得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2018.02.15

旧正月っていつ?『世界の旧正月のお祝いと古典から感じる春』〜暮らしの歳時記〜

LINEで送る
Pocket

「旧正月」という言葉をご存知でしょうか。何かで読んで目にしたり、耳にした記憶はあっても、その日に何か特別な事をしたことがない方が多いと思います。旧正月の意味とそれにまつわるお話をご紹介します。

「旧正月」は太陰暦での1月1日

旧正月は太陰暦、いわゆる「旧暦」での1月1日を言います。つまり古い暦のお正月の事です。現在の暦は「グレゴリオ歴」と呼ばれる太陽の運行を元にした暦になっています。この暦に移行したのは明治6年1月1日からです。理由としてグレゴリオ歴を採用していた欧米諸国と暦が合わないため、という説もあるようですが大きな理由としては当時日本が財政難だったからなのだとか。

太陰暦は28日周期なので、閏年として13ヶ月ある年を挟んで一年の周期を調整します。実は明治6年はその閏年でした。その当時、明治政府は月給制に移行していため、太陰暦を使っていると1ヶ月分多くの給与を用意する必要があったのです。ですがグレゴリオ歴の明治6年1月1日は旧暦の12月2日になるため、そのタイミングで切り替えると明治5年12月分の給与の支払いを免れて翌年も12ヶ月になるという、政府にとって都合のいい条件が揃っていたからなようですよ。
2

旧正月は日本では廃れてしまった風習の一つ

政府はその発表を旧暦の11月9日(新暦にすると12月9日)に発表したため、翌年の暦を作っていた業者さんは大打撃を受けたそうです。また、新年までの期間をいきなり1ヶ月短くされたわけですから、新暦でのお祝いが出来ない家庭も多くあったのかもしれませんね。
新しい暦のお正月は、今までのお正月より1ヶ月程度早い時期になる事もあり、真冬の中で従来の準備が難しい物などもあった事と思います。そのため、大正頃まではお正月は旧正月のタイミングで行う事も珍しくなかったそうですよ。

ですが最近では日本では旧正月のタイミングでお祝いしているという話はほとんど見られません。特別に国が「お正月は新暦で行う」と定めたわけではありませんが、官公庁が新暦で動き、祝日もそれに連動しますので旧正月は平日となることが多いです。「休みを取ってまで旧暦で行う必要はない」と判断する人が自然と増えた結果のようですね。

中国では「春節」。アジア圏では新暦より旧暦が本番の国も

日本以外のアジアの各国でも、月の運行を元にした太陰暦を使っていた国が多いのです。実は中国、韓国、シンガポール、マレーシア、ベトナムなどでは旧暦の大晦日から一定期間が祝日とされています。一番長いのは中国で、旧暦大晦日から7日間が休日とされています。また、中国本土以外でも各国の中華街で「旧正月」とは言わずに「春節」と呼んで大々的にお祝いをしています。よくニュースなどでも取り上げられていて、爆竹を使ったり獅子舞ならぬ龍の人形が舞う様子などを目にしますね。ちなみに日本でも、国の祝日ではないのですが沖縄では旧正月をお祝いする風習が残っているそうですよ。
3

時代小説から「春の言祝ぎ」のイメージがわかる「旧正月」

ちなみに2018年の旧暦1月1日、「旧正月」は2月16日になっています。太陰暦は新暦と比べると毎年日付の動きが大きいので新暦で旧正月に当たる日は1月21日頃から2月20日頃にかけてと1ヶ月近く幅があります。現在の天体の運行では大体、1月下旬、2月中旬、2月上旬という感じで日付が動いているようです。

2017年→1月28日
2018年→2月16日
2019年→2月5日
※具体的にはこんな感じになっています。

今年の旧正月は2月16日ですが、この頃になると春の気配が感じられますね。昔、平安時代を舞台にした小説を読んだ時、お正月のエピソードで「皆は春だと言いますがまだ花の香りがしないので私は春とは思いません」という内容の和歌があり、恋人にしたプロポーズの返事を花の香り(春の訪れ)とかけてあったのですが、当時の私には「お正月なんて真冬なのに花の香りがするわけがない」と少し悩んだ記憶がありました。
1
後になって旧正月の時期を知り、早春の花が咲き始める時期がお正月に当たる事を知って、物語の登場人物たちの言うお正月の意味がぐっと身近に感じられました。一足早い春の頃、かつてのお正月の風景を想像してみるのも素敵ですね。

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

2月8日は『針供養の日』身近な道具「針」に感謝しよう〜暮らしの歳時記〜

2月8日は『針供養の日』身近な道具「針」に感謝しよう〜暮らしの歳時記〜

始まりは古代ローマから!?『知っておきたいバレンタインのコト』〜暮らしの歳時記〜

始まりは古代ローマから!?『知っておきたいバレンタインのコト』〜暮らしの歳時記〜

二十四節気の暮らし方『春を迎える日「立春」』この日にすると良いコトがある?

二十四節気の暮らし方『春を迎える日「立春」』この日にすると良いコトがある?

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.12.12

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2018.11.30

ワンボウルで混ぜるだけ『バナナとココナッツのパウンドケーキ』

2018.11.30

お掃除は『新聞紙』にお任せ!おうち掃除に役立つ使い方ご紹介

2018.11.28

【開催レポート】『クリスマスリース・ワークショップ』を開催しました!

2018.11.26

旬食材『牡蠣』ー 海のミルクと言われる栄養豊富な冬の味覚 ー

2018.11.25

甘みに驚き!レンジで時短『オニオングラタンスープ』

2018.11.23

人気の焼き芋をおつまみにアレンジ『焼き芋ゴルゴン』

2018.11.21

覚えておきたいおやつレシピ『酵母のスコーン』

2018.11.13

外はサクッ!中はフワぷりっ!『エビタラカツ と たくあんタルタル』

2018.11.12

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 19 整理整頓なんて』

編集部おすすめ記事

2018.11.30

旬の秋鮭をおいしく!『秋鮭の味噌漬け焼き』

2018.11.27

大きなツリーは飾れない!コンパクトに飾れる『おしゃれで可愛いミニツリー』

2018.11.22

【新連載】『第1話 山型食パン』akari’s life style

2018.11.21

どこに置いたらいいの?『調味料のベストな保存場所』

2018.11.20

11月の和菓子 かわいい動物をイメージした『亥の子餅』 

2018.11.14

秋の味覚、新米。いつからいつまでが新米?

2018.11.13

これだけは抑えておきたい大掃除!『家族の役割分担を決めて効率的に終わらせよう』

2018.11.09

子どもと楽しむクリスマス『英語で歌えたらかっこいいクリスマスソング』

2018.11.08

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2018.11.03

ヨーグルトの酸味とブラックペッパーがほどよいアクセントに 『柿と水切りヨーグルトとブラックペッパーのサンドイッチ』

月間人気記事

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.11.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2016.11.20

ほったらかしで大丈夫。干し野菜レシピ『干し大根をつかった作り置きおかず』

2017.08.30

みかんの栄養はビタミンだけじゃない!『知って得するみかんの成分と保存方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.04.24

子どもの遊びがさらに広がる『初めてのはさみの「正しい持ち方・使い方」』