知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

旅行・おでかけ 2018.01.07

【松戸柏寺社仏閣めぐり】宇宙飛行の安全祈願にも効果あり。松戸のパワースポット「松戸神社」を訪ねて

LINEで送る
Pocket

松戸や柏のエリアを歩いていると、古くからある寺社仏閣をよく目にします。
どのようなご利益があるのでしょうか?それぞれの歴史や年間行事などの情報をまとめていきたいと思います。
今回は、「松戸」の由来にもなったといわれる「松戸神社」についてご紹介いたします。

松戸神社のご利益と「松戸」の由来

松戸神社の御祭神は、日本武尊(やまとたけるのみこと)です。御神徳は、「必勝」「家内安全」「除災招福」といわれています。

12代景行天皇の皇子で、幼名を小碓皇子(おうすのみこ)と申される日本武尊は、景行天皇の御代40年(291年)に武蔵国へ向かわれる際に、現松戸神社のある場所にご陣営を設けていました。そこで、従将の吉備武彦(きびたけひこ)連と大伴武日(おおとものたけひ)連と待ち合わせをしていたため、その場所を「待つ郷」(まつさと)と呼んでいたそうです。それがいつしか、「待土」(まつど)と呼ばれるようになり、現在の「松戸」の地名が生まれたといわれています。※由来は諸説あります。
2

松戸神社の歴史

松戸神社は、寛永3年(1626年)に創建されました。なんと、今から約400年も前から松戸の街を守っていたんですね。
なお、創建当初は神仏習合思想の影響から「御嶽大権現」と称されていました。

この頃は慶長14年(1609年)から水戸徳川家に水戸城が託され、江戸と水戸を往来するために水戸街道が整備されていたので、松戸は宿場町「松戸宿」として賑わっていました。

また、松戸神社境内地近隣には、陣屋(徳川幕府直轄領の代官の住居および役所が置かれた建物)が置かれていたため、水戸徳川家から深く崇拝されていたそうです。

その後、1882年(明治15年)に社号を『松戸神社』へと改称し、有栖川宮幟仁親王より社号の書を授かりました。2006年(平成18年)には三笠宮崇仁親王が参拝され、高野槙を植樹されました。
1

今も郷土の伝承として残る、水戸光圀公の逸話

松戸神社には、水戸黄門様でお馴染みの水戸光圀公の不思議な逸話が残っているそうですよ。

ある時、徳川光圀が鷹狩のために松戸神社を訪れた時、御神木である大銀杏に止まっている白鳥に鷹を放とうとしたところ、鷹は微動だにしなかったそうです。そこで、憤慨した光圀が矢を放とうとすると、弓矢は中央から真っ二つに折れてしまいました。光圀は折れた弓矢を奉納し、神前に鎮謝したとされています。

この逸話に出てくる御神木の大銀杏は今も松戸神社境内に残っています。是非、ご自身の目で見て歴史の深さを味わってみてください。
8
7
4

松戸神社の安全祈願は“宇宙飛行”にも効果あり

松戸市出身である宇宙飛行士の山崎直子さんは、2010年(平成22年)4月5日にスペースシャトル『ディスカバリー号』で宇宙飛行する前に松戸神社で安全祈願のためのお参りをされ、松戸神社のお守りを携えて宇宙に飛び立たれました。

無事に任務を達成され、帰還された2010年(平成22年)5月には、宇宙を供にした『四神お守り』を松戸神社へ返納されました。この時松戸で帰還パレードが行われたそうです。宇宙飛行も無事にご帰還されたということで、安全祈願にとてもご利益がありそうですね。
3
5

松戸の街と市民を守り、一年を通して様々な年間行事がある松戸神社。日頃の御礼をお伝えに、お参りしてみてはいかがでしょうか。

▶︎ 松戸神社
創建:寛永三年(1626年)
所在地:〒271-0092 千葉県松戸市松戸1457
アクセス:松戸駅西口より徒歩10分
電話:047-362-3544
HP:http://www.matsudojinja.com

記事/まつかし
株式会社ライズさんとケノコトのタイアップ記事です。
22089852_501107390244392_4572770806006660468_n
松戸と柏の「コト」を伝えるメディア。
「学ぶ」「暮らす」「食べる」「楽しむ」「働く」のカテゴリーごとに、千葉県松戸市と柏市についてを伝えるメディアです。地元で人気の飲食店やスポット、地元を盛り上げようと活動されている人やコトにフォーカスし、ご紹介しています。
http://matsukashi.com/

株式会社ライズ
千葉県松戸市にある、東京・千葉・埼玉を中心に展開する建設・土木業に特化した総合人材サービス会社です。建設業界の将来を担う技術者を育て、パートナーとして数多くの建設プロジェクトを強力にサポートしています。
https://www.rise-jms.jp/

その他のおすすめ記事

与謝野晶子の松戸への想いを感じる『「ひなげしの小径」で歴史散歩』

与謝野晶子の松戸への想いを感じる『「ひなげしの小径」で歴史散歩』

松戸で親しまれる徳川家のお屋敷『「戸定邸」を訪れる』

松戸で親しまれる徳川家のお屋敷『「戸定邸」を訪れる』

江戸と松戸の間を流れる江戸川と自然の恵みが生んだ幻の「矢切ネギ」

江戸と松戸の間を流れる江戸川と自然の恵みが生んだ幻の「矢切ネギ」

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.07.06

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-5.こんな時なに食べる?日常的な不調への対処-

2019.07.05

優しい甘さの夏おやつ『白桃ヨーグルトアイス』

2019.07.02

季節の手しごとしませんか?『らっきょう漬け』のアレンジ2種

2019.07.01

もっと知りたい日本の郷土料理―宮崎県―『冷や汁』

2019.06.29

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-4. 献立の量-

2019.06.23

シンプルな美味しさ!手が止まらない『ハッシュドポテト』

2019.06.21

バター醤油が食欲をそそる!『ガリバタ醤油チキン』

2019.06.20

【食育のコト】魔法のジュースで夏バテ防止『赤紫蘇ジュース』はいかが?

2019.06.19

材料3つ!一度は作りたい『プリンケーキ』

2019.06.17

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『40 究極のお重』

編集部おすすめ記事

2019.07.04

超簡単!一度は作りたい濃厚『ガトー・テリーヌ』

2019.06.30

初夏のおかずに!具沢山の『味噌炒り豆腐』

2019.06.27

季節の草花『紫陽花のコト』魔除け・縁起物にも重宝された花

2019.06.26

日本の言葉『梅雨』にまつわる季語あれこれ

2019.06.25

まるできな粉そのもの?!『きな粉のほろほろクッキー』

2019.06.20

『茶の湯の世界へようこそ』ー5."花は野にあるように"

2019.06.12

なかなか聞きづらい『ボーナスのコト』~気になる使い道は?~

2019.06.11

ふんわり安らぐ思い出の味『マグロと茄子のみぞれ煮』

2019.06.07

季節を感じる贅沢、雨の日は『梅仕事』を始めてみませんか

2019.05.26

夏野菜レシピにランクイン!『なすと豚肉の旨炒め』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.08.23

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2018.07.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』