知るコト知るコト
食のコト 2018.02.21

20代の間に身に付けておきたい一生もののお料理スキル③『計量器具をうまく使って味に迷わない、いつもの美味しいを作ろう』

こんにちは、どんぐりと山猫店主の吉岡です。

本日のケノコトコラムは、私が20代の間に身に付けてよかったと思うお料理スキル第3弾!
テーマは、「計量器具」です。

皆さんお料理をしていて、
なんか味が濃いなぁ〜
逆に今日はなんか味が薄い…

そんな風に味が迷うことってありませんか?

自分の美味しいがなかなか作れない・・・
いつも味に迷ってしまう・・・

そんな方にぜひ読んでほしいコラムです。

「計ってメモをする」だけでいつもの美味しいは必ず作れる

例えば大切な彼に手料理やお弁当を作ってみよう!っていう特別な日こそ、「いつもの美味しいを作りたい」と感じていらっしゃると思います。

私もズボラなので、あまりきっちり計って作ることってなかったんですが、去年から新しく作った発酵レシピは、
①必ずその時きっちり計量をする
②さらにそれをメモする

ようになりました✎

すると、そのときの「美味しい」を必ず再現できるし、忘れることもありません。
ただ「計ってメモをする」といういたって普通なんですが、それを料理で習慣にする大切さを最近さらに実感しています。

習慣にすれば手計・目計の味づくりに挑戦する

こんな風にして「計ってメモをする」料理の中でも、いつも作っているものだと手計・目計になったものもあるんです。

例えば「出汁作り
写真1
私はいつもお気に入りの雪平鍋を出汁作り専用のお鍋にしています。

この雪平鍋のいいところは目盛りがあるところ!お水の量もこれで大体の目安がとれます。また、いりこと昆布もいつも計っていると大体この量くらいだなというのが手計で分かるようになります。
なので、出汁をとるときはいつも手計・目計◎

習慣になっている料理では、こんな風に手計できちゃうのもおうちごはんの良いところです。
写真2
それから計り用のボウルというのを私はつくっています。
計りを使うときに毎回目盛りを0に戻すのが面倒くさいなぁ〜というズボラ発想から生まれたこの計り専用のボウル
これがなかなか便利なのです◎

例えばお菓子作りや何かの餃子やハンバーグなんかのタネ作りなど、計ることが必要な場面って料理をしているとでてきます。そんな時にもこのボウルを使って全部まとめて計って混ぜちゃうことも。笑

こんな風に計量器具をうまく使うと「いつもの美味しい」を作るために手間をかけるところがわかってきます。

「調味料を加えては味見をして悩む」
ことから、
調味料を計って味に迷わず作る

ための手間に変化させることができました!

家庭料理は加減と愛情で創りだす

写真3
ぜひ皆さんも

1.まずは計って味を作ること

2.それをメモすること

3.その美味しい味の習慣をつくること

4.慣れたら手計・目計で「いつもの美味しいを作る」こと

をお試ししていただきたいです。

発酵おうち朝ごはんの根っこの部分である家庭料理の醍醐味は、「スーパーで買えない味」であること。

心と胃袋は直結しています。
外食が続くと栄養は足りても、胃に疲れがたまり、それが心の欲求不満にも繋がります。そうすると、イライラに派生したり、肌荒れや、さらなる食の欲求にも繋がることになります。

家族や大切な彼、友人の年齢や好み、自分の好きな味に合わせて、愛情を込めて作る発酵おうち朝ごはんは、お金では決して買えない味です。
写真4
「料理は加減」
レシピは味見をしながら自分の好きな味に変えることで、自分オリジナルの美味しいを創ることができます!
味は買うものではなく、創るものだと私も山口飲食に出会ってから考えるようになりました。

