知るコト知るコト
食のコト 2018.02.28

20代の間に身に付けておきたい一生もののお料理スキル④『天気や気分に合わせて、食べる人のからだを気遣う献立を知ろう』

こんにちは、どんぐりと山猫店主の吉岡です。

今回のお葉書ブログは、私が20代の間に身に付けてよかったと思うお料理スキルのご紹介です。
テーマは、「天気や気分に合わせて、食べる人のからだを気遣う献立」
写真1

お天気の変化を読み取る力をつけるとイイコト

例えば、夏の暑い日に体を動かしたときと、雨が降っている日に読書をした日では、体の欲する塩分量はどちらが多いでしょうか?
断然、夏の暑い日に体を動かしたときのほうが、汗もたくさんかきますので、雨の日の読書をした日よりも体は塩分を欲しています。

なので、食べる人のその日の予定や気分、体の変化によって、塩分量を調整するのも、発酵おうち朝ごはんで大切なこと。
例えば、お味噌汁一つでも、夏の運動の多い日は、塩分の多い赤みそをつかったり、寒い冬の日は白みそや酒かすを取り入れるなどの、食べる人の体を気遣うひと工夫が大切です。
写真2
他にも、私は曇りの日や雨の日など、気圧が下がる日には何となく体が重く、片頭痛もひどくなることがあります。
そういった気圧の谷の日は、血の流れが遅く、消化が鈍くなり、何となく気分が重くなる。また食欲も落ち、体の動きものろくなりがちになる方も多いようです。

そんな時には、消化のいい野菜や、お魚、汁物がおすすめです。
消化の時間のかかる、かたまりのお肉や乳製品、油っぽいものは避けた方がよいかと思います。

「今日は豚肉にしよう!」
とお買い物をした後に、雨がザーザー降りだしたら、消化しやすいようにお肉の脂肪は避けてミンチにしたり、温かい汁物に変えたりする、一手間の愛情を献立にすることが大切なんです。

このように私たちの体は、見えないところで自然と結ばれています。
だから、季節や天気、気分に合わせて、家族や彼、友達、そして自分。そんな食べてもらう人の体を気遣う献立を私たちがお医者さんのように作ることが大事だと思っています。

台所に立つ私たちがお家のお医者さんになろう

写真3
春には桜やチューリップなど、いたるところに美しい花が咲いて、気候も温かくなって、山菜や筍などアクの強い食材が取れるようになります。

夏にはひまわりが咲いて、木も青々として、キュウリやトマトなど水分の多い野菜が旬を迎えます。
写真4
また秋には、青かった木々もだんだん紅葉していき、気温もだんだん下がってきます。お芋やカボチャ、さんまなど美味しい食材がどんどん増える季節ですね。

そして冬には、雪が降り、春に向けて木々も冬眠し、雪の下には新しい春に向けて芽を吹きだします。温かい食べ物や大根、白菜、ぶりなどの食材も美味しい季節になります。

そんな風に有難いことに日本には春夏秋冬の季節が存在します。
それって日本人であることの何よりの誇りなんじゃないかなと。
写真5
自分が家庭のお医者さんになることって、案外簡単なことなんです。
窓の外やカレンダーを見て季節を感知すること、空を眺めたり、予定をみながら、食べてもらう人の顔を思い浮かべること。そして今日のごはんを考える。

家庭の料理は、おなかや欲を満たすだけでなく、食べてもらう人の体と心を整え、明日の元気をつくるものなんです。

そしてそれは、私でもできること。
こんなズボラな24歳の私でもできるんだから。誰にだってできることなんです。

少しの手間と愛情と食べてもらう人への思いやりで、スーパーでは買えない自分だけの家庭料理は作られます。
日常のさっと作れる発酵おうちごはんをぜひ朝ごはんから取り入れてみてください!

