知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

教育・子育て 2018.02.09

コーチングのプロが教える『子どもが自ら考え、行動できるようになる声かけの秘訣』

LINEで送る
Pocket

外出前の急いでいるときに、出かける準備をしないお子さんに対して「早く着替えなさい!」「なんで準備ができていないの!」と、イライラしながら声をかけてしまった経験はありませんか。後になって嫌な言い方をしてしまったな…と思うこともあると思いますが、急いでいるときや気持ちに余裕がないときについつい言ってしまうことも。
子どもには状況を判断し、自分で考え、自分で行動できるようになってほしいと思っていても、そのような声かけをしてしまうと逆効果になることもあります。子どもが「自分への信頼感」を高め、「ぼく(わたし)ならできる!」と考える自己効力感を育むためには、親の子どもへの声かけはとても大切です。

進級や進学に向い、親子で気持ちの切り替えがしやすいこれからの時期をうまく活用し、子どもが自ら行動ができるように、声かけの方法を見直してみませんか?今回は、子どもが自ら行動したくなる習慣を促す効果的な声かけのコツをご紹介します。
pic1

イライラしたり、怒ったりしそうになったら深呼吸

私たち親がイライラすることで子どもが自ら学校に行く準備をする、約束を守るようになるのであればいいですが、実際にはそうなることはありません。もし仮にうまくいったとしても、「親に怒られるから、何かをする」といった条件反射がストックされると、「親に怒られないと何もしない子」になってしまいます。自分で行動できるようになってほしいと言っても、「怒られるからやる」となってほしいわけではありませんよね。
子どもの習慣は、日常生活のなかで身につけていく行動です。園児、小学生、中学生と子どもが大きくなっても親とコミュニケーションをとることは多く、親がどのように話をするか、声をかけるかによって、子どもの変化は出やすいと思います。イライラしたり怒ったりしながら話をすると、子どもに伝わります。子どもが自ら考え、行動できるような効果的な声かけをしていきましょう。
pic2

効果的な声かけをするコツと「I」メッセージ

子どもの主体性を引き出す効果的な声かけを行うときには、どのようなことに気をつけたらよいのでしょうか。私たち親は、「子どもに幸せになってもらいたい」「将来困らないように自分でいろいろな事をできるようになってほしい」と願っています。子どもへの愛情があるからこそ口うるさく言ってしまうのかもしれませんが、親としての愛情を伝えながら子どもの行動を変化させていく効果的な声かけをするにはコツがあります。

まずは、スモールステップで子どもができたことを「I」メッセージで伝えてみましょう。「I」メッセージとは、主語を「私」にして自分の気持ちを伝えることであり、相手が受け止めやすい情報として伝えることができます。
例えば、今日使った給食袋をランドセルから出した、学校で配られたプリントを渡してくれたなど、当たり前のように思えることでも、行動ができたときにタイミングよく声をかけます。「給食袋を出してくれたので、すぐにお洗濯ができて(お母さんは)助かるわ」「保護者会のプリントを忘れずに出してくれたので(お母さんは)嬉しいわ」など、自分の気持ちを「I」メッセージでお子さんに伝えてください。子どもにとって、親に喜んでもらう、親の役に立つ行動は嬉しいものであり、自己効力感を育むには効果的です。また、子どもが「嬉しい」と感じた行動は、習慣になりやすくなります。『子どもが自ら行動できるようになる声かけ』は、親の意識次第。誰でも簡単に行うことができます。ぜひこの機会に効果的な声かけを試してみてはいかがでしょうか。
pic3

親子でオリジナルの「出来ていることを、見える化する仕組み」を考える!

