知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

家のコト 2018.02.02

片づけとは面倒臭いもの『整理整頓どこから手を付ける?』

LINEで送る
Pocket

前回の記事(片づけ本を読むことではありません『片づけを始めるとき最初にする事は?』)で、片づけを始める時にまず最初にすることは「どんな暮らしがしたいのか」を決めて行くことですとお伝えしました。

あなたの理想の暮らしはみつかりましたか?

どんな暮らしがしたいのか決まったら、次はいよいよ片づけ作業に入っていきます。
「モノを出したら、片づける」ということは簡単なようにみえて、家事に育児に毎日忙しいと、片づけって面倒だと感じて後回しにしてしまいませんか。片づけサポートの仕事をしている私でも「やりたくないな~」「今日は疲れたから~」とそんな日があります。でも、面倒だからと先延ばしにばかりしておけないのも「片づけ」ではないでしょうか。日々の片づけを面倒なものにしないためには、整理整頓ができていることが大切です。今回はその整理整頓の基本と、どこから片づけて行くのが良いかお伝えします。
pic1

整理整頓とは?

「整理整頓」とひとつの言葉のように使われることが多いですが、まずは言葉の意味を考えてみましょう。「整理とは」、必要なモノと不必要なモノを区別し、不必要なモノを取り除くこと。そして「整頓とは」、必要なものを取り出しやすく・戻しやすくするために定位置を決めることです。まず最初に行う「整理」がしっかりとできれば、片づけが面倒だと感じるハードルはいっきに下がっていきます。
では「整理整頓」を3つのステップで進めていきましょう。
pic2

整理整頓は3つのステップで

どこを片づける時でも基本となる3つのステップをご紹介します。
1. まずは中のものを全部取り出してください。
2. 「必要なモノ」「不必要なモノ」と分けていきます。この時、どうしても悩むものが出てきます。そんな時は「迷うモノ」=「保留箱」を作っても大丈夫。「不必要なモノ」だからと無理に捨てなくてはいけないと考えると、片づけが余計に面倒で辛いものになってしまいます。
3.「必要なモノ」だけを良く使う場所に、「取り出しやすく・戻しやすく」配置していきます。

3つのステップの中でも一番大変なのが2番目の「必要なモノ」「不必要なモノ」「迷うモノ」に分けて行く作業です。ここでの仕分けでどれだけモノを減らしていけるのかによって、日々の片づけの面倒さが変わってくると言っても良いほど大切な作業です。

この仕分けの作業の時に、必ずと言っていいほど出てくる「もったいない」という言葉。この言葉が出てこなかった片づけサポートは今まで経験したことがありません。「高かったから」「まだ使うかも」などの気持ちから、もったいないから「保留箱」に入れる。これでは「整理」とは言えません。「保留箱」に入れていいのは主に「想いでの品」が中心です。1年以上使っていないものや今後も使う予定のないものは、思いきって処分しましょう。
本当の「もったいない」とは、いつまでも使われずにしまっておかれること。物は使われてこそはじめてその役わりを発揮します。整理する時はその事を忘れずに、本当に「必要なモノ」だけを残していってください。
pic3

クローゼットから始める片づけ

整理整頓の3つのステップが分かったら、次は片づけをはじめる場所です。
私がおすすめしているのは「クローゼット」から。毎日、生活していくうえで洋服は必ず必要なもので、着る頻度によって「着ているモノ」か「着ていないモノ」がはっきりするので、片づけ作業に弾みがつきます。「服はたくさんあるのに、着る服がない」そんな方はクローゼットを整理してみてください。

1.クローゼットの中にある服をすべて出す

ここで「過去1年間着ていない」「サイズが合わない」「傷んでいる」服などは処分の対象です。どうしても手放せないモノは「保留箱」に入れ、1年間あけずに着ることがなかったら処分していきましょう。

2.これからも着ていく服を季節ごとに分けていく

季節ごとに衣類を分けていきましょう。分ける目安としては「通年で着る服」「真夏にしか着ない服」「真冬の厚手服」「春夏の薄手服」「秋冬の薄手服」のこの5つ。
季節ごとに分けておくと、衣替えの時の負担も軽くなるメリットがあります。

