知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

食のコト 2018.01.24

心も体も元気がみなぎる『オーガニックで起こす「おいしい革命」』Part.1

LINEで送る
Pocket

最近、人気が高まっている「オーガニック料理」。都会でもオーガニック料理が気軽に楽しめる、素敵なカフェやレストランが増えてきましたね。素材にこだわったお料理は、体にも環境にも配慮されているので、安全&安心で美味しいことは勿論のこと、食べれば食べるほどに、心も体も内側から元気がみなぎってきます。

そもそもオーガニック料理って何?

実はオーガニック料理は日本にはまだ明確な定義がないために、「そもそもオーガニック料理って何?」と思われている方も多いと思いますが、オーガニック先進国のアメリカには、「オーガニック料理の母」と呼ばれる素敵な方がいらして、ヘルス・コンシャスの高い方々の人気を集めています。

そこで今日は「オーガニック料理ソムリエ認定講座」にも登場する、「オーガニック料理の母」アリス・ウォーターさんが提唱する「オーガニック料理9か条」を紹介させていただきます。

世界中で大人気のオーガニック料理の母

2
(photo:www.chezpanisse.com

アリス・ウォータースさんは、1944年米国ニュージャージー州生まれ。 カリフォルニア大学バークレー校でフランス文学を学ばれ、1965年、フランスに留学したことをきっかけにフランス料理に興味を持ち、27歳のときにカリフォルニア州バークレーにレストラン「シェ・パニース」をオープンされました。

地産地消のオーガニック食材を使い、『その日に仕入れた素材の持つ美味しさを生かし、その日のメニューを決める』をコンセプトにしている彼女のレストランは、オープン以来世界的な人気を博しており、2002年から2008年には世界のトップレストラン50に選ばれたほど。 近年は、スローフード運動、食育などの活動も行っていらっしゃいます。

Chez Panisse
1517 Shattuck Ave berkeley,CA94709
(510) 548-5049
http://www.chezpanisse.com

アリス・ウォータースさんが提唱する「オーガニック料理」は、多くのアメリカ人の食習慣や食べ物に対する考えを変えただけでなく、世界中に広がり、「おいしい革命」と呼ばれています。
1

アリス・ウォータースさんが提唱する「オーガニック料理 9か条」

1.持続可能な方法で、環境に配慮して作られたものを食べるようにしましょう

持続可能な方法とは、英語ではsustainable(サステイナブル)と呼び、地球環境を保全することができる産業や開発をいいます。 わかりやすく言うと、地球環境に優しいオーガニック農法でつくられたものを食べましょう、ということです。

2.旬なものを食べましょう

旬の食材の魅力は、
・供給量が多いので価格が安定していて経済的
・美味しく栄養価が高い

そしてオーガニック・マクロビオティックの陰陽五行の理論では、旬の食材にはその季節に活発に活動する臓器を養う力があるので、旬の食材を料理することで臓器ケアもできるのが一番の魅力です。

3.ファーマーズマーケットで買い物をしましょう

オーガニック農家さんから直接購入するメリットは、
・鮮度が高い
・価格が安い

そしてなんといっても生産者さんの顔が見えることで、お互いに信頼感が生まれ、農作物や生産者さんに対する感謝の気持ちが、消費者の心に芽生えること。 東京では青山で毎週末開催されている、Farmer’s Market @ UNUが若い世代の方を中心に人気を集めていますね。

Part.2に続きます♩

レシピ/マクロビオティック料理教室G-veggie はりまや 佳子

1日無料体験レッスンを開催しております。興味がある方はこちらから
ならいごと800

ライタープロフィール

1963年東京生まれ、大田区在住。
武蔵野女子大学(現武蔵野大学)短期大学部家政科卒。建設会社受付嬢、英会話学校マネジャー、船井総合研究所勤務、10年前からマクロビオティックを実践し始める。2005年に退職後、米国クシ・インスティテュートに留学し、キャリアトレーニングプログラム・レベルⅢを卒業。インストラクターの資格を取得。 2006年3月に大田区にてマクロビオティック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)を立ち上げ、現在10年目を迎える。2012年キレイ料理レストラン&スクール「G&V」を東銀座にオープン。2015年本オーガニックライフ協会を設立。
hamariya
『オーガニック大好き!はりまや佳子』ブログ
レシピ本
*マクロビオティック・キレイ料理教室G-veggieのレシピ本です。 詳しくは画像をクリック。

その他のおすすめ記事

「オーガニック」を知って、心と体の未来を創る『オーガニック料理ソムリエ資格認定講座』を体験!【前編】

「オーガニック」を知って、心と体の未来を創る『オーガニック料理ソムリエ資格認定講座』を体験!【前編】

自然の恵みを生かした「オーガニック」を知って、心と体の未来を創る『オーガニック料理ソムリエ資格認定講座』を体験!【後編】

自然の恵みを生かした「オーガニック」を知って、心と体の未来を創る『オーガニック料理ソムリエ資格認定講座』を体験!【後編】

素肌も身体も変えてくれる『「自分スタイル」のオーガニックライフ』

素肌も身体も変えてくれる『「自分スタイル」のオーガニックライフ』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.01.11

牛すじを使ってみよう。基本の仕込み『牛すじの下茹で』

2019.01.09

1月の和菓子 「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2019.01.08

冬の香りを召し上がれ『柚子ジャムと柚子パウンドケーキ』

2019.01.07

作り置き常備菜シリーズ『ゴロゴロおかず豚』

2019.01.07

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『24 家族が大事ってことは、自分も大事ってこと』

2018.12.27

鉛筆を正しく使えるようになるために『指先を鍛える』

2018.12.27

台所育児エッセイ 「暮らしに恋して」『23 生命力が武器なのか!』

2018.12.23

材料4つ。シンプルで華やか『レモン大根』

2018.12.12

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2018.11.30

ワンボウルで混ぜるだけ『バナナとココナッツのパウンドケーキ』

編集部おすすめ記事

2019.01.14

一生に一度の成人の日「成人」ってなんだろう?自分を振り返る機会に

2019.01.10

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2019.01.09

覚えておきたいおやつレシピ『ガナッシュケーキ』

2019.01.07

一年で一番寒い時期の始まり『小寒』気軽に「寒仕込み」を楽しもう

2018.12.28

旬食材『鱈』ー鮮度が命の厳寒の海の幸。古くは縁起物でハレの日のごちそう ー

2018.12.27

鉛筆を正しく使えるようになるために『指先を鍛える』

2018.12.25

旬の大根で作る簡単晩ご飯『豚バラのみぞれ煮』

2018.11.30

旬の秋鮭をおいしく!『秋鮭の味噌漬け焼き』

2018.11.27

大きなツリーは飾れない!コンパクトに飾れる『おしゃれで可愛いミニツリー』

2018.11.22

【新連載】『第1話 山型食パン』akari’s life style

月間人気記事

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.03.05

大麦ともち麦って違うの?『知られざる麦のチカラ』

2016.11.20

ほったらかしで大丈夫。干し野菜レシピ『干し大根をつかった作り置きおかず』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』