作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2018.02.03

縁起の良い里芋を使った『ゴロゴロ野菜のポタージュ』

LINEで送る
Pocket

適度な粘り気と、ほくほくした食感が美味しい芋と言えば、「里芋」!!

里芋は縁起がいい

里芋は、親いもの周囲に子いもや孫いもとよばれる小さい芋がたくさん増えて育っていくことから、子孫繁栄を願う縁起のよい食べ物として古来から親しまれています。
栄養成分も豊富な野菜で、でんぷん、たんぱく質、食物繊維が主成分で、水分を多く含み、低カロリーなのが特長ですので、ダイエット中の方には嬉しい食材ですね。また、むくみの解消や高血圧予防に役立つカリウムの他に、豊富な食物繊維が腸内の環境を整えますので便秘解消に役立ち、ビタミンB1が疲れた体をやさしく癒してくれる力もあるそう。

そんな魅力的な里芋は、マクロビオティックの陰陽五行では、身体を冷やし緩める「陰性」の野菜といわれていますので、火という陽性の要素を加えて料理するのが、美味しさのポイントです。
煮物などの定番料理でいただくのも美味ですが、寒いこの時期には身体を芯から温めるポタージュスープにしてみてはいかがでしょうか?
1

『ゴロゴロ野菜のポタージュ』材料(4人前)

玉ねぎ       100g
大根        100g
蓮根        80g
人参        40g
ブロッコリーの房  1/4本
里芋        120g

白味噌       大さじ2
豆乳        400cc
アーモンドプードル 大さじ1
水         400cc
塩         小さじ1
なたね油      適量

ブラックペッパー  少々
ピンクペッパー   少々

『ゴロゴロ野菜のポタージュ』作り方

1.玉ねぎ は、2cm幅の串切りにする(大きい場合はさらに半分にする)
2.大根は、1cm幅の銀杏切りにする
3.蓮根と人参は、一口大の乱切りにする
4.鍋に菜種油と玉ねぎ・アーモンドプードルを入れて炒める
5.大根・蓮根・人参を鍋に入れ炒め合わせたら、具材がかぶる位の水を入れ弱火で15~20分くらい煮込む
6.豆乳で溶いておいた白味噌・塩・里芋と残りの水を入れて、沸騰寸前まで火をいれる
7.お皿にもったら、ブロッコリーをのせて出来上がり!

オーガニック料理ソムリエが教える『ゴロゴロ野菜のポタージュ』を美味しくつくるコツ

・このレシピに鶏肉をプラスする場合は、アーモンドプードルは入れなくてもOKです
・里芋がないときには米粉でとろみを出しても美味しいです。
・時間がないときには、煮込む。時間がない場合は煮込む際に圧力鍋をつかうと、3分くらい圧をかけるだけで出来上がります。

味の決め手はマルカワ味噌さんの白味噌!!

自然栽培の米と大豆を使い、白みそを作りました。
白みそは主に京都や関西地方でよく使われるお味噌です。塩分が約6%と、米味噌では少ない割合になります。
また、大豆10キロに対して米麹を20キロ使用しており、米の甘味が生きているお味噌です。
お米本来のやさしい甘味を生かすため米の割合が多く、まろやかさときめ細やかを出すために、すり味噌にしております。

伝統海塩の「海の精」
塩にもいろんな種類があり、化学的に精製された精製塩もありますが、それとは全く異なり、伊豆大島の海水からできた100%天然の『海の精』を使用しました。
『海の精』は日本の伝統製法を受け継ぐ、天日(塩田)と平釜でつくり上げられ、太陽の恵みをたくさん浴びています。
舐めると塩気以外にほのかな甘味があるのが特徴で、白みその甘味と塩気のバランスを保つために、『海の精』を使用しました。
(引用:マルカワ味噌HP)

白みそは主に関西で食されているため、関東で入手するのがとても難しい様です。 また、市販の白みそは砂糖が添加されている商品も多いので要注意! なるべく白砂糖や食品添加物を使っていない白みそを選んで購入してくださいね。

レシピ/マクロビオティック料理教室G-veggie はりまや 佳子

1日無料体験レッスンを開催しております。興味がある方はこちらから
ならいごと800

ライタープロフィール

1963年東京生まれ、大田区在住。
武蔵野女子大学(現武蔵野大学)短期大学部家政科卒。建設会社受付嬢、英会話学校マネジャー、船井総合研究所勤務、10年前からマクロビオティックを実践し始める。2005年に退職後、米国クシ・インスティテュートに留学し、キャリアトレーニングプログラム・レベルⅢを卒業。インストラクターの資格を取得。 2006年3月に大田区にてマクロビオティック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)を立ち上げ、現在10年目を迎える。2012年キレイ料理レストラン&スクール「G&V」を東銀座にオープン。2015年本オーガニックライフ協会を設立。
hamariya
『オーガニック大好き!はりまや佳子』ブログ
レシピ本
*マクロビオティック・キレイ料理教室G-veggieのレシピ本です。 詳しくは画像をクリック。

その他のおすすめ記事

食物繊維たっぷり!優しい甘さ『さつまいものトリュフ』

食物繊維たっぷり!優しい甘さ『さつまいものトリュフ』

ウナギのお供だけではもったいない!山椒で大人味『大根と青梗菜のきんぴら』

ウナギのお供だけではもったいない!山椒で大人味『大根と青梗菜のきんぴら』

寒い冬はこれ!『けんちん汁風味噌汁』

寒い冬はこれ!『けんちん汁風味噌汁』

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.09

帰省のお土産に!プレーン、抹茶、アールグレイ『三種のふわふわマドレーヌ』

2019.08.08

おうちカフェを楽しもう!簡単『ゼリー・カフェオレ』

2019.08.08

あと一品に超便利!さっと作れる『人参のゴマナムル』

2019.08.06

まるごと調理で美味しく健康に!『枝豆の包み焼き』&『枝豆のポタージュ』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

もっと知りたい日本の郷土料理―宮崎県―『冷や汁』

2019.08.01

餃子の皮で作る『焼き小籠包』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.08.01

今年こそチャレンジ!季節の梅仕事『梅味噌』

編集部おすすめ記事

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.09

栄養たっぷり!普段の暮らしに取り入れたい『ケノコト編集部おすすめ「い草」レシピ』

2019.08.09

コーチングのプロが教える『子どもが自ら考え、行動できるようになる声かけの秘訣』

2019.08.05

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.03

のどが痛いと感じたら。まるごと使いたくなる『金柑』がもつ秘密ゴト

2019.08.03

ズボラな私でも続く『朝ごはんから素敵な1日を始めるためのヒント』

2019.08.03

作り置き常備菜シリーズ『レモン酢シロップ』

2019.08.01

ホットケーキミックスで簡単に もっちり食感『まるでチーズなヨーグルトケーキ』

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

月間人気記事

2016.06.28

ハマる人続出!『奥が深〜い個性派植物の世界』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2019.08.07

実は種類が多い!『知って得するししとうの成分と保存方法』

2017.04.10

保存食のある暮らし~週末につくりおき、大人も子供もみんな大好き!!『チキンライスのもと』

2017.08.18

編集部おすすめ『週に1度の作り置き「アボカド」の常備菜』

2017.02.18

『ファッション業界のお仕事を知る』〜パーソナルスタイリストさんのお話し〜

2017.04.24

保存食のある暮らし~レンジで簡単!!爽やかな香りの『しそ鶏ハム』

2017.04.24

子どもの遊びがさらに広がる『初めてのはさみの「正しい持ち方・使い方」』

2018.08.15

ミツバ、セロリ、パセリ…香辛料としても知られる『セリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』