作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2018.02.16

自家製酵母で作る『ラム酒香るショコラのクグロフ』

LINEで送る
Pocket

まだまだ寒いこの季節…。大切な誰かに送る、濃厚なラム酒が香るクグロフを作ってみませんか?もたれないあっさりとした配合ながらもふんわりと飽きずに頂けます。少し手間がかかりますが中種法という方法で作ります。
Photo02

『ラム酒香るショコラのクグロフ』材料(14cmサイズの場合)

中種作り

・準強力粉       80g
(無い場合は強力粉と薄力粉を8;2でブレンドしても可。)
・お好みの酵母液    32g
(今回は酒種を使用。インスタントドライイーストの場合0.5gこの場合酵母液の水分も合わせて入れる。)
・水          32g

本捏ね

・中種                  全量
・強力粉                 80g
・キビ砂糖                20g
・ココアパウダー             8g
・アーモンドパウダー           8g
・塩                   3g
・バター                 16g
・カカオニブ               10g
・酵母液                 16g
・水                   35g
・ラム酒漬けナッツやドライフルーツ    60~80g

チョコガナッシュ

・チョコレート              20g
(カカオ分の低めのスイートなチョコレートがオススメです。)
・牛乳                  適量

『ラム酒香るショコラのクグロフ』作り方

1.下準備、お好みのナッツやドライフルーツを一晩以上ラム酒に漬けておく。(シナモンスティックや八角など入れるのもオススメです。)
Photo03
2. 中種をつくります。ボールに中種の全ての材料を入れ混ぜ合わせる。粉っぽさが無くなったところで生地を取り出し、なめらかなグルテン膜が出来るまで作業台で捏ねてゆきます。
3. 中種を2~3倍まで生地が”ふっくら”するまで発酵させます。
4. 本捏ね 塩とバター以外の材料を全てボールに入れて材料を混ぜ合わせる。
5. 粉っぽさが無くなったところでボールにラップを被せオートリーズを約20~30分取る。
(オートリーズという、生地の水和をする事で、ミキシング時の負担を取る事が出来ます。)
6. 生地に塩を入れて捏ねる。叩き捏ねを繰り返すことで、ベタついた生地からツヤと弾力のあるコシのある生地に仕上がっていきます。
7. ある程度までまとまってきたところでバターを入れる。しっかりとグルテン膜が出来ていることを確認したら、最後にカカオニブを入れて生地全体に均一に混ざるまで優しく捏ねる。
8. 表面がコシのある艶やかな表情になったらボールに生地を戻して一次発酵をさせる。
Photo04
Photo05
9. 一次発酵が終わったら、作業台の上に軽く打ち粉を行い、生地のガスを抜き、長方形の形に丸め直す。
10. ベンチタイムを取っている間に型に薄くバターやオイルを塗っておく(分量外)。
12. 約20~30分程経過し、生地の力が回復したところで生地の成形をする。めん棒で横25cmぐらいの長さに伸ばす。ラム酒漬けのナッツを散らし、大きなベーグルを作る要領で折りながら綴じ目を上にして生地を型に入れる。
Photo06
13. 型の8割程度まで二次発酵させる。35度の室温で約1時間半~2時間。
Photo07
14. 210度に予熱したオーブンに型をいれ210度10分、更に240度で15分間程度焼く。
(途中焦げそうな場合はアルミホイルを被せてあげてください。)
15. 焼き上がったら、少し落としす等のショックを与え型から外して粗熱を取ります。
16.上にかけるガナッシュを作ります。湯煎でチョコレートを溶かし、牛乳適量を様子を見ながら少しずつ加え溶きのばしていく。(チョコレートの緩さはすくったスプーンから筋がつくくらいのトロミがつくぐらい。)
17.最後にお好みで砕いたピスタチオなどのトッピングを乗せれば完成です。
Photo08

『ラム酒香るショコラのクグロフ』のポイント

※オーブンの温度は目安です。各自で調整して下さい。
※粗熱が取れてからカットして下さい。
※中種法はボリュームがありソフトな食感に仕上がります。またクグロフ型で焼き上げるのでしっとりとした食感に仕上がります。手間はかかりますが日持ちします。

レシピ/ kanabun
IMG_5697
お料理が大好きな学生。自然の恵を頂いた食材はキラキラとして美味しいこと。ココロとカラダに優しく美味しいお料理を。食学検定、パンシェルジュ検定3級。

instagram
かなぶん
@kana.bunchannnnnn

その他のおすすめ記事

冬至に食べたい『自家製酵母で作る南瓜のクグロフパン』

冬至に食べたい『自家製酵母で作る南瓜のクグロフパン』

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.01.28

新酒の季節はおいしい『酒粕』を楽しもう。お腹にもうれしい酒粕のパワー

2019.01.27

これだけで十分!作り置き調味料『ねぎ味噌』

2019.01.23

子どもと食べたい安心おやつ『きな粉プリン』

2019.01.23

旬食材『金柑』ー丸くて小さな、おひさま色のフルーツー

2019.01.20

暮らしにひと手間『自家製ラー油』を作ろう

2019.01.18

寒い日にぴったり。本当においしい『オニオングラタンスープ』

2019.01.15

餃子の皮で作る『焼き小籠包』

2019.01.11

牛すじを使ってみよう。基本の仕込み『牛すじの下茹で』

2019.01.09

1月の和菓子 「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2019.01.08

冬の香りを召し上がれ『柚子ジャムと柚子パウンドケーキ』

編集部おすすめ記事

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.28

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『26 小豆島、醤油トリップ』

2019.01.25

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

2019.01.25

ワクワクしながら盛り付けて 『器合わせのすすめ』

2019.01.21

日本の暮らしの言葉『寒仕込み』は日本酒の歴史から生まれた言葉

2019.01.17

冬の暮らしを楽しむ「スープのある食卓」

2019.01.16

日本一の山女魚で作る、世界に誇る『山女魚のアンチョビ』

2019.01.14

一生に一度の成人の日「成人」ってなんだろう?自分を振り返る機会に

2019.01.10

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2019.01.09

覚えておきたいおやつレシピ『ガナッシュケーキ』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2016.11.20

ほったらかしで大丈夫。干し野菜レシピ『干し大根をつかった作り置きおかず』

2017.06.16

子どもも満足!『苦くないオレンジピールの作り方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』