そんな季節や天気、食べてもらう人に合わせた手計の味を、発酵おうち朝ごはんでは推進しています。
料理本やインターネットにあるレシピでは出せない家庭の味を、発酵おうち朝ごはんで一緒に作っていきましょう!

そんなことをお伝えしている発酵おうち朝ごはんレッスンを絶賛準備中です。

「今日の天気はどうかな?」
そんな朝から発酵おうち朝ごはんを一緒に始めてみませんか?

ハッシュタグは≪ #発酵おうち朝ごはん ≫です。
明日も朝ごはんから良い日にしよう!

記事/吉岡春菜
ライター情報写真
「どんぐりと山猫」店主。徳島在住の24歳です。
仕事で忙しい20代女性の方に向けて 「台所の発酵おうちごはんから自分と家族、彼や未来の子供のための 昨日よりちょっと丁寧で豊かな生活をつくるお手伝いがしたい」
そんな料理レッスンを準備中です。暮らしの雑貨や道具も取り扱う予定。
インスタグラムやブログで日々の暮らしや朝ごはんをお届けしています。

ホームページ
インスタグラム

その他のおすすめ記事

20代の間に身につけておきたい一生もののお料理スキル①『出汁の引き方』

20代の間に身につけておきたい一生もののお料理スキル①『出汁の引き方』

20代の間に身に付けておきたい一生もののお料理スキル②『旬を食べる理由を知る』

20代の間に身に付けておきたい一生もののお料理スキル②『旬を食べる理由を知る』

20代の間に身に付けておきたい一生もののお料理スキル③『計量器具をうまく使って味に迷わない、いつもの美味しいを作ろう』

20代の間に身に付けておきたい一生もののお料理スキル③『計量器具をうまく使って味に迷わない、いつもの美味しいを作ろう』

コメント

人気の記事

2020.10.01

乳・卵・砂糖フリー!優しいおやつ『甘酒クラッカー』

2020.09.30

おうちで手作り『基本の肉まん』

2020.09.29

秋を感じる!『ほくほく里芋ときのこの炊き込みご飯』

2020.09.26

秋の簡単おやつレシピ『かぼちゃのココナッツグラノーラ』

2020.09.25

伸びるチーズをパンにつけて!『南瓜のチーズフォンデュ』

2020.09.24

やっぱり定番秋の味覚『秋刀魚をつかった作りおきおかず』

2020.09.22

紫芋パウダーで簡単!『紫芋のプリン』

2020.09.21

やさしい暮らしのヒント『栄養のコト』8.秋と旬と胃腸の素敵な関係のコト

2020.09.21

離乳食にも◎優しい手づくりおやつ『さつまいももち』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

編集部おすすめ記事

2020.10.01

衣替えはどうして10月1日?『大切にしたい季節感のお話』

2020.10.01

作り置き常備菜シリーズ『アラで作ろう!ブリ大根』

2020.09.28

【七十二侯のコト】蟄虫坏戸 (むしかくれてとをふさぐ)

2020.09.25

旬の無花果を使った『無花果とくるみのトースト』

2020.09.25

魚と鶏の卵コンビは鉄板コンビ『明太子の出汁巻き卵』

2020.09.24

たかがお箸?されど大事なお箸!『毎日使うお箸で暮らしに潤いを』

2020.09.24

まろやかな甘みと酸味『たことミョウガのレモン塩麹炒め』

2020.09.23

日本の定番薬味「みょうが」、下処理方法を見直して、より美味しく味わおう

2020.09.22

塩焼きだけじゃない!さんまのアレンジレシピ「さんまと舞茸の和風パスタ」

2020.09.22

【七十二侯のコト】雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2020.09.19

十五夜にはウサギが餅つきをしているの?心にしみる「月うさぎ伝説」

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2016.01.22

茶色くなるのを防ぎたい食べ物、茶色くなることで美味しさが生まれる食べ物

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2019.08.15

レタス、ごぼう、春菊…知っていますか?『キク科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.04

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類