知るコト知るコト
ファッション 2018.03.13

着物はじめてさんの知りたいコト『お彼岸にチェックしたい和装の喪服その2』

春のお彼岸シーズンを迎えます。気候が安定した頃合いでお彼岸と合わせて法事が行われたりする事も多い時期ですね。仏事回りのフォーマルの他、和装に関わる物を点検する良い機会です。

仏事に欠かせない念珠(数珠)とその意味

お彼岸にお墓参りやお仏壇参りする時は、和装でなくとも必要になる事が多い念珠(数珠)
念珠も数珠も若干意味合いは違いますが同じ物です。お寺の宗派によって決まっている数珠(本式数珠)と宗派に関わりなく使える「略式数珠」があります。お付き合いで行く葬儀やお参りの場合は略式数珠でもよいそうですよ。できればお家の宗派に合わせて本式数珠を持つのが良いのですが現在では略式数珠を使っている方が大半だそうです。

ただ、注意したいのが数珠は本来1人1人専用の物を持つのが正しいとされています。数珠によって持ち主と御仏の縁を繋ぐとされているのだそうですよ。もし「家にあった物を適当に使っている」「おばあちゃんの物を借りている」という事であれば自分専用の物を持つ事をおすすめします。
1

数珠の買い方、処分の仕方、修理するには

数珠が欲しいと思った場合、本式数珠の場合はまず自分の家のお寺の宗派を調べて、専門店や仏具店に相談するのがベストです。Webショップでも本式数珠を扱っているお店は多くありますので宗派、予算と男性用か女性用かなどを伝えて見積もりしてもらうとよいでしょう。
お店で買うほか、「授与品」として数珠を取り扱っているお寺もあります。注意したいのはお寺の授与品でも数珠としては使えないブレスレットタイプの「腕数珠」である事がありますので、購入する場合は房がついている物を選びます。わからない場合は「お仏壇参りなど、仏事に使える物か」という事を確認して購入してください。また、最近ではFaxやEメールなどで注文すると代引き決済を利用して数珠を送ってもらえるお寺もあります。

亡くなった家族の数珠がお仏壇に残っていて困っている場合などは「数珠供養」に出されるのがおすすめです。数珠の販売店が取り次ぎして下さる所もありますし、京都の赤山禅院では毎年11月23日に数珠供養を行う際、供養料を添えた郵送でも受け付けてもらえるようですよ。

珠数供養|京都珠数製造卸協同組合
詳しくはこちら

また、数珠が切れる事がありますが、縁起が悪い事ではないので珠が揃っていれば修理して再び使う事ができます。この場合もやはり仏具店や数珠の専門店に持ち込んで相談してみて下さいね。

必要な時に困った事になりがちな草履と和装バッグ

仏事で起きやすいトラブルがあるのですが、ご存知でしょうか?
和装で仏事に参列する機会が少ない人が多く、知らない人も多いのですが、「草履の底剥がれ」が起きやすいのです。草履は安い物ならもちろん、そこそこのお値段の物でも作られてから何年も経つと劣化して底がダメになってしまう事が多いのです。特に仏事の草履はしまい込まれたままで見た目が綺麗な物が多いので、いざ必要になっても履くまでわからない事が多いのですが、突然底がめくれてしまうケースがあります。もし仏事用の草履をお持ちの方はやはりお彼岸など、気候のいい時期に出して見て状態をチェックする事をおすすめします。特に、底に大きなステープラーの針が打ち込まれた感じの物の場合、このタイプの耐用年数はかなり短いと思った方が良いと思います。
ちなみに、もし草履がダメになっていたのに気付いたのが葬儀当日だった場合などは、草履だけ用意してもらえるケースが殆どですので慌てずに葬儀屋さんに相談してみましょう。ただしレタンルの物はあまり高級感がない物である事も珍しくありませんので高級な喪服との釣り合いが取れない…という事もあります。
2
もう一点が、ブラックフォーマルのバッグのトラブルです。あまり使わないので必要になって出して見たら気がつかなかった汚れにカビが生えて白いシミが出来ていたり、うっかり入れっぱなしにしていた物のせいで中が汚れていたり…という事もあります。
また、フォーマルバッグは小さい物が多いのですが数珠に傷がつきやすいので「数珠袋」を持っておくと数珠の保護にもなりますし、見た感じも素敵です。数珠袋は金襴の豪華な物もありますが、ちりめん素材に刺繍の入ったかわいらしい物もあります。大きなお寺では綺麗な織の布の物がお土産物になっている事もありますのでチェックしてみるのも楽しいですよ。
フォーマルバッグも痛みがあったりくたびれたりしていたら買い換えするなど、持ち物チェックの習慣を年中行事に入れておくといざという時慌てなくて済み、安心ですね。

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

着物はじめてさんの知りたいコト『お彼岸にチェックしたい和装の喪服その1』

着物はじめてさんの知りたいコト『お彼岸にチェックしたい和装の喪服その1』

初詣やちょっとしたお出かけに…『普段着の着物デビューに必要なコト』

初詣やちょっとしたお出かけに…『普段着の着物デビューに必要なコト』

普段着の和服ってどんな柄?『知っておきたい着物の基本知識』

普段着の和服ってどんな柄?『知っておきたい着物の基本知識』

コメント

人気の記事

2020.11.25

編集部がえらんだ かぼちゃを使ったお役立ちレシピ集

2020.11.24

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2020.11.23

風邪に負けない!子どもが喜ぶ『元気メニューで栄養をつけよう』

2020.11.21

とまらない美味しさ!『小あじとセロリのかぼす南蛮漬けサラダ』

2020.11.20

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2020.11.20

便秘改善・冷え性に!栄養満点かぼちゃスイーツ『パンプキンモンブラン風パフェ』

2020.11.19

甘みに驚き!レンジで時短『オニオングラタンスープ』

2020.11.19

ワンボウルで混ぜるだけ『バナナとココナッツのパウンドケーキ』

2020.11.18

簡単!秋のおやつに『アップルクランブル』

2020.11.15

唐揚げに飽きたら…子どももリピート『オーロラチキン』

編集部おすすめ記事

2020.11.25

ママは真剣子どもは不安『楽しく歯磨き習慣をつけるコツ』

2020.11.25

編集部がえらんだ かぼちゃを使ったお役立ちレシピ集

2020.11.24

もともとは工業製品『マスキングテープがかわいい雑貨になった理由』

2020.11.24

コクと旨味のバランスおかず『ごぼうの甘酢煮』

2020.11.23

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2020.11.23

濃厚ソースで食べ応え抜群!『お豆腐ステーキ~ピーナッツソース和え~』

2020.11.22

とろっと美味しい!秋に食べたい『里芋コロッケ』

2020.11.22

【七十二侯のコト】第五十八候「虹蔵不見」

2020.11.22

ブロック肉もホロホロに『豚肉とネギのジンジャースープ』

2020.11.21

旬野菜でダイエット&アンチエイジング!『冬は大根1本丸ごと食べよう』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.13

話題の万能調味料『レモン塩麹』をつくってみよう

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』