知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

食のコト 2018.01.23

伝統的な日本の食卓『和食の基本「一汁一菜」』その魅力とは

LINEで送る
Pocket

一汁一菜とは、米等の主食と汁物、そしておかず一品を添えた献立のことです。一汁一菜はいつ頃から始まり、どのような良さがあるのでしょうか?改めて知ってみましょう。

一汁一菜のはじまり

一汁一菜はもともと鎌倉時代に、禅寺を中心として広がった食事のことです。肉や魚もなく、精進料理の食事だったといわれています。この食事形式がやがて一般の人々にも広まり、伝統的な日本の食事形式の一つとなりました。一汁三菜が日本料理の基本のようにいわれてきましたが、当初はあくまでもこれは特別な時や身分の高い人が食べる料理としての形式でした。

一汁一菜がどうしていいの?

一汁一菜はこれまで「質素な食事」を表していました。しかし、一汁一菜の食事にすることで、現代では生活習慣病や肥満傾向を抑える効果があると考えられるようになり、だいぶ意味合いが変わってきているような気がしますね。汁物やおかずに使う材料を見直して工夫することで食べ過ぎを防止し、健康的な生活を送ることができると考えられているようですよ。さらに、おかずの品数が一品でいいということが、日常的な料理へのハードルを下げてくれる効果も。

近年「食育」が取り上げられることが増えてきましたが、食育は食べることだけが教育ではありません。料理のできていく過程を見たり匂いを感じたり、音を聞いたりすることも立派な食育です。料理へのハードルが下がることは家庭での手作りを推進できることもあり、一汁一菜は食育にもよい効果をもたらす可能性も秘めています。
h374

一汁一菜の大切なポイント

一汁一菜は食べすぎを防止するという点ではとても素晴らしい食事形式ですが、生野菜や乳製品が不足してしまう可能性があります。そのため、付け合わせとして生野菜のサラダを足したり、食後にヨーグルトを食べるといったことが大切に。また、調理の手間がいらず栄養価の高い納豆や、ビタミン・糖質を手軽に摂れる果物を付け合わせに選ぶのもおすすめですよ。

少ない品数でビタミン・ミネラル等の1日の必要栄養量を補う必要があるため、汁物やおかずは具だくさんにしましょう!たくさんの野菜・きのこ類を煮込んだスープや豚汁、野菜炒め等がメニューとして取り入れやすそうですね。
さらに、主食も工夫してみましょう。ただの白米ではエネルギー以外の栄養素が乏しいため、麦や玄米、その他の雑穀を入れて栄養価をプラスしてみてはいかがでしょうか?
1

一汁一菜でも塩分過多に気をつけよう!

「日本人の食事摂取基準(2015年度版)」によると、成人の1日における食塩摂取の目標値は男性で8.0g、女性で7.0gです。味噌汁1杯に含まれる塩分はおよそ1.2〜1.5gといわれています。これに塩鮭や干物、煮物のおかずといった、昔ながらのおかずを付け合わせたり漬け物を食べたりすると、食事のボリュームを抑えたとしても塩分の摂り過ぎで健康のためによくないことも…。塩分量にはしっかりと注意が必要です。

一汁一菜は何かと忙しく飽食の現代において、少し立ち止まって素材を楽しんだり、食べ過ぎた翌日に体調を整えたりするための手段の一つとしてもいいかもしれませんね。家庭で一汁一菜を取り入れる時には、使う食材を増やすことを意識し、健康的に続けられるとよいですね。

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

和のこころを大切に『ご飯は左。食卓から見えるありがとうの意味』

和のこころを大切に『ご飯は左。食卓から見えるありがとうの意味』

日本独自の発酵調味料『味噌の原材料』あなたは言えますか?

日本独自の発酵調味料『味噌の原材料』あなたは言えますか?

いつものおみそ汁をもっと楽しみませんか?冷凍を活用して毎日をおいしくするコツ

いつものおみそ汁をもっと楽しみませんか?冷凍を活用して毎日をおいしくするコツ

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.01.28

新酒の季節はおいしい『酒粕』を楽しもう。お腹にもうれしい酒粕のパワー

2019.01.27

これだけで十分!作り置き調味料『ねぎ味噌』

2019.01.23

子どもと食べたい安心おやつ『きな粉プリン』

2019.01.23

旬食材『金柑』ー丸くて小さな、おひさま色のフルーツー

2019.01.20

暮らしにひと手間『自家製ラー油』を作ろう

2019.01.18

寒い日にぴったり。本当においしい『オニオングラタンスープ』

2019.01.15

餃子の皮で作る『焼き小籠包』

2019.01.11

牛すじを使ってみよう。基本の仕込み『牛すじの下茹で』

2019.01.09

1月の和菓子 「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2019.01.08

冬の香りを召し上がれ『柚子ジャムと柚子パウンドケーキ』

編集部おすすめ記事

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.28

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『26 小豆島、醤油トリップ』

2019.01.25

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

2019.01.25

ワクワクしながら盛り付けて 『器合わせのすすめ』

2019.01.21

日本の暮らしの言葉『寒仕込み』は日本酒の歴史から生まれた言葉

2019.01.17

冬の暮らしを楽しむ「スープのある食卓」

2019.01.16

日本一の山女魚で作る、世界に誇る『山女魚のアンチョビ』

2019.01.14

一生に一度の成人の日「成人」ってなんだろう?自分を振り返る機会に

2019.01.10

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2019.01.09

覚えておきたいおやつレシピ『ガナッシュケーキ』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2016.11.20

ほったらかしで大丈夫。干し野菜レシピ『干し大根をつかった作り置きおかず』

2017.06.16

子どもも満足!『苦くないオレンジピールの作り方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』