その美味しいを創るための、
ひと手間を義務にしない

そして、
手間をかける場所を考えること
いい加減を創ること

こうやって上手く計量器具をつかうことで、簡単に「いつもの自分の美味しい」を創ること、そして心は決して抜かず、愛を込めて作ること。

そんなことを「発酵おうち朝ごはん」では、さらに深めてお教えしていきたいなぁと思っています。

計量器具覚書

最後に計量器具の覚書表を◯
私もよく忘れてしまうので、皆さんもこの記事を辞書みたいに使ってくれればと思います。

・小さじ1=5㎖=5㏄
・大さじ1=15㎖=15㏄
・1カップ=200㎖=200㏄=小さじ40=大さじ13・小さじ1
・1合=180㎖=180㏄=150g
・1升=1.8ℓ=1800㎖=1800㏄

*計量スプーン・カップでのg表記は計るものによって変わるので記載していません

ぜひ調理器具を使って、自分だけの「いつもの美味しい」を習慣化してみてくださいね。
20代の間に身に付けておきたい一生もののお料理スキル第4弾もお楽しみに。

記事/吉岡春菜
ライター情報写真
「どんぐりと山猫」店主。徳島在住の24歳です。
仕事で忙しい20代女性の方に向けて 「台所の発酵おうちごはんから自分と家族、彼や未来の子供のための 昨日よりちょっと丁寧で豊かな生活をつくるお手伝いがしたい」
そんな料理レッスンを準備中です。暮らしの雑貨や道具も取り扱う予定。
インスタグラムやブログで日々の暮らしや朝ごはんをお届けしています。

ホームページ
インスタグラム

その他のおすすめ記事

20代の間に身につけておきたい一生もののお料理スキル①『出汁の引き方』

20代の間に身につけておきたい一生もののお料理スキル①『出汁の引き方』

20代の間に身に付けておきたい一生もののお料理スキル②『旬を食べる理由を知る』

20代の間に身に付けておきたい一生もののお料理スキル②『旬を食べる理由を知る』

ズボラな私でも続く『朝ごはんから素敵な1日を始めるためのヒント』

ズボラな私でも続く『朝ごはんから素敵な1日を始めるためのヒント』

コメント

人気の記事

2020.10.01

乳・卵・砂糖フリー!優しいおやつ『甘酒クラッカー』

2020.09.30

おうちで手作り『基本の肉まん』

2020.09.29

秋を感じる!『ほくほく里芋ときのこの炊き込みご飯』

2020.09.26

秋の簡単おやつレシピ『かぼちゃのココナッツグラノーラ』

2020.09.25

伸びるチーズをパンにつけて!『南瓜のチーズフォンデュ』

2020.09.24

やっぱり定番秋の味覚『秋刀魚をつかった作りおきおかず』

2020.09.22

紫芋パウダーで簡単!『紫芋のプリン』

2020.09.21

やさしい暮らしのヒント『栄養のコト』8.秋と旬と胃腸の素敵な関係のコト

2020.09.21

離乳食にも◎優しい手づくりおやつ『さつまいももち』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

編集部おすすめ記事

2020.10.01

衣替えはどうして10月1日?『大切にしたい季節感のお話』

2020.10.01

作り置き常備菜シリーズ『アラで作ろう!ブリ大根』

2020.09.28

【七十二侯のコト】蟄虫坏戸 (むしかくれてとをふさぐ)

2020.09.25

旬の無花果を使った『無花果とくるみのトースト』

2020.09.25

魚と鶏の卵コンビは鉄板コンビ『明太子の出汁巻き卵』

2020.09.24

たかがお箸?されど大事なお箸!『毎日使うお箸で暮らしに潤いを』

2020.09.24

まろやかな甘みと酸味『たことミョウガのレモン塩麹炒め』

2020.09.23

日本の定番薬味「みょうが」、下処理方法を見直して、より美味しく味わおう

2020.09.22

塩焼きだけじゃない!さんまのアレンジレシピ「さんまと舞茸の和風パスタ」

2020.09.22

【七十二侯のコト】雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2020.09.19

十五夜にはウサギが餅つきをしているの?心にしみる「月うさぎ伝説」

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2016.01.22

茶色くなるのを防ぎたい食べ物、茶色くなることで美味しさが生まれる食べ物

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2019.08.15

レタス、ごぼう、春菊…知っていますか?『キク科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.04

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類