知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

食のコト 2018.01.25

季節のくだもの『いちご』〜睦月の暮らし〜

LINEで送る
Pocket

今が旬のいちご。いちごは、その甘酸っぱい香りとみずみずしい食感、爽やかな酸味と甘さで多くの人に好まれていますね。
でも、実は普段食べている部分は果実ではなく、「花托」という花びらや雄しべ、雌しべ等を支えている部分です。いちごの表面についているつぶつぶとした種のような固い粒が本当の果実にあたります。
普段は果物として認識されているいちごですが、農林水産省の分類では「野菜」として分類されるのだそうですよ。

いちごの旬と産地

いちごは12月頃から出回りはじめ、春先5月頃まで手に入りやすくなっています。旬の時期はハウス栽培のものが12月〜翌年の4月頃まで、露地物が5月〜6月頃です。
現在出回っているいちごは明治頃に入ってきたとされ、主な産地ごとに新品種が育成されているので、自分好みの品種を探す楽しみもありますね。主な産地は栃木県や福岡県で、熊本県でも生産量が高くなっているようですよ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いちごの鮮度の見分け方と保存方法

いちごを購入するときは、表面にツヤがあり、ヘタが濃い緑色のものを選びましょう。また、傷の有無だけでなく形が整っているか、色が全体的にのっているかも確認するとよいかもしれませんね。
いちごはもともと保存がきかず傷みやすいので、購入したらできるだけすぐに食べきりましょう。どうしても保存が必要な場合は購入時のパックのまま保存してもかまいません。丁寧に保存したい場合は、平たい容器に重ならないように並べてラップをしてから冷蔵庫の野菜室に保存します。いちごは洗うと香りも飛んでしまうので、洗わずに保存するのがポイントです。

産地ごとに楽しめるいちごの品種

いちごには多くの品種があります。なかでも栃木県で生産される「とちおとめ」は鮮やかな紅色が特徴で酸味と甘味のバランスがよく、日持ちのよい品種です。
福岡県の「あまおう」も濃い赤色が特徴で粒が大きいいちごです。こちらはいちごの中身も赤味が強く、贈答用としても人気があります。
熊本県の「ひのしずく」は酸味が少なく、甘味を強く感じることのできる品種です。酸味の強い品種が苦手な場合は、一度食べてみるとよいかもしれませんね。
大粒になりやすく、贈答用として人気の高い「アイベリー」も全体のバランスがよい食味です。
少し変わった品種としては、熟しても果皮や中身が白いままの「初恋の香り」があります。この品種は他品種の赤いいちごと一緒に詰めることで紅白になり、お祝い事にぴったりの贈り物になります。ちょっと変わったものをプレゼントしたいときに検討してみてはいかがでしょうか。
1

美肌に嬉しい効果!いちごの栄養・機能性

いちごには抗酸化作用のあるビタミンCが豊富です。ビタミンCのメラニンの生成を抑える作用によって、美肌になるという美容効果も期待できます。いちごの持つ赤い色はアントシアニンの色で、この成分にも抗酸化作用があるので、ビタミンCとの相乗効果も期待できます。また、血液を作り貧血を予防するといわれる葉酸も含まれています。
いちごは洗うだけで簡単に食べられるので、これらの成分を日頃とるには最適な食べ物です。

いちごの美味しい食べ方

新鮮ないちごは生でそのまま食べるだけでもおいしいですよね。
洗う時はヘタを付けたまま流水に浸し、ふり洗いします。洗ってからヘタを取ることで水っぽくなるのを防ぐことができます。大きな粒の場合は甘味は先端部分の方が強いので、ヘタの方から食べると一口ごとにおいしく食べることができます。
酸味の強い品種はコンデンスミルクで甘味を足しても美味しくいただけますね。
ジャムやソースとしても利用できるので、トーストに添えるほか、デザートに付け合わせとして添えても素敵です。バルサミコ酢とハチミツでマリネにしたり、潰してドレッシングに混ぜたりすることでひと味違った食べ方として美味しくいただけますよ。
175-re

ぜひ様々な品種をいろんな食べ方で食べ比べてみて、自分の好みのいちごを探してみてくださいね。

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

美容や健康に大活躍『知って得するいちごの成分と保存方法』

美容や健康に大活躍『知って得するいちごの成分と保存方法』

つるるん、いちごを使ったかわいい簡単デザート『いちごソースのパンナコッタ』

つるるん、いちごを使ったかわいい簡単デザート『いちごソースのパンナコッタ』

前菜やデザートに『いちごとプルーンワイン煮とモッツァレラのホワイトマリネ』

前菜やデザートに『いちごとプルーンワイン煮とモッツァレラのホワイトマリネ』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.10.16

味付けはたったの二つ。秋の食卓に『栗とあさりのスープ』

2018.10.11

圧力鍋でも炊飯器でもふっくら『美味しい玄米ご飯の炊き方』

2018.10.10

さつまいもの消費に!優しい簡単おやつ『おさつスティック』

2018.10.10

この時期にやりたい季節の掃除『年末の大掃除を楽にするちょい仕事』

2018.10.07

冷凍OK!作り置き調味料『基本のトマトソース』

2018.10.03

乳・卵・砂糖フリー!優しいおやつ『甘酒クラッカー』

2018.10.01

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『13 食べること』

2018.09.24

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『12 炭酸せんべい』

2018.09.21

発達・育児相談室から『「運動会がイヤ」そう言われたら』

2018.09.18

秋の長雨で洗濯物が乾かない…!『生乾きの洗濯物の匂い対策』

編集部おすすめ記事

2018.10.05

旬の味覚を楽しもう!『かつおの漬け丼』

2018.10.05

子どもの英語力を伸ばしたい!『英語はいつしゃべれるようになるの?』

2018.10.04

Trick or Treat の本当の意味知ってる?『ハロウィンの由来と伝統スイーツ』

2018.10.01

【ケノコトInstagram企画】10月の「日常のコト」を『#神無月のコト』で投稿しよう

2018.09.22

前菜や洋風ごはんの付け合わせにも『いんげんミントマリネ』

2018.09.08

アレンジ自在『つるむらさきのごま和え2種』

2018.09.01

【ケノコトInstagram企画】9月の「日常のコト」を『#長月のコト』で投稿しよう

2018.08.31

残暑を楽しむ!エヌアセットおすすめ『溝の口周辺おでかけスポット』

2018.08.17

作り置き常備菜シリーズ『レモン酢シロップ』

2018.08.07

レトロな喫茶店風『昔ながらのたまごサンド』

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』