知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

教育・子育て 2018.02.16

発達障害ってなぁに?シリーズ その1『誰だって発達障害!?』

LINEで送る
Pocket

「うちの子、発達障害かなぁ」「学校で発達障害かもって言われてしまった…」「クラスのあの子も発達障害じゃないの?」など、最近様々な場面でささやかれる「発達障害」という言葉。芸能人のカミングアウトやメディアの影響で、良くも悪くも認知度はあがっています。だからこそ、必要ない偏見や心配が生まれないように、きちんと理解したいものです。
今回はシリーズ「発達障害ってなぁに?」の1回目、「誰だって発達障害!?」。学校生活にクローズアップして考えてみましょう。

誰だって発達障害!?

 『発達障害』とは、生まれつきの脳機能のアンバランスさが、その人の置かれた環境や周囲の人と良くない反応を起こし、社会生活に困難が生まれる障害とされています。
さて、”生まれつきの脳機能のアンバランス”をそれぞれの特性と考えれば、誰でも多かれ少なかれ脳に特性はあり、その特性が原因で「私ってこうだから、上手くいかないのよねぇ。」という場面に出くわします。私について言えば「情報量が多いと全く頭に入ってこなくなる!」という脳のアンバランスがあり、一気に説明されたり、分厚い説明書を前にするとすぐに「ま、いっか。」が発動されて、自分勝手に判断して事を進めてしまう傾向があります。みなさんにも、何かしら思い当たることがありませんか?つまり、誰だって発達障害だと考えられないでしょうか?!
2

注目すべきは「困り感」!

 「誰もが発達障害!?」だとしたら、まず本当に考えなくてはいけないのは、発達障害であるか否かということよりも、その子がどれくらい困っているかなのです。またはその子の周囲の人たちがどれくらい困っているのか、そしてその困り感の原因は何なのかということです。

「学校が合わない」は通用しない

 「ぼくは接客業に向いてないんだ」「自分はネクタイをしめる会社は窮屈で嫌だ!」「時間がきっちり決まっている職場が働きやすい」など、多くの人がある程度は自分の特性にあった職場を選ぶものです。それでも失敗したり、人間関係に苦しんだり、いいことばかりではありません。
では、子どもたちは学校を選べるでしょうか。多くは「NO!」です。一斉指導に合わせた机の配置、時間割通りの生活、面白くなくても授業は聞かないといけないですし、宿題だってある。どうしようもなく退屈だから席を立ってみたら怒られるし、答えがわかったから嬉しくて叫んだら注意される。できれば一人でいたいけれど、安心できるのはトイレだけ…。よく考えれば、様々な特性を持った子どもたち全てが、「学校」という一つの環境にマッチするということはあり得ないのです。でも子どもは「ぼく(わたし)、学校は合わないから辞めたいな」とは言えないですし、言えてもなかなか通用するものではありません。

心を傷つけないで!!

私たちが理解しなくてはいけないのは、どうしても「学校と合わない」子がいるということです。多くの子どもたちは「合わない」と感じても、我慢できる程度であったり、上手くやりすごしたりするのですが、中には脳機能のアンバランスが大きかったり、もしくは学校とは決定的に合わない脳の特性を持っている子どももいます。そしてその子たちは、逃げも隠れもできません。それを理解せずに、みんなと違うことを叱責したり、同じことを強制させたりすると「自分はダメなんだ…」という気持ちが大きくなり、そのことが更によくない状況を招くことになります。
1

まずできることは「思いを馳せること」

 
まずは私たちができることは、怒ったり、注意したりする前に「あれ?なんでそうするのかな?」「なんで困っているのかな?」と、その子の言動や困り感に思いを馳せることです。「発達障害」を考えることは、すなわち人を本当に理解する旅にでることだと私は思っています。シリーズ「発達障害ってなぁに?」で具体的な事例などご紹介しながら、みなさんの旅をガイドできたらと思います。

文/臨床発達心理士 三浦 静
記事/ママトコタイム
12636930_10208848790483829_714750486_o
「ママトコタイム」は、小さなお子さんと一緒に美容院などに行ける無料保育サービス。
店舗が定期開催する「ママトコタイム」に子連れで来店すると、その場でプロによる保育を利用できます。
ママになったら諦めるのではなく、ママになっても『できる!』社会をめざし、家族の笑顔を増やしていく取り組みを進めています。

ママトコタイム開催店舗などの情報はこちら

ママトコタイムFacebookページ

その他のおすすめ記事

子どもの学校の友人関係で『親ができるサポート』

子どもの学校の友人関係で『親ができるサポート』

まずは親が変わろう『子どものチカラを引き出すために』

まずは親が変わろう『子どものチカラを引き出すために』

”怒る”ではなく”叱る”コト『叱り方に自信ありますか?』

”怒る”ではなく”叱る”コト『叱り方に自信ありますか?』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.09.08

二十四節気の暮らし方 「朝晩涼しくなってくる『白露』」秋の始まりを意識してみよう

2018.09.05

秋の簡単おやつレシピ『かぼちゃのココナッツグラノーラ』

2018.09.03

日本の暮らしの言葉『昔の暦、月齢ごとの月の名前』〜長月の暮らし〜

2018.09.02

お弁当におすすめ!なすとごぼうを使った『作り置きの常備菜』

2018.09.02

いつもの道具をサッと簡単お手入れ『調理器具のお手入れのコツ』

2018.08.31

おじいちゃんおばあちゃんに喜ばれる!敬老の日の贈り物『フラワーフォトフレーム』

2018.08.24

夏の終わりにおいしい冷茶でほっと一息『冷たい緑茶の楽しみ方』

2018.08.15

日本の暮らしの言葉『夏真っ盛り「暑さ」と「涼しさ」を表す言葉たち』~葉月の暮らし~

2018.08.14

クリーム溢れる!ふわっ、しゅわっ『生シフォンケーキ』

2018.08.13

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『08 梅シロップのジンジャエール』

編集部おすすめ記事

2018.09.08

アレンジ自在『つるむらさきのごま和え2種』

2018.09.01

【ケノコトInstagram企画】9月の「日常のコト」を『#長月のコト』で投稿しよう

2018.08.31

残暑を楽しむ!エヌアセットおすすめ『溝の口周辺おでかけスポット』

2018.08.17

作り置き常備菜シリーズ『レモン酢シロップ』

2018.08.07

レトロな喫茶店風『昔ながらのたまごサンド』

2018.08.07

家にある鍋を有効活用しよう!使い方によって調理時間も料理のおいしさも変わる『鍋』

2018.08.07

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「かぼちゃ」の常備菜』

2018.08.04

ひんやり冷やして大人のデザート『ピンクの桃のポタージュ』

2018.08.01

【ケノコトInstagram企画】8月の「日常のコト」を『#葉月のコト』で投稿しよう

2018.07.28

まぐろレアステーキとアボカドをサラダ丼仕立てに『まぐろステーキアボカドサラダ丼』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』