知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

教育・子育て 2018.03.16

発達障害ってなぁに?シリーズ その2『困った行動をこんな風にみてみよう!』

LINEで送る
Pocket

「発達障害ってなぁに?」の1回目では、「誰もが発達障害と言えるかもしれない」「その子の困り感に思いを馳せることが大切」、そして「発達障害を理解することは、人を本当に理解する旅にでること!」とお伝えしました。
では2回目は、学校でよくある困った行動を具体例に、一緒に旅に出てみましょう。私が接した子どもたちが、どのように考え、どのように困り、その結果どのように困った行動に至ったのか思いを馳せてみます。

学校で先生たちが困るのは「授業中の離席とおしゃべり」

今回は子どもたちの「授業中の席の立ち歩きとおしゃべり」を例にとって考えてみたいと思います。それは先生たちからの相談の中で一番多い困りごとだからです。
でも、先生も困っているけど、子どもだって困っています。その理由に思いを馳せ理解したとき、「へぇ~!」と思わず唸ってしまうこともあります。実はこの「へぇ~!」に出会えたときが、私の心が一番震えるときです。では、私の心震えたときのいくつかをご紹介しましょう。

「え?そうなの!?」私の言葉にびっくりのA君 

担任の先生から「授業中に勝手に後ろに行って、自由なことをしてしまう」ということで、私のところにきた低学年のA君。なんとも礼儀正しく受け答えもしっかりしていて、先生の話が間違いなのでは?と思うほど。とりあえず「ねぇ、なんで授業中に後ろに行って好きなことするの?」と聞いたら、「おりがみしたいからです」とのこと。ほぉ、なるほど。「でも授業中だから、座って先生のお話きいたりしないとねぇ」と言うとピンとこない顔。そこで「先生がお勉強教えているときに、みんなが好きなこと始めちゃったらどうなっちゃう?」と聞いたら、「学級崩壊ですね…」の一言!A君、ここで初めていろんなことが見えてきたのです。「授業中は先生の話を聞いて勉強する」それは全ての子どもたちにとって当たり前のことではないのです。自分がしていることが周りにどう影響しているか、説明されないとわからないこともあります。このA君、この日以降一切立ち歩かなくなりました。先生もいろんな場面で丁寧に説明することを心がけているようです。
pic1

勉強がつまらないB君

お母さんが「寝耳に水なんです!」と言う低学年B君の話。それまで何の問題もなかったのに、急に学校で「発達障害なのでは?」と言われたとのこと。先生に話を聞くと「授業中全く集中していない、授業中のおしゃべりがひどい、答えをすぐに言ってしまう、やることが遅い」と出るわ出るわ。早速、B君に来てもらって色々調べてみるとIQがとても高い。でも、単純な課題には全然乗ってこないのです。少しひねってあったり、難易度が高かったりすると急に前のめり!自分の興味のあることは見えるし、聞けるけど、興味がないとわかると一転、何も見えない(見ない)、聞こえない(聞かない)のです。これでは、学校の授業に集中するのは難しいはずです。ほぉ、なるほどです。最後に「ねぇ、B君。学校の勉強、もしかしてつまらない?」と聞くと、「なんで知ってるの!?」と目を輝かせるのでした。
pic2
先生に話をすると、棚のすぐ横の席に移動し、そこに彼の興味をもちそうな算数の問題プリントを置いてくれました。つまらなくて友達とおしゃべりしそうになると、自分で取り出してやっているようです。
「やることが遅い」というのは、きっと彼の「興味があること以外、見えない・聞けない」という特性から来るもの。それも周囲がわかれば、きつく叱責することもなく、「あぁ、今は仕方ないのね。」というスタンスで先生は接しているようです。

子どもの数だけ理由がある

ここではたった2つしかご紹介できませんでしたが、困った行動には必ず理由があります。座っているとお尻が猛烈にかゆくなる…って子もいたなぁ。低学年で怒られすぎて、もう先生に対する信頼がなくなり本当に学級を壊したいという理由もあります。そしてその理由は私たちの「ふつう」に収まらない、想像の範囲ではないことが多いのです。周囲の大人がどれだけ想像力たくましく、子どもの困り感に向き合えるのかがとても大切なことです。
次回はもう少し身近に、家庭での困った行動に思いを馳せてみましょう。

文/臨床発達心理士 三浦 静
記事/ママトコタイム
12636930_10208848790483829_714750486_o
「ママトコタイム」は、小さなお子さんと一緒に美容院などに行ける無料保育サービス。
店舗が定期開催する「ママトコタイム」に子連れで来店すると、その場でプロによる保育を利用できます。
ママになったら諦めるのではなく、ママになっても『できる!』社会をめざし、家族の笑顔を増やしていく取り組みを進めています。

ママトコタイム開催店舗などの情報はこちら

ママトコタイムFacebookページ

その他のおすすめ記事

発達障害ってなぁに?シリーズ その1『誰だって発達障害!?』

発達障害ってなぁに?シリーズ その1『誰だって発達障害!?』

『担任の先生と話していますか?』先生とのコミュニケーションで子どもを見守ろう

『担任の先生と話していますか?』先生とのコミュニケーションで子どもを見守ろう

子どもの教育に悩むママへ『考え方の転換で変わる育児』

子どもの教育に悩むママへ『考え方の転換で変わる育児』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.07.16

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『06 発酵のあるくらし』

2018.07.13

レンジで簡単!『トマトの杏仁豆腐』

2018.07.12

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2018.07.12

アウトドアに欠かせない!『キャンプや登山で押さえておきたい防虫対策』

2018.07.07

二十四節気の暮らし方「暑さが段々本格的になる『小暑』」時には暑さを楽しもう

2018.07.05

火を使わずに簡単おいしいおつまみ『おくらとクリームチーズのおかか和え』

2018.07.03

七夕に作ろう!『エビマヨのエスニック天の川そうめん』

2018.07.02

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『04 グラノーラ』

2018.06.29

季節の行事を楽しむ『七夕のテーブル』

2018.06.28

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

編集部おすすめ記事

2018.07.14

健胃、ダイエットにも!『キャベツとグレープフルーツのビューティージュース』

2018.07.13

だしがらでもう一品『しっとりふりかけ』

2018.07.13

忙しいママでも簡単に!『ちょい足しメイク』でいつもと違う私に

2018.07.12

甘酸っぱい旬の果実で『プラムのクラフティ』

2018.07.10

カルダモンホールで作る『チャイプリン』

2018.07.09

100年後を想像して、溝の口らしい街つくりに取り組む会社 株式会社NENGOの『PORTER’S PAINTS』とは

2018.07.04

アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス…どうして違うの?『アイスの名前』

2018.07.03

下準備と手入れがポイント!長く楽しむための『花の生け方』

2018.07.02

清掃活動を通じて街を面白く『グリーンバード溝の口チームが作る、新しい地域コミュニティの形』

2018.07.01

【ケノコトInstagram企画】7月の「日常のコト」を『#文月のコト』で投稿しよう

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.08.01

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「じゃがいも」の常備菜』

2016.08.21

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』