作るコト作るコト
インテリア 2018.01.16

チョコレートをしのばせて『テーブルが華やかになるバレンタインリース』

今年もバレンタインの季節がやってきました。この時期、街はチョコレートムード一色ですね。お店には美味しそうなチョコレートが並びますが、お家で手作りされる方も多いと思います。
そんな時に、ちょっとしたテーブルアレンジでいつもと違う雰囲気にしてみませんか?思わぬところからチョコレートが出てきて、ご家族もびっくりされるかもしれません。今回はおうちで出来るバレンタインリースの作り方をご紹介します。

『テーブルが華やかになるバレンタインリース』材料

2.材料の写真
・リース台 (写真左下)
※一般的に、12cm、15cm、20cm、25cm等がありますが、ここでは15cmを使用
・ユーカリ(写真右)
・リューカデンドロン(実のついたもの・写真中央)
・ラベンダーの葉(写真左)
・木工用ボンド
・枝切りはさみ
・ラッピングしたチョコレート
・お好みでリボン(50cm程度)
・リースをのせるお皿 (無くても大丈夫です)
※リース台はインターネットや100円ショップでも購入できます。
 購入サイズの目安ですが、完成したリースの大きさはリース台サイズ+10cm程度です
 15cmリース台であれば、25cm程度になります。

『テーブルが華やかになるバレンタインリース』作り方

1.ユーカリ、リューカデンドロン、ラベンダーは、最初にはさみで5cm~7cmくらいにカットしておきます。枝が太いところは挿しにくいのでここでは使いません。
3.グリーンものをカットした写真
2.まず初めに、ユーカリの大きめの葉を選び、葉の方向が同じ向きになるようにリース台に均等に挿してみます。葉の方向は、時計回りでも反時計周りでもお好みで挿してください。全体に挿して形がとれたら、枝を一度抜き、先端にボンドをつけてもう一度挿し、リース台に固定します。
4.ユーカリにボンドをつけた写真
5.大きめの葉のユーカリ
3.次に、ラベンダーやリューカデンドロンもユーカリと同じ向きになるように全体に挿していきます。こちらもユーカリと同様、場所が決まったらボンドで固定します。この時、角度を少しずつ変えて挿すとリースに立体感がでてきます。実がついてるものは、全体にばらして付けてみたり、まとめて付けてみたりお好みでデザインしてみてください。
6.ラベンダー実を挿した写真
4.最後に、空いているところに残っている細かい葉のユーカリを挿していき、ボンドで固定します。バランスをみながら形を整えてリースを完成させます。
ボンドが乾いたら最後にチョコレートを葉と葉の間に忍ばせてください。木工用ボンドは乾くのに時間がかかるので、一晩おいておくと安心です。最後に大きめのお皿にのせて完成です。
7.チョコレートをのせた写真

『テーブルが華やかになるバレンタインリース』ポイント

華やかな感じがお好きな方は、リボンをつけるとまた違った印象に仕上がります。今回は細いリボンを長めにカットし流れるようにつけましたが、小さめに結んだリボンをちりばめるとかわいい雰囲気にもなります。
また、チョコレートをラッピングする紙で雰囲気が変わってきます。光沢のあるものだとアクセントになって華やかになりますし、かわいい紙を使うとお子様に喜ばれると思います。
8.リボンをつけた写真
また、ユーカリ等はドライフラワーにもなります。ドライフラワーになる材料を使うと、バレンタインが終わっても長く楽しむことができます。リース台の後ろ側にリボンやワイヤーで引っ掛けるところを作ると、壁掛けにもできます。チョコレートがあったところに隙間ができてしまったら、木の実やリボンなどを足してみてください。
材料は他のものでも代用できるので、好きな材料で自分らしいバレンタインを楽しんでください。

記事/牧 和華子
prof
3歳の女の子がいる主婦です。フラワーデザインの仕事をしていた経験を活かし、いろいろな形で暮らしにお花を取り入れています。CFDフラワージュエリーデザイナーズのインストラクター資格を取得し、依頼があればお家で教室をしています。家族が落ち着ける心地良い住まいを目指しています。
Instagram

コメント

人気の記事

2020.09.22

紫芋パウダーで簡単!『紫芋のプリン』

2020.09.21

やさしい暮らしのヒント『栄養のコト』8.秋と旬と胃腸の素敵な関係のコト

2020.09.21

離乳食にも◎優しい手づくりおやつ『さつまいももち』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.09.20

すだちで作ろう『自家製ポン酢』

2020.09.18

材料ふたつで!『料亭の味?かぼちゃの塩昆布煮』

2020.09.17

夏の疲れを引きずっている時でもさっぱり食べやすい『焼きナスと豚肉の冷しゃぶサラダ』

2020.09.17

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2020.09.16

ほんのひと手間で更においしく!『ごちそうバナナ』

2020.09.16

漬けて焼くだけ!スパイシー『タンドリーチキン』

編集部おすすめ記事

2020.09.22

塩焼きだけじゃない!さんまのアレンジレシピ「さんまと舞茸の和風パスタ」

2020.09.22

【七十二侯のコト】雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)

2020.09.20

切ったらお鍋にお任せ!『南瓜のオイル蒸し』

2020.09.19

食欲が出る!『ごま香る、きゅうりのピリ辛漬け』

2020.09.19

厳しい残暑が続く中にも「秋」を感じる空のこと

2020.09.18

作り置き調味料シリーズ『ハーブガーリックオイル』

2020.09.17

お肉なしでも鳥の唐揚げそっくり!サクサク『大豆たんぱくの唐揚げ』

2020.09.15

疲労回復にも活躍『知って得するぶどうの成分と保存方法』

2020.09.14

フレッシュ!ジューシー!!『フルーツティー』

2020.09.13

旬のイチジクを簡単美味しいふわふわケーキに『イチジクのアーモンドケーキ』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2020.09.02

きのこの旨味がギュギュッと凝縮『シャンピニオンデュクセル』で秋を味わおう‼

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』