコタイムFacebookページ

その他のおすすめ記事

空き箱を使ってできる『かんたん!たいこ作り』

空き箱を使ってできる『かんたん!たいこ作り』

クレヨンを手作り『折れたクレヨンでオリジナルなクレヨンをつくろう!』

クレヨンを手作り『折れたクレヨンでオリジナルなクレヨンをつくろう!』

子どもの遊びがさらに広がる『初めてのはさみの「正しい持ち方・使い方」』

子どもの遊びがさらに広がる『初めてのはさみの「正しい持ち方・使い方」』

空き容器を使ってできる『かんたん!お人形づくり』

空き容器を使ってできる『かんたん!お人形づくり』

捨てないで!一緒に作ろう『牛乳パックでパクパク人形』

捨てないで!一緒に作ろう『牛乳パックでパクパク人形』

コメント

人気の記事

2020.09.26

秋の簡単おやつレシピ『かぼちゃのココナッツグラノーラ』

2020.09.25

伸びるチーズをパンにつけて!『南瓜のチーズフォンデュ』

2020.09.24

やっぱり定番秋の味覚『秋刀魚をつかった作りおきおかず』

2020.09.22

紫芋パウダーで簡単!『紫芋のプリン』

2020.09.21

やさしい暮らしのヒント『栄養のコト』8.秋と旬と胃腸の素敵な関係のコト

2020.09.21

離乳食にも◎優しい手づくりおやつ『さつまいももち』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.09.20

すだちで作ろう『自家製ポン酢』

2020.09.18

材料ふたつで!『料亭の味?かぼちゃの塩昆布煮』

2020.09.17

夏の疲れを引きずっている時でもさっぱり食べやすい『焼きナスと豚肉の冷しゃぶサラダ』

編集部おすすめ記事

2020.09.25

旬の無花果を使った『無花果とくるみのトースト』

2020.09.25

魚と鶏の卵コンビは鉄板コンビ『明太子の出汁巻き卵』

2020.09.24

たかがお箸?されど大事なお箸!『毎日使うお箸で暮らしに潤いを』

2020.09.24

まろやかな甘みと酸味『たことミョウガのレモン塩麹炒め』

2020.09.23

日本の定番薬味「みょうが」、下処理方法を見直して、より美味しく味わおう

2020.09.22

塩焼きだけじゃない!さんまのアレンジレシピ「さんまと舞茸の和風パスタ」

2020.09.22

【七十二侯のコト】雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)

2020.09.20

切ったらお鍋にお任せ!『南瓜のオイル蒸し』

2020.09.19

食欲が出る!『ごま香る、きゅうりのピリ辛漬け』

2020.09.19

厳しい残暑が続く中にも「秋」を感じる空のこと

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2020.09.02

きのこの旨味がギュギュッと凝縮『シャンピニオンデュクセル』で秋を味わおう‼

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』