作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2018.02.24

和えるだけかんたん『いんげんゆかり和え』

LINEで送る
Pocket

あと1品ほしい時にすぐできるクイックレシピ。難しい味付けも不要ですよ。
いんげんゆかり和え_sub

『いんげんゆかり和え』の材料(約1人分)

材料
・いんげん3本(約30g)(写真はあらかじめ筋を取って下茹でしたもの)
・白だし 適宜(濃縮タイプを薄めず使用。今回使用分は小さじ1程度)
・ゆかり 適宜(今回使用分は小さじ1/2程度)

『いんげんゆかり和え』の作り方

1.いんげんはさっと洗って筋を取り、沸騰したお湯に塩少々(材料外)を加え、2~3分茹でておく。
 水に取り、色止めをして、キッチンペーパーなどで水気をよくふき取っておく。
いんげん下処理
いんげん下茹で2
いんげん水切り
(大きさが気になる場合はカットしても◎ 切り方はご自由に、斜め切りでも◎)
茹でいんげんカット
2.1.の下処理済のいんげん(写真はあらかじめ筋を取って下茹で後、カット済)に、白だしを少量(いんげん全体にまとわせる程度)加え、まんべんなくなじんだら、ゆかりを加えてさっと和えたら完成。
いんげん味付け1
いんげん味付け2

『いんげんゆかり和え』のアレンジ

いんげんゆかり和えに衣をつけて天ぷらにしても◎。
いんげんゆかり和え天ぷら_arrange

アレンジの材料(1人分)

アレンジ材料
A)天ぷら用の衣
・小麦粉(または天ぷら粉)大さじ3
・酢小さじ1
・水大さじ2杯半~3

・食用油 適宜(写真は大さじ3程度)

・ゆかり塩(食べる時にお好みで)

アレンジの作り方

1.A)の衣を作る。最初に小麦粉(またはてんぷら粉)をポリチャック袋(またはビニール袋など)に入れ、次に酢、その次に水を少しずつ加え、さっと混ぜる。(酢を少量加えることによって、グルテン(粘り成分)の生成を抑え、衣がサクサクに仕上がります)
天ぷら下準備1
天ぷら下準備2
2.あらかじめ作っておいたA)の衣に、いんげんゆかり和えをポリチャック袋(またはビニール袋)に入れ、チャック(または上部)を閉じて、袋の上から軽くゆすりながら全体に衣を行き渡らせる。
天ぷら下準備3
3.深さがあるフライパンに油を熱し、160~170℃になったら(油の温度は鍋の底につかないように菜箸を入れ、出てくる泡の様子で次のように判断してください。160~170度…菜箸の先から細かな泡が出る)、あらかじめ衣と和えた いんげんゆかり和えを揚げ焼きにしていく。
揚げ焼き油
ゆかりいんげんてんぷら
一度にたくさん入れると油の温度が下がりやすいので、2~3本ずつ様子をみながらくっつかないように少し離して入れていくと◎(衣がフライパンにくっつきそうな場合は、少しフライパンを傾けながら両面をひっくり返して揚げ焼きにしてください。(浅いフライパンで傾けて揚げようとすると引火などの原因になり危ない為、深めのフライパンで作ることをおすすめします))
全体がカラッと揚がり、色づいてきたら引き上げて、天紙などを敷いたお皿に盛り付けたら完成。

お好みでゆかり塩を加えても◎
(ゆかりに塩少々加えたもの。既に塩が含まれているものは入れなくても◎)
ゆかり塩

『いんげんゆかり和え』のポイント・コツ(共通)

・いんげんは下茹で後、しっかり水気を切ってから味付けしてください。
 白だしの量も少量ずつまとわせる程度で。
 (濃縮タイプを使用する場合は薄めずごく少量ずつ様子を見ながら加えると◎)
・ゆかりの塩気が強い場合も様子を見ながら少量ずつ加えて味付けしてください。
 ゆかりの塩味が強そうであれば、先にゆかりを加えてから、白だしの量を調整しても◎
・いんげんは茹でても蒸しても◎(レンジ加熱するとより時短で作れます。)

『いんげんゆかり和え』のアレンジレシピのポイント・コツ(アレンジ)

・いんげんゆかり和えはできるだけ水気を切ってから天ぷら衣と合わせてください(水分が多いと油ハネなどの原因になります)
・油の量は目安です。フライパンの大きさに合わせて加減してください。(深めのフライパンで揚げ焼きすることをおすすめします。)
・お好みでゆかり塩を加えても◎

レシピ/ochaya3(ochaya_obento)
img_2945-2
ふだんは会社員、ときどきフードコーディネーター。
日々のお弁当や暮らしの一部をInstagramで更新中。

お弁当:https://www.instagram.com/ochaya_obento/

お弁当以外:https://www.instagram.com/ochaya3

その他のおすすめ記事

揚げ焼きでかんたん『いんげんとおくらの磯辺焼き』

揚げ焼きでかんたん『いんげんとおくらの磯辺焼き』

基本のおかずからアレンジおかず 『蒸しいんげん編』

基本のおかずからアレンジおかず 『蒸しいんげん編』

和風ピクルスでつくる『そぼろちらし寿司』

和風ピクルスでつくる『そぼろちらし寿司』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.09.08

二十四節気の暮らし方 「朝晩涼しくなってくる『白露』」秋の始まりを意識してみよう

2018.09.05

秋の簡単おやつレシピ『かぼちゃのココナッツグラノーラ』

2018.09.03

日本の暮らしの言葉『昔の暦、月齢ごとの月の名前』〜長月の暮らし〜

2018.09.02

お弁当におすすめ!なすとごぼうを使った『作り置きの常備菜』

2018.09.02

いつもの道具をサッと簡単お手入れ『調理器具のお手入れのコツ』

2018.08.31

おじいちゃんおばあちゃんに喜ばれる!敬老の日の贈り物『フラワーフォトフレーム』

2018.08.24

夏の終わりにおいしい冷茶でほっと一息『冷たい緑茶の楽しみ方』

2018.08.15

日本の暮らしの言葉『夏真っ盛り「暑さ」と「涼しさ」を表す言葉たち』~葉月の暮らし~

2018.08.14

クリーム溢れる!ふわっ、しゅわっ『生シフォンケーキ』

2018.08.13

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『08 梅シロップのジンジャエール』

編集部おすすめ記事

2018.09.08

アレンジ自在『つるむらさきのごま和え2種』

2018.09.01

【ケノコトInstagram企画】9月の「日常のコト」を『#長月のコト』で投稿しよう

2018.08.31

残暑を楽しむ!エヌアセットおすすめ『溝の口周辺おでかけスポット』

2018.08.17

作り置き常備菜シリーズ『レモン酢シロップ』

2018.08.07

レトロな喫茶店風『昔ながらのたまごサンド』

2018.08.07

家にある鍋を有効活用しよう!使い方によって調理時間も料理のおいしさも変わる『鍋』

2018.08.07

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「かぼちゃ」の常備菜』

2018.08.04

ひんやり冷やして大人のデザート『ピンクの桃のポタージュ』

2018.08.01

【ケノコトInstagram企画】8月の「日常のコト」を『#葉月のコト』で投稿しよう

2018.07.28

まぐろレアステーキとアボカドをサラダ丼仕立てに『まぐろステーキアボカドサラダ丼』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』