3.使用頻度ごとに収納ケースを決めておさめていく

着る頻度の高いモノは「引き出しケース」と「ハンガー」へ。
使用頻度が低く軽いモノは「布製ケース」に入れて、クローゼットの高い位置に収納するのが適しています。次に使用頻度が高いモノのはパイプにかけ、「長い→短い」と長さを揃えてハンガー収納が適しています。その中でも普段使いの畳める洋服類などは「引き出しケース」を使い、ハンガー下の部分に収納していきましょう。そして、ハンガーもクリーニング屋のプラスチック製のモノはやめて種類を揃え、衣類を選ぶ時・片づける時のモチベーションをアップしていきましょう♪プラスチック製ハンガーは厚みもあるので、クローゼットの中でパイプに掛けられる本数も少なくなってしまうのと洋服の肩の部分が型崩れしやすくなるデメリットもあります。

子ども服は子ども自らお片づけ

家族が増えるほど整理整頓の量も増えていきます。会話ができ、自分でその日に着る服を選べるようになれば、お子さんでもクローゼットの整理整頓はできます。お子さんも巻き込んで一緒にやってみてくださいね。子どもの成長はとても早いですので、今年ぴったりサイズだった服は翌年には小さくなっています。もったいないと思わず、リサイクルショップに持ち込むかお知り合いに譲るなどしてクローゼットから出していきましょう。

次回は、「夫婦関係とお片づけ」についてご紹介していきます。

文/整理収納アドバイザー 河野 有起
ブログはこちら
記事/ママトコタイム
12636930_10208848790483829_714750486_o
「ママトコタイム」は、小さなお子さんと一緒に美容院などに行ける無料保育サービス。
店舗が定期開催する「ママトコタイム」に子連れで来店すると、その場でプロによる保育を利用できます。
ママになったら諦めるのではなく、ママになっても『できる!』社会をめざし、家族の笑顔を増やしていく取り組みを進めています。

ママトコタイム開催店舗などの情報はこちら

ママトコタイムFacebookページ

その他のおすすめ記事

片づけ本を読むことではありません『片づけを始めるとき最初にする事は?』

片づけ本を読むことではありません『片づけを始めるとき最初にする事は?』

子どもと一緒にお片付け習慣『目指そう!スッキリリビング』

子どもと一緒にお片付け習慣『目指そう!スッキリリビング』

自分から動ける子に!おすすめ『やることボード』

自分から動ける子に!おすすめ『やることボード』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.11.13

外はサクッ!中はフワぷりっ!『エビタラカツ と たくあんタルタル』

2018.11.12

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 19 整理整頓なんて』

2018.11.04

季節を感じるおかず『柿の発酵白和え』

2018.11.02

子どもの『やり抜く力』を育てる!声かけと環境づくり

2018.11.01

開運招福・商売繁盛!『酉の市』は下町情緒を楽しめる霜月の風物詩

2018.10.31

七五三のお参り『ご機嫌に幸せに写真を記録するコツ』

2018.10.31

シンプルが一番!やさしいおやつ『紅茶のサブレ』

2018.10.30

ご飯が進む、里芋レシピ『里芋と豚バラのにんにく照り煮』

2018.10.27

旬の食材「レンコン」栄養と味わいについて

2018.10.26

発達・育児相談室から『これって甘やかしすぎ!?』

編集部おすすめ記事

2018.11.14

秋の味覚、新米。いつからいつまでが新米?

2018.11.13

これだけは抑えておきたい大掃除!『家族の役割分担を決めて効率的に終わらせよう』

2018.11.09

子どもと楽しむクリスマス『英語で歌えたらかっこいいクリスマスソング』

2018.11.08

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2018.11.03

ヨーグルトの酸味とブラックペッパーがほどよいアクセントに 『柿と水切りヨーグルトとブラックペッパーのサンドイッチ』

2018.11.01

開運招福・商売繁盛!『酉の市』は下町情緒を楽しめる霜月の風物詩

2018.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2018.10.30

香りのマリアージュ!『洋梨とスモークチキンのサラダ』

2018.10.22

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『16 へたくそ、てきとう。』

2018.10.20

和洋いろいろアレンジ『クレソンおかかごま醤油和え』

月間人気記事

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2016.11.20

ほったらかしで大丈夫。干し野菜レシピ『干し大根をつかった作り置きおかず』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.04.24

子どもの遊びがさらに広がる『初めてのはさみの「正しい持ち方・使い方」』