親は、子どものできていないことについつい目がいきがちです。自分ができていないことを何度も指摘されると、子どもは「どうせ、ぼく(わたし)なんか、できない…」と自信をなくし、悪循環に陥ります。そのような状況にならないためには、どのようなことに気をつけたらよいのでしょうか。

それは、できないことにではなく、できていることに目を向けることです。すでに自分ができていることを、お子さんが目で見て分かるような仕組みがあれば、自信につながり行動を習慣にしやすくなります。例えば、親子でやることの一覧表をつくり、できたら好きなシールを一緒に貼る、お気に入りのハンコを押すなどです。この仕組みをうまく機能させるコツを2つご紹介します。

1つ目は、一覧表の項目数を年齢の半分に設定することです。つまり7歳なら3つ、10歳なら5つなど。少ないと思うかもしれませんが、これがちょうどよいのです。多すぎるとノルマのようになってしまい、そのうちやらなくなってしまいます。一覧表の下に自由欄を設けておいて、お子さんがやりたいことがあれば記入できるようにしておくのもいいですね。
2つ目は、チェック印や×をつけないことです。できていないことを強調すると、一覧表を見るのも嫌になってしまい逆効果です。できているところにシールを貼ったり、好きなスタンプを押したりするのがおすすめです。そして「今日は〇〇ができたね」「〇〇と△△は、5日も続けてできたね」など、できたことを認める声かけをする。できていないことは空欄になりますが、人は空いているスペースを埋めたくなるという習性があります。それをうまく利用し、そのうち埋めたくなるのを待つ作戦は効果的です。自分ができていることを見える化する仕組みと親による声かけがあることによって、「自己効力感」を育むことに繋がっていきます。ぜひ、お子さんと一緒に『できていることを見える化する仕組み』を考えてみてはいかがでしょうか。

文/プロフェッショナルコーチ 齋藤みずほ
ホームページはこちら
記事/ママトコタイム
12636930_10208848790483829_714750486_o
「ママトコタイム」は、小さなお子さんと一緒に美容院などに行ける無料保育サービス。
店舗が定期開催する「ママトコタイム」に子連れで来店すると、その場でプロによる保育を利用できます。
ママになったら諦めるのではなく、ママになっても『できる!』社会をめざし、家族の笑顔を増やしていく取り組みを進めています。

ママトコタイム開催店舗などの情報はこちら

ママトコタイムFacebookページ

その他のおすすめ記事

自分から動ける子に!おすすめ『やることボード』

自分から動ける子に!おすすめ『やることボード』

子どもの教育に悩むママへ『考え方の転換で変わる育児』

子どもの教育に悩むママへ『考え方の転換で変わる育児』

まずは親が変わろう『子どものチカラを引き出すために』

まずは親が変わろう『子どものチカラを引き出すために』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.01.28

新酒の季節はおいしい『酒粕』を楽しもう。お腹にもうれしい酒粕のパワー

2019.01.27

これだけで十分!作り置き調味料『ねぎ味噌』

2019.01.23

子どもと食べたい安心おやつ『きな粉プリン』

2019.01.23

旬食材『金柑』ー丸くて小さな、おひさま色のフルーツー

2019.01.20

暮らしにひと手間『自家製ラー油』を作ろう

2019.01.18

寒い日にぴったり。本当においしい『オニオングラタンスープ』

2019.01.15

餃子の皮で作る『焼き小籠包』

2019.01.11

牛すじを使ってみよう。基本の仕込み『牛すじの下茹で』

2019.01.09

1月の和菓子 「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2019.01.08

冬の香りを召し上がれ『柚子ジャムと柚子パウンドケーキ』

編集部おすすめ記事

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.28

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『26 小豆島、醤油トリップ』

2019.01.25

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

2019.01.25

ワクワクしながら盛り付けて 『器合わせのすすめ』

2019.01.21

日本の暮らしの言葉『寒仕込み』は日本酒の歴史から生まれた言葉

2019.01.17

冬の暮らしを楽しむ「スープのある食卓」

2019.01.16

日本一の山女魚で作る、世界に誇る『山女魚のアンチョビ』

2019.01.14

一生に一度の成人の日「成人」ってなんだろう?自分を振り返る機会に

2019.01.10

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2019.01.09

覚えておきたいおやつレシピ『ガナッシュケーキ』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2016.11.20

ほったらかしで大丈夫。干し野菜レシピ『干し大根をつかった作り置きおかず』

2017.06.16

子どもも満足!『苦くないオレンジピールの作り方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』