知るコト知るコト
教育・子育て 2018.02.12

春スキーならまだ間に合う!心身を育てる『子どものスキーのススメ』

「食育」という言葉は広く知られていますが、「雪育」という言葉をご存知ですか?「雪」との触れ合いや体験を通じて子どもの心と身体を育むということで、スキーやスノーボードは子どもの発育に良い影響を与えてくれるとされています。子どもが生まれる前はよく冬スポーツをたしなんでいたパパやママはもちろん、自分は得意ではないけれど子どもには冬スポーツにチャレンジしてほしいという方は、子どもが3歳になったくらいを目安に、親子でゲレンデに出かけてみてはいかがでしょうか?
pic1

子どもがスキーで得られる貴重な体験

スキーを初めてやったときのことを思い出してみてください。履きにくくて歩きにくい靴、なかなかうまく脱着できないスキー板、転んだ時にうまく立ち上がれないもどかしさ。楽しんで滑れるようになるまでには、根気がいります。初めてのゲレンデでは、雪に慣れること、そしてスキーって楽しい!と思えることが大切ですが、2回、3回と回を重ねるごとに子どもが自分ですることを増やしていきましょう。子どもがスキーを嫌いにならない程度に手助けをしながらもなるべく手を出さずに、子どもが自分でできるようになるのを見守ります。スキーに限ったことではありませんが、何事にも最初に必要な「小さな困難」を乗り越えるという経験を大人の手で潰さないように心がけましょう。

またスキーでは、自分で状況を判断し、自分の意思で次の行動を決めるということの連続です。例えば、「滑る」「曲がる」「減速する」「止まる」というスキーの動きだけでなく、「止まれない」「曲がれない」といううまくできないことも起こるため、どうするか考えて対処しなくてはいけません。この「うまくできない」というのは、考えるとてもいい練習になります。思う通りになってくれないスキー板を、なんとかうまく動かして思う通りにしようと自分なりに工夫しながら挑戦を繰り返して上達していきます。自分で考えて行動する「自己決定」の機会や、試行錯誤をしながらうまくできたときに自分はできるという「有能感」を感じられる機会がスキーには多くあるため、自律性を育む貴重な機会と言えますね。楽しみながら得られる成長の機会は、子どもにぜひ与えてあげたいものです。
pic2

スキーは家族の思い出作りに最適

3月に入ると日に日に気温は上がっていきますので、滑りやすい雪質を求めるならば北海道などの地域がおススメですが、気軽に家族スキーを楽しみたい場合は、3月中であれば関東近郊でも営業しているスキー場は多数あります。スキー場近くには、温泉やリゾートホテルがつきものです。スキーだけでなく、スキー後の広いお風呂やホテルのビュッフェ形式の夕食などは、子どもにとっては楽しい家族旅行の思い出になります。宿泊をしない場合でも、スキーの後に事前に調べておいたちょっといい温泉に入って帰るなど、もう1つ楽しみのイベントをつけると子どもたちは大喜びです。

また、子どもに正しいスキー技術を身につけさせるために、スキー場で運営している子ども向けのスキースクールに入れるという方も多いと思います。その場合でも、ぜひ「パパが教えてあげる」ということをしてあげてください。普段は忙しくて子どもとの時間が少ないパパが、手取り足取り教えてあげるという機会はなかなかないものです。この機会を大切に、子どもの上達にじっくり付き合ってあげましょう。パパにスキーを教えてもらった思い出は、かけがえのないものになると思いますよ。
pic3

最後に春スキーで気をつけたいのが紫外線。ゲレンデの照り返しで目が日焼けしてしまい真っ赤に充血してしまうこともあります。天気が良くて、うっかりゴーグルをしないままで過ごしてしまうということがないようにしましょう。また小さい子ほどゴーグルを嫌がることがありますが、雪に反射した紫外線を長時間浴びると目を痛めてしまいます。転んだときなどに目を守る役割もありますので、ゴーグルをしっかりとつけてあげてください。
この冬まだスキーに行かれていない方は、春休みなどの機会を生かして、家族でスキー旅行にトライしてみてくださいね。

文/ママトコライター
記事/ママトコタイム
12636930_10208848790483829_714750486_o
「ママトコタイム」は、小さなお子さんと一緒に美容院などに行ける無料保育サービス。
店舗が定期開催する「ママトコタイム」に子連れで来店すると、その場でプロによる保育を利用できます。
ママになったら諦めるのではなく、ママになっても『できる!』社会をめざし、家族の笑顔を増やしていく取り組みを進めています。

ママトコタイム開催店舗などの情報はこちら

ママトコタイムFacebookページ

その他のおすすめ記事

冬も元気に過ごす『運動習慣と体温調節のポイント』

冬も元気に過ごす『運動習慣と体温調節のポイント』

親子で実践『前向きになるジョギング習慣』

親子で実践『前向きになるジョギング習慣』

学びの多い『魚釣りのススメ』

学びの多い『魚釣りのススメ』

コメント

人気の記事

2021.12.09

旬の春菊をたっぷり味わう『春菊パスタ』

2021.12.08

発酵調味料でコンソメ要らず『かぼちゃの濃厚スープ』

2021.11.30

お菓子好きの皆様へ『おかしなくらいおかし好き』11月号

2021.11.28

ジューシーさを丸ごと♪『チンゲン菜の海老プリボート』

2021.11.27

朝ごはんにもおすすめ!子どもも大好き!『もっちりじゃがいも餅』

2021.11.27

寒い朝にはおすすめ『きのこの豆乳ポタージュ』でほっこり

2021.11.26

おうちでお手軽保存食『キウイジャム』

2021.11.25

通年の保存食に『刻みしょうが』

2021.11.23

編集部が選んだ にんじんを使ったお役立ちレシピ集

2021.11.22

冬の香りを召し上がれ『柚子ジャムと柚子パウンドケーキ』

編集部おすすめ記事

2021.12.09

おいしく作るコツは使う部位『大根のシャキシャキきんぴら』

2021.12.09

お菓子好きの皆様へ『おかしなくらいおかし好き』10月号

2021.12.07

はじめてのナチュラルフード『大豆で整える』

2021.12.06

自家製「オーツミルク」でおうちカフェを楽しもう。

2021.12.05

エシャロットとにんにく香る『ベビーホタテのバジルバター焼き』

2021.12.04

フランス伝統のサクサクパイ『ガレット・デ・ロワ』

2021.11.29

もちもち食感がクセになる!『れんこんと鶏ひき肉の蒸し物』

2021.11.29

粕床アレンジレシピ2『真鱈の粕焼き』

2021.11.28

冬の一品作り置き『辛みそネギ味玉』

2021.11.28

ジューシーさを丸ごと♪『チンゲン菜の海老プリボート』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2021.08.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2021.08.15

管理栄養士が教えるデトックスウォーターのこと〜レシピ・ダイエットや美容効果と注意点も〜

2021.01.02

冬限定の調味料『ゆず塩麹』つくりませんか?

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2021.06.13

ほったらかしで大丈夫。干し野菜レシピ『干し大根をつかった作り置きおかず』

2021.09.18

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介