得するコト得するコト
まめ知識 2020.01.15

1月15日は女性のためのお正月?『知っておきたい小正月のコト』

古い暦も載っているカレンダーでは「小正月」という言葉を目にする事があります。小さいお正月があるという事は大きいお正月もあるのかな?と思ったりしませんか?
小正月と呼ばれる意味と小正月の日に行われるどんど焼きなどの年中行事には色々な意味があるのです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

かつての小正月は一年で最初の満月の日

旧暦は農業に適した月齢を元に算出して作られていたので、日付が一緒の日の月齢は同じだったのだそうです。そうする事で暦を持っていなくても夜、空を見て月の満ち欠けを見る事で何日かわかるという利便性がありました。1日を「ついたち」と読むのは新月の事を意味していて「月立ち(つきたち)」が転じた物なのだとか。元々は満月から次の満月を1ヶ月としていたため、古い時代では立春の後の最初の満月を正月としていたのだそうです。それがやがて1月1日が大正月、1月15日が小正月となったようです。
(立春は今では二月の始めとなっていますが、太陽の高さから算出して決めるので旧暦では1月上旬なのだそうですよ。)

近年では小正月に元服を行う習慣があったとの事で2000年までは「成人の日」を1月15日に当て、旧来の習慣が祝日として復活していました。その後、成人の日はハッピーマンデー制度で毎年変動する事になりました。
農業を行う上では旧暦のお正月を始めとした年中行事は、スケジュールの区切りとしてとても有用だったのですが、日本人の生活スタイルが変わって行く事で年々簡略される傾向があるようで、なんだか少し寂しい気もしますね。

小正月のメインイベント!年神様を送るための「どんど焼き」

小正月は豊作祈願や作柄の吉兆の占い、厄払いなどの行事が行われます。最も知られているのが「どんど焼き」などと呼ばれるしめ縄などを燃やして年神様を送る行事です。

これは地域によって呼び方や方法、行われる時間が違っています。「左義長(さぎちょう)」と呼ばれる事もありますが、これは「三毬杖」の字を当てる、宮中での厄払いが民間で真似られたのが発祥とされているようですよ。

火祭りの一種ですが神社などで行われる他、田で行う地方もあり時間も朝に行う所や夜に行われる所など、地方に行くと昔の村落単位で違っている事もあるようです。
しめ縄を燃やす火で年神様を送るというのは全国共通のようですが、書き初めを燃やして字の上達を占う、だんごやするめを焼いて食べると病気をしない、鏡餅を焼いて鏡開きの行事とするなど、ユニークなローカルルールが色々あります。

焚き火は遠赤外線が出て体が温まるので健康効果が期待できるという説もあるのだとか。厄払いとされる理由にはそういった効果も含まれているのかもしれませんね。

「女の年取り」「女正月」と呼ばれた小正月

小正月は地方によっては「女の年取り」とか「女正月(おんなしょうがつ)」とも呼ばれています。大正月は家同士のおつきあいなどでもてなし合う事になるので女性は休めないため、小正月は実家に里帰りしてゆっくりさせてもらえるという「主婦の休暇」を設けて女性をねぎらっていたのだとか。昔はお嫁入りすると気軽に実家に帰る事は許されなかったので結婚した女性にとって楽しみな日だったようですよ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
小正月の料理として有名なのは小豆がゆで、魔除けの効果がある赤い豆である小豆を入れた粥に更にお餅を入れる事で厄払いと無病息災を祈ったとされます。東北地方では「けの汁」と呼ばれる小さく切った根菜を主体にした汁物が行事食として食べられていたのだとか。この汁物は温め直す度に味がしみ込み美味しくなると言われているそうですが、女性が留守の間に家族の食事に困らないようにという意味合いもあるそうです。

今だと忙しい時におでんや豚汁、カレーといった煮込み料理を作り置きしたりしますが、東北の人達は行事食を決めてしまう事で女の人達を気遣っていたのかもしれませんね。
現代でもお正月明けは慌ただしい事が多いもの。東北の風習にならってご家庭でも小正月用の作り置きメニューや外食の予定を決めて、ゆっくり一息ついてみるのはいかがでしょうか?

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

1月11日は年神様とのご縁をいただく『知っておきたい鏡開きのコト』

1月11日は年神様とのご縁をいただく『知っておきたい鏡開きのコト』

日本の暮らし色『新春を彩る優しい梅の色』古代から愛されてきた春の和色

日本の暮らし色『新春を彩る優しい梅の色』古代から愛されてきた春の和色

いつもとちょっと違うお出汁で『トマトスープのとろーりチーズおでん』

いつもとちょっと違うお出汁で『トマトスープのとろーりチーズおでん』

【食育のコト】七草粥で元気な一年を

【食育のコト】七草粥で元気な一年を

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

コメント

人気の記事

2020.01.29

編集部おすすめ!『キャベツを使った副菜レシピ』

2020.01.28

半分は食物繊維『女性に嬉しいひじきレシピ』

2020.01.23

肌荒れを内側から 食べるだけで『ツルツル美肌になる3つの食べ物』

2020.01.22

編集部おすすめ『晩ごはんにおすすめの簡単レシピ』

2020.01.21

フライパン1つあれば出来てしまう『スパニッシュオムレツの作り方』

2020.01.18

食べていてもエネルギー消費?!『消費カロリーを正しく知って痩せやすいカラダづくり』

2020.01.13

朝の10分でできる!『出汁から作るお味噌汁』で元気に会社へ出勤しよう!

2020.01.11

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2020.01.10

1月11日は年神様とのご縁をいただく『知っておきたい鏡開きのコト』

2020.01.08

1月の和菓子「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

編集部おすすめ記事

2020.01.28

半分は食物繊維『女性に嬉しいひじきレシピ』

2020.01.28

料理に入れるとどんな効果があるんだろう?『酒』の原材料、知っていますか?

2020.01.22

編集部おすすめ『晩ごはんにおすすめの簡単レシピ』

2020.01.19

編集部おすすめ『豚肉を使ったお役立ちレシピ』

2020.01.17

1月17日は『おむすびの日』震災から生まれた感謝の心を大切にする日

2020.01.17

朝から活力が湧いてくる!『大根の生姜みぞれ味噌汁』

2020.01.16

編集部おすすめ『晩ごはんに役立つ!魚を使ったレシピ』

2020.01.12

一生に一度の成人の日「成人」ってなんだろう?自分を振り返る機会に

2020.01.12

編集部おすすめ『晩御飯に役立つ!野菜の作り置きおかず』

2020.01.09

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2016.02.17

お皿に盛り付けていただく、可愛いくて贅沢な『変わり牛肉のしゃぶしゃぶ』

2017.04.16

作り置き常備菜シリーズ『春キャベツとベーコンの蒸し煮』とアレンジレシピ

2017.06.24

産前産後はホクロやシミができやすい?『気をつけたい出産にまつわるお肌のコト』

2018.06.30

お掃除でもお風呂でも大活躍!『紅茶の出涸らしおすすめ活用法』

2018.12.25

日本の暮らしの言葉『年忘れ』~師走の暮らし~

2016.05.17

それぞれの味を口の中で噛み締めて『新れんこんとひじきの梅肉和え』

2017.06.10

傷んだ髪がよみがえる?『手作りオリーブオイルシャンプーでヘアケア』

2020.01.08

1月の和菓子「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2018.06.30

「食いしん坊の歳時記ー6月」甘くてモチモチの『水無月ってなぁに?』