作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2018.01.11

子どもと一緒に楽しむ『焚火で絶品焼き芋作り』

LINEで送る
Pocket

すっかり季節は冬到来。アウトドアには焚火が温かくて、調理が楽しい季節になりました。 ということで、焚火の腕を挙げながら楽しむ絶品焼き芋を完全攻略しましょう!サツマイモは秋に美味しいイメージがありますが、1~3月は保存熟成されて糖度が増す時期。焼き芋の旬はこれからですよ。

子どもと焼き芋 オススメポイント「美味しくて栄養たっぷり」

7
サツマイモは、炭水化物、ビタミン、ミネラルなど人が生きていくために必要な栄養成分をバランスよく含んでおり、「準完全栄養食品」と言われています。
穀類(米、麦、大豆)は、栄養学的に多糖類や油脂がその主成分であり、エネルギーの供給が主です。ビタミンやミネラルは十分に含まれていません。その点、サツマイモは穀類(米、麦、豆)と野菜の両方の特性を有しています。
日本人の主食である白米と比較すると、サツマイモ(焼き芋)は、日本人で摂取量が不足している食物繊維およびカルシウム含量で約10倍以上多く含まれています。また、白米には含まれていないカロテンやビタミンCまでも、さつまいもには含まれているのです!

焚火で焼き芋の作り方

【用意するもの】

サツマイモ、アルミホイル、濡れ新聞紙、塩

1、小枝と枯葉をしっかり燃やして灰とおき火をしっかり蓄えましょう。
2、赤いおき火が出来たら10分程度冷まします。その間に芋をよく洗い塩をたっぷりとまぶします。
3、濡れた新聞紙で芋を2重に巻き、さらにアルミホイルで包み、熱くなった灰の中に投入。
  15~20分後に掘り出して向きを変えます。
4、向きを変えて20分。火が通ってすっかり柔らかくなります。
  余分な塩を払落し、皮をむいてそのままパクリ!

サツマイモにふくまれる、でんぷんを糖化するアミラーゼは塩素イオンと反応して活性を増していきます。
そのため、しっかり塩をまぶすことでサツマイモがより甘くなっていくのです。

【美味しく焼くコツ】

ゆるやかな温度上昇の中で酵素のはたらく時間を長く維持する!

焼き芋は「アルミホイル巻き?」「濡れ新聞紙+アルミホイル巻き?」焚火で焼き比べてみた

焼き芋の焼き方は、一般的に「アルミホイルで直接芋を巻く」方法と、「濡れ新聞紙で巻いてさらにアルミホイルで巻く」が良く知られています。
どっちも変わらないんじゃないの?という素朴な疑問のもと、焚火で焼き芋はどちらが美味しいか試してみました!

用意した芋の品種は焼き芋の定番「鳴門金時」!
少し小ぶりで約90gのもの。
写真の右側が新聞紙+アルミホイル、左側がアルミホイルのみ。
5
塩をたっぷりまぶし、おき火に投入します。
写真のような少し白い灰がしっかり出てきたおき火の温度は、なんと約200度!!
3
4
1
まだ真っ赤に燃えている部分を少し避けて、灰に埋めて待ちます。
レシピ通り、20分後に一度ひっくり返して、さらに20分ゆったり待ちます。
さて、合計40分の調理時間を終えて焼き芋を掘り出します!

2
どちらも火が通ってすっかり柔らかくなりました。
この時点では両方とも美味しそうな焼き芋になっています!
肝心のお味は…

【アルミホイルのみ】

ホクホクとしっかり焼け、軽くお焦げで香ばしい仕上がり。定番焼き芋の食感。

【濡れ新聞+アルミホイル】

しっとりして食感も柔らかく、アルミホイルのみの芋に比べ、甘さがしっかりある。

焚火焼き芋の実験結果!

6
「濡れ新聞紙で巻いてさらにアルミホイルで巻く」焼き方は、 甘くてしっとり焼きあがります。
また、香ばしい仕上がりの焼き芋が食べたいときには「アルミホイルだけ巻く」方法が焚火には向いているようです。

寒い冬のアウトドアに焚火は欠かせません。
ゆったり子どもと焚火を楽しみながら、二つの焼き方を食べ比べてみてはいかがでしょう。
皆さんも簡単にできる焼き芋で、楽しい焚火時間を過ごしてみてください。

記事/.HYAKKEI
スライド1
.HYAKKEIは「自然を楽しもう!」をコンセプトに、暮らしと自然を楽しむ自然指向のライフスタイルプラットフォームです。日常の暮らしから休日のアウトドアまで、自然に触れる楽しさをお届けします。
ホームページ

その他のおすすめ記事

『焚き火マニュアル』〜冬キャンプで過ごす焚き火時間〜

『焚き火マニュアル』〜冬キャンプで過ごす焚き火時間〜

アウトドアで作るとさらに美味しさアップ『超簡単!キャンプを彩るスキレットレシピ』

アウトドアで作るとさらに美味しさアップ『超簡単!キャンプを彩るスキレットレシピ』

仲間との時間をもっと楽しく『BBQにおすすめサプライズメニュー』

仲間との時間をもっと楽しく『BBQにおすすめサプライズメニュー』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.09.08

二十四節気の暮らし方 「朝晩涼しくなってくる『白露』」秋の始まりを意識してみよう

2018.09.05

秋の簡単おやつレシピ『かぼちゃのココナッツグラノーラ』

2018.09.03

日本の暮らしの言葉『昔の暦、月齢ごとの月の名前』〜長月の暮らし〜

2018.09.02

お弁当におすすめ!なすとごぼうを使った『作り置きの常備菜』

2018.09.02

いつもの道具をサッと簡単お手入れ『調理器具のお手入れのコツ』

2018.08.31

おじいちゃんおばあちゃんに喜ばれる!敬老の日の贈り物『フラワーフォトフレーム』

2018.08.24

夏の終わりにおいしい冷茶でほっと一息『冷たい緑茶の楽しみ方』

2018.08.15

日本の暮らしの言葉『夏真っ盛り「暑さ」と「涼しさ」を表す言葉たち』~葉月の暮らし~

2018.08.14

クリーム溢れる!ふわっ、しゅわっ『生シフォンケーキ』

2018.08.13

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『08 梅シロップのジンジャエール』

編集部おすすめ記事

2018.09.08

アレンジ自在『つるむらさきのごま和え2種』

2018.09.01

【ケノコトInstagram企画】9月の「日常のコト」を『#長月のコト』で投稿しよう

2018.08.31

残暑を楽しむ!エヌアセットおすすめ『溝の口周辺おでかけスポット』

2018.08.17

作り置き常備菜シリーズ『レモン酢シロップ』

2018.08.07

レトロな喫茶店風『昔ながらのたまごサンド』

2018.08.07

家にある鍋を有効活用しよう!使い方によって調理時間も料理のおいしさも変わる『鍋』

2018.08.07

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「かぼちゃ」の常備菜』

2018.08.04

ひんやり冷やして大人のデザート『ピンクの桃のポタージュ』

2018.08.01

【ケノコトInstagram企画】8月の「日常のコト」を『#葉月のコト』で投稿しよう

2018.07.28

まぐろレアステーキとアボカドをサラダ丼仕立てに『まぐろステーキアボカドサラダ丼』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』