知るコト知るコト
教育・子育て 2018.02.26

子どもと一緒に楽しむ食卓『ひな祭りを通して「和」に触れる』

3月の「上巳の節句」は、江戸時代以降「ひな祭り」として、女の子の健やかなる成長を祝う日となりました。「ひいな(ひな)」とは小さく愛らしいものをさす言葉です。女の子のお子さんがいるご家庭ではひな壇を飾り、ひな祭りを楽しむ方が多いと思いますが、ひな祭りのお祝いの準備を通して、親子で「和」に触れる時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。
今回は身近なものを使って、親子で簡単に楽しめるコツについてご紹介します。

型抜きを活用してみましょう!

pic1
100円ショップでも気軽に購入できるステンレス製の抜き型は、おやつ作りだけでなく、煮物を少し華やかに見せる、にんじんを梅の花の形に飾り切りしたねじり梅を加えたいときにも便利です。見かけたときに購入しておくと、季節の行事や家族のお祝いの食卓のときに重宝します。
ひな祭りの食卓にちらし寿司を作る方も多いと思います。そのようなときには、ご飯を飾り抜きする木型も役立ちます。ご飯をつめて上から抑えるだけなので、子どもでも簡単に使うことができますよ。こちらの木型は木曽ひのきを使用しているので、使うたびに檜の良い香りがします。めでたいお祝いの席に華やかさを添えることはもちろんですが、子どもと一緒に食卓の準備をしながら、ひょうたんは「日本書紀にもでてくるのよ」とか「檜の香りって、ホッとする香りね」というように、親子で「和」に触れる豊かな時間になると思います。これからの時期、梅や桜の抜型もおすすめです。

和紙をうまく利用しましょう!

pic2
テーブルクロス代わりに使用しているのは、100円ショップや文房具店などで購入できる大判の和紙です。ご自宅にある普段使いの白い食器も、和紙を使うことで簡単に「和」のコーディネートがしやすくなります。お子さんと一緒に和紙でひな人形を折り、お花を添えてハランの葉を敷いた上にのせれば、ひな祭りのお祝いテーブルが完成です。お花や和紙の色を変え、折り紙で作った兜を添えれば端午の節句にも応用できます。これなら簡単にお子さんと一緒に「食空間コーディネート」を楽しめますね。

はまぐりを活用しましょう!

pic3
楽しく美味しいひな祭りのお祝いが終わった後は、平安貴族の華やかな暮らしを思い浮かべながら、お子さんと一緒に貝合わせ遊びを楽しんでみてはいかがでしょうか。今回は、簡単にできる遊び方をご紹介します。
料理に使用したはまぐりの殻をよく洗い、殻の内側にお子さんが好きな絵などの印を描きます。印がついていない殻と混ぜて裏返しにし、どの殻に印がついているかを順番にあてていきます。とてもシンプルな遊びですが、親子で過ごす食後の時間は、お子さんにとって良き思い出となることと思います。

ほんの一工夫で食卓が華やかになり、思い出に残る特別な時間になるものです。季節のイベントを活用して、お子さんと一緒に日本の文化や和に触れる機会をぜひつくってみてくださいね。

記事/食空間コーディネーター 齋藤みずほ
ホームページはこちら
記事/ママトコタイム
12636930_10208848790483829_714750486_o
「ママトコタイム」は、小さなお子さんと一緒に美容院などに行ける無料保育サービス。
店舗が定期開催する「ママトコタイム」に子連れで来店すると、その場でプロによる保育を利用できます。
ママになったら諦めるのではなく、ママになっても『できる!』社会をめざし、家族の笑顔を増やしていく取り組みを進めています。

ママトコタイム開催店舗などの情報はこちら

ママトコタイムFacebookページ

その他のおすすめ記事

風邪に負けない!子どもが喜ぶ『元気メニューで栄養をつけよう』

風邪に負けない!子どもが喜ぶ『元気メニューで栄養をつけよう』

クセがないから子どもも食べやすい『冬の寒さで甘くなる青梗菜で温まろう』

クセがないから子どもも食べやすい『冬の寒さで甘くなる青梗菜で温まろう』

芋ほり遠足のあとに…子どもと一緒に作ろう『さつまいもの秋ごはん』

芋ほり遠足のあとに…子どもと一緒に作ろう『さつまいもの秋ごはん』

コメント

人気の記事

2020.05.29

麹を使いこなすとカラダもおいしい朝ごはんのできあがり『塩麹と枝豆のコーントースト』

2020.05.28

植物性100%!砂糖・卵・生クリームもつかわない『濃厚ミルキーなアイスクリーム』

2020.05.28

さっぱりと魚料理をいただける『イワシの梅煮』

2020.05.27

ビールが飲みたくなる簡単おつまみ 『玉ねぎの枝豆和え』

2020.05.26

簡単!自家製『レモネードの素』の作り方。

2020.05.26

さっぱり素材でコクのあるごちそう『新玉ねぎ入り豆腐の揚げ浸し』

2020.05.24

子どもと食べたいやさしいおやつ『基本の蒸しパン』

2020.05.23

料理のトッピングにブルーベリーが映える『ブルーベリーとレタスのサラダ』

2020.05.22

材料4つ!味見が止まらない『失敗知らずのレモンカード』

2020.05.20

甘くて美味しい!栄養満点、旬のアスパラを美味しく味わおう。

編集部おすすめ記事

2020.05.29

ネバネバ補充で食べすぎたおなかをすっきり『オクラしらす冷やしうどん』

2020.05.26

ビールやワインのお供に。『カツオのエスニックサラダ』

2020.05.26

さっぱり素材でコクのあるごちそう『新玉ねぎ入り豆腐の揚げ浸し』

2020.05.25

覚えておきたいおやつレシピ『とろ〜り塩ガトーショコラ』

2020.05.23

旬の時期に仕込めば一年中パクチーが楽しめる!アレンジ自在「パクチーペースト」

2020.05.22

味付けはなし!いつもの炒め物に飽きたなら『白セロリとベーコンの炒め物』

2020.05.22

我が家の常備菜『スマッシュドポテト』朝から晩まで大活躍のサイドディッシュ

2020.05.21

だしいらず!ゆでずにさっと調味できる『さやえんどうのごちそう煮浸し』

2020.05.21

自然の万能薬!『くるみが持つ18の効果効能とくるみ味噌』

2020.05.20

昔と今では意味が違う、「五月晴れ」ってどんな晴れ?

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2019.08.15

レタス、ごぼう、春菊…知っていますか?『キク科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2020.05.18

ダイエットにも有用な成分が?!『知って得するそら豆の成分と保存方法』

2020.02.12

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』