作るコト作るコト
料理 2021.04.02

お花見に、ピクニックに♪春の味わい『イタリアン豆ごはんむすび』

ポカポカと暖かい陽気が続きますね。
いいお天気の日には心もウキウキ♪時間をかけずにできるお弁当と飲み物を持ってすぐにお出かけしたいもの。
そんな日にぴったりなおかずいらずの冷めても美味しいおむすびはいかが。
見た目も華やかで片手で食べやすく、ワインにもビールにも良く合います。
シンプルで美味しい豆ごはんを作るポイントもご紹介します。

『イタリアン豆むすび』の材料(2人分)

グリンピース(さや付き)

10本

小さじ1/2

適量

2合

オリーブオイル

小さじ1

生ハム

6~8枚

『イタリアン豆むすび』の作り方

1.グリンピースはさやから豆を取り出す。
IMG_8252_m
2.小鍋に湯を沸かし、塩とグリンピース(豆とさや)を入れて塩ゆでにする。
IMG_8254_m
3.さやは取り出して、豆は保存容器に入れて煮汁に浸したまま冷ます。
IMG_8255_m
7.残りの煮汁を洗った米と一緒に炊飯器に入れて、2合の目盛りのところまで水を足して炊飯する。
8.ご飯が炊きあがったら冷ましておいた豆とオリーブオイルを混ぜ合わせる。
IMG_8277_m
9.ご飯を好みの大きさに握って、生ハムを巻く。
IMG_8278_m
10.ご飯を炊いている間に卵焼きを焼いてお弁当箱に一緒に詰めるのもおすすめです♪
IMG_8301_s

美味しい豆ごはんのポイント

・グリンピースはさや付きのものを。剥いた状態のものは皮が固くなりがちです。剥いたらすぐに茹でましょう。
茹で上がったら煮汁を切ってしまうとしわしわになってしまうので、煮汁に漬けたまま冷まします。
・さやも一緒に茹でて、煮汁は捨てずにご飯と一緒に炊きます。豆の風味と栄養を生かすためにあえて出汁や昆布などは入れずに炊きます。
豆は彩り良くするために炊飯器には入れずに後で加えます。
・オリーブオイルを少し加えることで冷めてもパサつかず、つやつやと美味しい状態を保てます。太白ごま油を加えるのもおすすめです。
・もち麦などの雑穀を加えて炊いても美味しいです。

グリンピースの栄養

グリンピースは野菜の中でも食物繊維の含有量がトップクラス。一握りの豆を食べるだけでサラダの山盛りと同等の食物繊維を摂ることが出来ます。グリンピースに多く含まれる不溶性食物繊維は腸内の水分を吸収して適度に膨らむことで、腸壁を刺激し、便の排泄を促す働きがあります。また、不要な腸内細菌や老廃物、発がん性物質を体外に排出する働きもあることから、がんの抑制効果も期待できますし、腸の働きを活性化させる善玉菌を増やし、腸内環境を整える作用もあります。

冷凍のグリンピースが苦手な方も新鮮な茹でたてグリンピースをぜひ一度味わってみてください。
甘くて柔らかく口の中で弾ける美味しさにきっと驚くはずですよ。
IMG_8286_m

ライタープロフィール

レシピ/栄養士 菊池律
riitsu_kikuchi_1
栄養士、調理師、製菓衛生士、パン職人、雑穀エキスパート。
オーガニックレストランでの調理、パン職人、オーダーメイド菓子職人、料理教室講師を経て栄養士に。
麹を使った発酵食、自家製天然酵母パン教室講師。
産科クリニックでの勤務経験と自身の子育ての経験を活かして子育てサイトの記事監修等を行う。
現在は病院に栄養士として勤務し、ライフステージに応じた栄養サポートを行う。
季節に寄り添う保存食のある暮らしの提案、日常のなにげない日々の暮らしを大切にしています。
Instagram
https://www.instagram.com/kogomir/

その他おすすめ記事

コメント

人気の記事

2021.07.24

ルーもややこしいスパイスも必要なし!『ズッキーニとナスのカレースープ』

2021.07.23

夏の暑さも疲れを吹き飛ばす!『夏のさっぱり巻きずし』

2021.07.22

ご飯がすすむ!食べる手が止まらない『ニラナス炒め』

2021.07.22

1品で大満足!『納豆キムチ豆乳そうめん』

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.18

たっぷりのディルを使って作る、おいしい保存食『ディルバター』

2021.07.12

ご飯がすすむ『なすのお漬物』

2021.07.12

夏バテ解消に、お酢で元気に!『むね肉の揚げない南蛮漬け』

2021.07.06

夏のエナジードリンクに『自家製 赤紫蘇シロップ』

2021.07.03

贅沢にたっぷりと。冷やして絶品『桃のコンポート』

編集部おすすめ記事

2021.07.21

今が旬!丸ごと食べられる「ししとう」を破裂させない下処理方法

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.20

腸活にオススメ!『キムチとゴボウのサラダ』

2021.07.19

甘酸っぱい旬の果実で『プラムのクラフティ』

2021.07.18

カルダモンホールで作る『チャイプリン』

2021.07.15

栄養たっぷり!ラム肉を手軽に味わう常備菜『ラム肉の甘辛炒め』

2021.07.13

さっぱとクリーミィなソースに♪『味噌とヨーグルトのタラコパスタ』

2021.07.10

料理にあわせて切り方を変えよう!栄養満点ピーマンをもっとおいしく!

2021.07.10

発酵食品で免疫力UP!第8弾『ズッキーニのオーブン焼き』

2021.07.07

星に願いを掛けるだけではない七夕

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2021.06.28

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2016.01.22

茶色くなるのを防ぎたい食べ物、茶色くなることで美味しさが生まれる食べ物