知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

ファッション 2019.08.11

着物はじめてさんの知りたいコト『帯結びの初めてにおすすめ「半幅帯」』

LINEで送る
Pocket

自分で着物を着てみたい!と思っても雑誌などに登場するモデルさんの隙のない着こなしを目にしてしまうと「できるかな…」としりごみしてしまうかもしれません。でも、大丈夫です。昔の人は毎日着物を着ていたのですから。

いずれは本格的な着付けをマスターしたいと思ったら、帯結びの基本を理解する所から始めてみましょう。帯結びの練習におすすめなのは「半幅帯(はんはばおび)」です。

半幅帯ってどんな帯?どういう着物に使うの?

半幅帯は名前の通り、「普通の半分の幅の帯」です。
ここでいう「普通の幅」というのは「お太鼓結びができる」帯という事です。お太鼓とそうでない結び方を比較すると下の図のようになります。
半幅帯01

お太鼓結びの方は、帯の幅が背中の「お太鼓」になっている部分の幅だけあります。そのため、腰に巻き付けるには幅が広すぎるので腰に巻く部分は折って使います。一方、半幅帯は折らずにそのまま腰に巻き付けて結ぶ事ができます。
※お太鼓ができる帯には色々種類がありますがここでは「袋帯(ふくろおび)」とします。

着物にあまり馴染みがないと半幅帯を使う機会は浴衣を着る時くらいなのですが、普段着の着物なら半幅帯でも問題ありません。初めての帯結びに半幅帯をおすすめするのはいくつか理由があります。

半幅帯なら帯だけで結べる。結び方の基本を押さえるのにぴったり

袋帯を使ったお太鼓は、和装でも基本となる結び方なので自分では着物を着なくても見た事があって知っている、という方も多いと思います。この結び方は帯の格によってフォーマルから普段着まで使えるオールマイティの結び方です。袋帯でお太鼓が結べるようになれば和装で困る事はないかもしれません。

ですが、袋帯から始めるのは初心者さんにはいくつかデメリットがあります。
まず一つ目が、帯以外にも「帯揚げ」や「帯締め」、「帯枕」といった道具が必要となります。これはお太鼓以外でも袋帯を結ぶ場合は必要な物だと覚えて下さいね。
次に、袋帯は基本的に後ろ手を使って背中で帯を結ぶ事になります。道具を使って体の前で結んで背中に回す方法もありますがそのための道具が必要になります。
半幅帯02
半幅帯の場合は変わり結びなどのアレンジで帯締めなどを使う事もありますが、基本的には帯のみで結び、体の前から結んで背中に回す事ができます。帯を結ぶ時、結び上がった時にどの部分になるかで帯の端を「手(手先)」「タレ」などと言うのですが、まず半幅帯でそういった結び方の基本を覚え、どういう風に締めて背中の部分を作っていくか理解してから、袋帯にステップアップする方がわかりやすいかと思います。

浴衣について来た付け帯は普段着の着物に使える?

「帯結びは難しそうだから浴衣とセットになっていた付け帯(二部式帯)を使ってみよう」と思われた場合、お家の中ならそれでもOKです。ですが、新たに買うなら付け帯でない物をおすすめします。理由は三点あります。
半幅帯03
半幅帯の付け帯は夏向けの物が多く、浴衣以外の季節の普段着の着物には質感や厚さで合わない物が多いかもしれません。特に薄手の化繊素材の半幅帯は、付け帯でなくても襦袢+着物で着る季節では帯が薄すぎてきちんと胴が収まらずに着崩れしやすい事も。

また、背中の結んだ部分が作ってある半幅帯は蝶結びのような羽が大きい物が多く、単純にものすごく場所を取ります。お太鼓結びの付け帯もあるのですが、そちらは平たくなりますのでもし付け帯にする場合はお太鼓結びの方をおすすめします。

最後に付け帯ではない半幅帯をおすすめする一番の理由が帯結びのアレンジの豊富さです。袋帯の場合、お太鼓以外の華やかな変わり結びはフォーマルの場やパーティー向けで、基本的に普段着の時は使いません。半幅帯は蝶結びのような基本形からお太鼓風まで結んだシルエットのバリエーションが多いので一本の帯でも色々と変化をつける事ができます。

色々と注意点をあげましたが、しっかりした素材で作られた半幅の付け帯も出ています。付け帯のデメリットを考慮した上でそれでもこれが好き!と思える物であればそれを使われるのが良いと思います。気に入った物を使って何度も着る事こそが上達への近道ではないでしょうか。

半幅帯は、着物がまだ普段に着られていた昭和世代のお母さん、おばあちゃんのタンスに眠っているかもしれませんよ。たずねて見ると、思わぬ掘り出し物や知らなかった思い出話が聞けるかもしれませんね。

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

着付けってどうやって覚えるの?『着物はじめてさんの知りたいコト』

着付けってどうやって覚えるの?『着物はじめてさんの知りたいコト』

普段着の和服ってどんな柄?『知っておきたい着物の基本知識』

普段着の和服ってどんな柄?『知っておきたい着物の基本知識』

たまには和服を着てみたい!『知っておきたい着物のサイズ』

たまには和服を着てみたい!『知っておきたい着物のサイズ』

着物初めてさんの知りたいコト『シーズンが終わった浴衣のお手入れ』

着物初めてさんの知りたいコト『シーズンが終わった浴衣のお手入れ』

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.08.27

低糖質でボリューム満点!『カリカリ高野豆腐と茄子の中華風』

2019.08.23

旬を味わう二層のゼリー『ぶどうサイダー&ミルクゼリー』

2019.08.20

思っているより簡単♪旬の太刀魚をさばいてみましょう

2019.08.20

冬瓜の使い切りレシピ♪ヘルシーな『冬瓜もち』&『冬瓜のボリューム焼き』

2019.08.18

暑いからこそ、温活を『じゃがいものポタージュ』

2019.08.15

【食育のコト】たまご料理を楽しもう!たまごの七変化

2019.08.14

夏のデザート『とろ〜りマンゴープリン』

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.09

帰省のお土産に!プレーン、抹茶、アールグレイ『三種のふわふわマドレーヌ』

2019.08.06

まるごと調理で美味しく健康に!『枝豆の包み焼き』&『枝豆のポタージュ』

編集部おすすめ記事

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

2019.07.21

ひと鍋で完成!栄養まるごと『スープカオマンガイ』

2019.07.16

うな重より気軽に作れる『うなぎご飯』

2019.07.13

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-6.こんな時なに食べる?夏に負けないからだのために-

2019.07.04

超簡単!一度は作りたい濃厚『ガトー・テリーヌ』

2019.06.27

季節の草花『紫陽花のコト』魔除け・縁起物にも重宝された花

2019.06.26

日本の言葉『梅雨』にまつわる季語あれこれ

月間人気記事

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2019.08.15

レタス、ごぼう、春菊…知っていますか?『キク科の野菜の種類とあれこれ』

2017.12.26

HBで簡単ふわふわ!『チーズクリームのシナモンロール』

2018.06.13

料理によって使い分け!とろっと食欲そそる『とろみ素材』の特徴と原材料

2017.03.30

甘いものやフルーツは控えめに?『生理不順を解消する2つの方法』

2017.04.01

子宮を元気にして女子力アップ!『黒豆パワー』がもつ秘密ゴト

2017.04.28

4月のお献立、その4。食欲をそそる香り『メカジキのハーブパン粉フライ』