知るコト知るコト
取材 2015.11.02

暮らしの話 ~ 魅力を表現して「なりたい自分」をサポート 岸本佳奈さん ~

人によって価値観や人生観などは様々。
色んな人の話を知ることで工夫や新しい価値が生まれてくれたら嬉しいです。
今回は岸本佳奈さんの話。

京都府出身。アーティストやモデル活動、アパレル販売員を経験後「女性をもっと美しく、もっと元気にする」を目指し、カラーコーディネーターとして自らの体験やスキルを生かしたファッションコンサルティング、美容やメイク、ダイエットのアドバイスやカウンセリングを行っています。

kishimoto_2_re

そんな岸本さんの暮らしの話しとは。

以前は、自分を表現することが苦手でした

私は元々自分を表現する事が苦手でした。周りから見れば、〝愛想のない人〟〝冷めている人〟という印象だったと思います。
本当は、興味のある事にはかなり熱中するし、ワクワクも止まらなくなる。恋愛も割と一途なタイプですが、ほとんどの人が知らなかったはず(笑)
説明するのも面倒なので、「分かってくれる人だけ分かってくれれば良い」と思っていました。

「まずはやってみよう」の精神

このままではダメだと思い、ゼロからスタートする為に高校を卒業後すぐに上京。
上京後は慣れない環境に苦労する事も多かったのですが、京都にいたら出来ないような経験を通して、社交性も少しずつ身に付き、自分自身も大きく成長したと今では思います。
ずっと興味のあったアパレル業界で働けた事も今の私につながっています。
ファッションやコーディネートに関する知識もかなり増えましたし、いつもキラキラしていなくてはならないショップスタッフとしての見た目の大切さを肌身で感じました。なにより見た目から生まれる「自信」を身をもって経験できたことは大きかったです。
可愛い服やインテリアに囲まれて、お客様に親身になって向き合える毎日はやりがいがありましたが、私の理想とするライフスタイルとのギャップを感じ、悩んだ末に会社を退職。
先につながる人脈があったわけではありませんが、素直に自分に従いました。
自分の直感と「とにかくまずはやってみよう」、この2つのことをいつも大切にしています。

kishimoto_5_re

理想の自分像を先取りすることが、『なりたい自分』への近道

現在は、カラーコーディネーターとして、個人向けのパーソナルカラーと骨格診断を基にしたヘアメイクやファッション提案、ショッピング同行、ビューティーコンサルティング、女性向けにメンタル面からも美容を取り入れたセミナーやイベントなども企画しています。
仕事柄、沢山の方々のお話をお伺いしている中で、悩みは人それぞれ違うし、同じような悩みであっても受け取り方も様々。
あまりに意固地になって自分を通す事や、反対に自分を卑下する事もせず、まずは自分を認めていただいた上で、『なりたい自分』を目指す為のお手伝いが出来ればと思っています。
ファッションやメイク、身だしなみ、表情にはその方の内側が反映されるものだからこそ、理想の自分像を先取りして実行してみることは、なりたい自分への近道。

kishimoto_4_re

自分の魅力をまずは見た目から表現する。少しでもいい、自分に自信を持つ事が出来ればやる気や活力もみなぎってきませんか。
ファッションはすぐにでも着替えられます。そうしたら次はメイクを研究しよう、お肌を整えよう、お洋服に似合うようにダイエットをしてみよう、今度はこの格好でいつもと違うところにいってみよう。
そんなところから、ワクワクの気持ちを広げていけたらという想いで活動しています。

すべての経験が貴重な財産。どう捉えるかは自分次第

あまり休みが取れないのが現状ですが、趣味の読書は、雑誌も含めて今まで以上に広いジャンルを読むようになりましたし、少しでも時間が出来れば、栄養学のセミナーなどにも積極的に参加して知識を深めています。
地方に行く時は、SNSとは少し距離を置いて、その土地をめいっぱい感じるようにして『何もしない贅沢』を味わうことも。

kishimoto_3_re

頭の中を空っぽにしてみる事で、また新しいアイデアが浮かぶ事も多いんです。
自由になった分、全て自分でやらないといけないし、苦労する事、悩む事、どんどん出てくるけれど、今までだって沢山失敗してきたし、その経験も貴重な財産。どう捉えるかも自分次第だと思っています。
同世代で頑張っている友達に沢山刺激をもらったり、理想の将来の自分像を妄想してニマニマしたりして、自分のモチベーションを上げていますよ。
移動中も、「今はエコノミーやけどいつかファーストクラスに乗るぞ!」とひっそり自分に誓っています(笑)

今の夢は、大好きな地元である京都で仕事をしていくこと。
夢は絶対に叶うと信じているので、これからもマイペースで私らしく進んでいきます。

文/ケノコト編集部

プロフィール

岸本 佳奈(きしもと かな)
 
トータルビューティープランナー
パーソナルカラリスト、色彩診断士、T.Cカラーセラピスト
ビューティーコンサルタント
インナービューティーダイエットアドバイザー
 
京都府出身。アーティストやモデル活動を経てアパレル販売員を経験後、自らの体験やスキルを生かしたファッションコンサル、美容やメイク、ダイエットのアドバイス、カウンセリングを行う。
女性をもっと美しく、もっと元気にするをテーマに、イベントやセルフブランディングについてのセミナー等も行う。
この秋からは念願でもあったオーダーメイドパワーストーンの販売を開始。
岸本 佳奈Facebook

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.07.28

夏の常備菜!刻んで揉むだけ『きゅうりの薬味即席漬け』

2021.07.28

小学生の自由研究におすすめ!一日で出来る『貝殻を使ったハーバリウム』

2021.07.25

ゴロゴロとうもろこしを楽しむ『香ばし醤油のコーンバター』

2021.07.24

ルーもややこしいスパイスも必要なし!『ズッキーニとナスのカレースープ』

2021.07.23

夏の暑さも疲れを吹き飛ばす!『夏のさっぱり巻きずし』

2021.07.22

ご飯がすすむ!食べる手が止まらない『ニラナス炒め』

2021.07.22

1品で大満足!『納豆キムチ豆乳そうめん』

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.18

たっぷりのディルを使って作る、おいしい保存食『ディルバター』

2021.07.12

ご飯がすすむ『なすのお漬物』

編集部おすすめ記事

2021.07.30

薬味たっぷり!風味豊か、大人の味わい『明太子パスタ』

2021.07.29

腸活にもつながる!『キムチとうすあげの煮物』

2021.07.28

きゅうりと豆腐を洋風の味わいに♪『きゅうりと豆腐のイタリアンサラダ』

2021.07.26

ズッキーニをたっぷり食べる『ズッキーニとスモークサーモンのサラダ』

2021.07.25

やみつき!『キムチと長芋の和え物 鰹風味』

2021.07.21

今が旬!丸ごと食べられる「ししとう」を破裂させない下処理方法

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.20

腸活にオススメ!『キムチとゴボウのサラダ』

2021.07.19

甘酸っぱい旬の果実で『プラムのクラフティ』

2021.07.18

カルダモンホールで作る『チャイプリン』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2021.06.28

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.09.01

真っ青な夏の空に映えるもくもく大きな雲『夏の雲のお話』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』