知るコト知るコト
教育・子育て 2018.03.09

小学校入学後にはだかる『小1の壁』の上手なのりきり方

もう4月はすぐそこ。お子さんが小学校へ進学するご家庭では、『小1の壁』という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?主に共働きやひとり親世帯の家庭において、子育てと仕事の両立が難しくなることを指しています。
実際にどのような壁があるのか、お子さんの入学前に不安を抱えているご家庭は多いかもしれません。我が家でも経験した『小1の壁』。子どもとの時間を大切にしながら、そしてフラワーアレンジメントの講師としての仕事を続けながらどのように乗り越えたのかを、レッスンに来られる生徒さんたちにお伝えしています。
お子さんが安心して学校生活を送るために、入学前の今、自分のライフスタイルに合わせた対処方法を考えてみてはいかがでしょうか?
pic1

登校時間と下校時間

小学校は、保育園に比べて遅い時間の登校になる場合があり、そして早い時間の下校になります。登校時間の前に親が家を出なければならない場合は、方法を考える必要があります。鍵を持つことを少しずつ始めることも必要かもしれませんが、まずは同じようなご家庭を見つけるという方法もあります。お友達がいれば、少し早く登校しても一緒に過ごすことができますね。また下校時間で言えば、公的な学童保育では通常18時で終わってしまうところも多く、終了時間までに迎えに行けない場合はファミリーサポートや民間の学童保育に預けるなど、子どもの居場所を準備しておく必要があります。自分の働き方と学校生活のリズムを照らし合わせ、複数の選択肢を準備しておくと安心です。

平日の学校行事への参加

授業参観や個人面談、保護者会やPTAのお手伝いなど、保護者が日中に学校を訪れなければならない親の参加すべき学校行事が増えます。保育園の時は土日に行われていた行事が、小学校では平日に行われることが多くあります。年間を通して休みがどれくらい必要になるのか、半日休暇、または一日休暇なのか、事前に確認しておくことをおすすめします。学校行事での休みと合わせてバランスよく年間の休みを計画できたり、前もって職場との調整ができることで仕事を進めやすくなったりすることもあるでしょう。学校行事を忘れていて休みを取れなかった、取りづらいということにならないよう気をつけたいですね。
pic2

突然やってくる学級閉鎖

インフルエンザのような感染症が流行る季節には、お子さんが感染していなくても学級閉鎖になることがあります。学級閉鎖の場合に学童保育へ預けることが出来るのかは、事前に確認が必要です。通常通り放課後の時間帯からは預かってくれる場合でも、学童保育が始まるまでの間は、お子さんがひとりで過ごすことになります。仕事の休みがとれない場合を考えて、急な場合にも対応もしてくれるサポートサービスを探しておくことが必要です。

子どもの心のケアも大切に

小学生になったからと言って子どもが急に成長するわけではありません。『小1の壁』というと保護者の大変さが注目されがちですが、お子さんにとっても大きな変化がある一年です。重たいランドセルを背負って登下校するだけでヘトヘトなうえに、生活リズムが変化する事でストレスを感じて体調をくずすこともあります。小学校に慣れることに時間がかかる子どもには、心のケアが必要な場合もあります。そんな時は人の手を借りてでも、じっくりとお子さんと向き合う時間を持つことが必要ではないでしょうか。
pic3

働き方を柔軟に、そして周囲の人に助けてもらう

理想を言えば、今まで通りに働きたい。そう考えるかたは多いかもしれません。しかし、他の学年への進級に比べて、保育園から小学校入学への生活の変化はとても大きいものです。
小学校に入ってからの一年間は時短勤務にすることが出来ないか、勤め先に確認してみるのも一つの方法でしょう。また、似た状況の家庭が利用している施設やサービスについて情報収集し、事前登録が必要な場合は、春休み中に済ませておきましょう。
近所のママ友や親族などには、もしもの時には助けてほしい事も伝えておくことをおすすめします。お子さんが困っている様子を見かけた時に声をかけてくれるご近所のママ友は、お子さんにとっても安心で心強い味方となってくれるはずです。

『小1の壁』は、事前の準備で乗り越えられることがほとんどです。新しい生活に慣れるまではお子さんの心のケアも忘れずに、そして家族で協力し合いながら柔軟に対応していきましょう。

文/フラワーデザイナー 大澤 明香
ブログはこちら
記事/ママトコタイム
12636930_10208848790483829_714750486_o
「ママトコタイム」は、小さなお子さんと一緒に美容院などに行ける無料保育サービス。
店舗が定期開催する「ママトコタイム」に子連れで来店すると、その場でプロによる保育を利用できます。
ママになったら諦めるのではなく、ママになっても『できる!』社会をめざし、家族の笑顔を増やしていく取り組みを進めています。

ママトコタイム開催店舗などの情報はこちら

ママトコタイムFacebookページ

その他のおすすめ記事

子どもの学校の友人関係で『親ができるサポート』

子どもの学校の友人関係で『親ができるサポート』

新たなステージへ進む我が子と共に『手作りコサージュとお揃いのヘアアクセサリー作り』

新たなステージへ進む我が子と共に『手作りコサージュとお揃いのヘアアクセサリー作り』

チョコが苦手なパパへのバレンタイン『親子で作るフラワーアレンジメント』

チョコが苦手なパパへのバレンタイン『親子で作るフラワーアレンジメント』

コメント

人気の記事

2020.11.25

編集部がえらんだ かぼちゃを使ったお役立ちレシピ集

2020.11.24

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2020.11.23

風邪に負けない!子どもが喜ぶ『元気メニューで栄養をつけよう』

2020.11.21

とまらない美味しさ!『小あじとセロリのかぼす南蛮漬けサラダ』

2020.11.20

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2020.11.20

便秘改善・冷え性に!栄養満点かぼちゃスイーツ『パンプキンモンブラン風パフェ』

2020.11.19

甘みに驚き!レンジで時短『オニオングラタンスープ』

2020.11.19

ワンボウルで混ぜるだけ『バナナとココナッツのパウンドケーキ』

2020.11.18

簡単!秋のおやつに『アップルクランブル』

2020.11.15

唐揚げに飽きたら…子どももリピート『オーロラチキン』

編集部おすすめ記事

2020.11.25

ママは真剣子どもは不安『楽しく歯磨き習慣をつけるコツ』

2020.11.25

編集部がえらんだ かぼちゃを使ったお役立ちレシピ集

2020.11.24

もともとは工業製品『マスキングテープがかわいい雑貨になった理由』

2020.11.24

コクと旨味のバランスおかず『ごぼうの甘酢煮』

2020.11.23

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2020.11.23

濃厚ソースで食べ応え抜群!『お豆腐ステーキ~ピーナッツソース和え~』

2020.11.22

とろっと美味しい!秋に食べたい『里芋コロッケ』

2020.11.22

【七十二侯のコト】第五十八候「虹蔵不見」

2020.11.22

ブロック肉もホロホロに『豚肉とネギのジンジャースープ』

2020.11.21

旬野菜でダイエット&アンチエイジング!『冬は大根1本丸ごと食べよう』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.13

話題の万能調味料『レモン塩麹』をつくってみよう

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』