知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

収納 2018.04.06

子どもへの影響はあるの?『親の片づけ習慣』

LINEで送る
Pocket

整理収納アドバイザーとして片づけのサポートに伺うと、「私、お片づけが苦手でモノを捨てられないのですが、そんな環境で育った子どもはどうなるのでしょうか。やっぱり私と同じように、お片づけができない子になってしまうのかしら?」とお子さんのことを心配する声が聞こえてきます。今回は、親が片づけられないことが子どもへ影響するのかどうかについてお伝えしていきます。
1

散らかった部屋で育つとどんな影響があるの?

親が片づけられないことが子どもへ与える影響の前に、散らかった部屋で育つとどんな影響があるのでしょうか。最近テレビなどで目にすることがある、モノでいっぱいの部屋で生活している若い女性たち。彼女たちのお母さんが片づけが苦手かどうかは分かりませんが、モノでいっぱいの部屋で生活していくのは大変です。
まず、部屋がいつも散らかっていると、どこに何があるのか把握できず探し物が多くなり、段取りが悪くなったり忘れ物なども多くなったりします。そればかりかモノで溢れた部屋は色々なところに目がいき、集中力も発揮できないので勉強もはかどりません。事故やケガの原因となり、衛生面でも問題はあります。そして当たり前ですが、掃除機もかけられないのでダニやゴキブリといった虫の好む環境になり、喘息などを発症するきっかけにもなってしまいます。
pic2

親に似て片づけられない子どもになる?

実は、その可能性はあります!子どもは親の背中をみて、親の行動から学んで成長していきます。お片づけの仕方を教えてもらったり、自分で学んだりする機会がなければ、お手本になるのは親だけになります。親が片づけられずモノがいっぱいの環境で育てば、子どもはその環境が日常になってしまい、将来は片づけられない大人になる可能性が高いです。
食べ物の好みなどと違い、片づけが苦手なのは遺伝とは関係ありません。両親が片づけないと子どももそれにならって片づけなくなります。子どもの成長と共に友達を部屋に呼んだり、友達の部屋に遊びに行って片づいていない自分の家との違いを見たり、散らかった状態を恥ずかしいと感じるようになると親を反面教師にして片づけを始める子もでてきます。
pic3

子どもに片づけを教える簡単な方法とは?

大人になって家族を持ち、親からお片づけの仕方を学んでいないからとお片づけ教室に通って学ぶ方も多くなってきましたが、我が子に片づけができるようになってほしいと思うのならば、親自身が「片づいた環境」をお手本に見せて生活していくことが一番の近道です。モノの指定席を決めて、親子でしっかりと戻すことから実践していきましょう。
子どもの時は「面倒臭いなぁ」と反発していた子も、大人になって気づいたら、親と同じことをしていたというのはよく聞く話です。子どもが大きくなった時「自分が育った家」の環境は必ず影響してきます。どんな言葉や理論よりも「親が実際にやってきた片づけの行為」に勝るものはありません。口で教えるより親の背中を見せる。それが片づけをできる子どもに育てる一番の近道だと思います。お子さんに片づけができるようになって欲しいならば、お片づけが苦手な方も、是非できることろからはじめてみてくださいね。

文/整理収納アドバイザー 河野 有起
ブログはこちら
記事/ママトコタイム
12636930_10208848790483829_714750486_o
「ママトコタイム」は、小さなお子さんと一緒に美容院などに行ける無料保育サービス。
店舗が定期開催する「ママトコタイム」に子連れで来店すると、その場でプロによる保育を利用できます。
ママになったら諦めるのではなく、ママになっても『できる!』社会をめざし、家族の笑顔を増やしていく取り組みを進めています。

ママトコタイム開催店舗などの情報はこちら

ママトコタイムFacebookページ

その他のおすすめ記事

片づけ本を読むことではありません『片づけを始めるとき最初にする事は?』

片づけ本を読むことではありません『片づけを始めるとき最初にする事は?』

夫にも家事をしてもらうコツは?『夫婦関係とお片づけ』

夫にも家事をしてもらうコツは?『夫婦関係とお片づけ』

片づけとは面倒臭いもの『整理整頓どこから手を付ける?』

片づけとは面倒臭いもの『整理整頓どこから手を付ける?』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.07.16

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『06 発酵のあるくらし』

2018.07.13

レンジで簡単!『トマトの杏仁豆腐』

2018.07.12

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2018.07.12

アウトドアに欠かせない!『キャンプや登山で押さえておきたい防虫対策』

2018.07.07

二十四節気の暮らし方「暑さが段々本格的になる『小暑』」時には暑さを楽しもう

2018.07.05

火を使わずに簡単おいしいおつまみ『おくらとクリームチーズのおかか和え』

2018.07.03

七夕に作ろう!『エビマヨのエスニック天の川そうめん』

2018.07.02

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『04 グラノーラ』

2018.06.29

季節の行事を楽しむ『七夕のテーブル』

2018.06.28

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

編集部おすすめ記事

2018.07.14

健胃、ダイエットにも!『キャベツとグレープフルーツのビューティージュース』

2018.07.13

だしがらでもう一品『しっとりふりかけ』

2018.07.13

忙しいママでも簡単に!『ちょい足しメイク』でいつもと違う私に

2018.07.12

甘酸っぱい旬の果実で『プラムのクラフティ』

2018.07.10

カルダモンホールで作る『チャイプリン』

2018.07.09

100年後を想像して、溝の口らしい街つくりに取り組む会社 株式会社NENGOの『PORTER’S PAINTS』とは

2018.07.04

アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス…どうして違うの?『アイスの名前』

2018.07.03

下準備と手入れがポイント!長く楽しむための『花の生け方』

2018.07.02

清掃活動を通じて街を面白く『グリーンバード溝の口チームが作る、新しい地域コミュニティの形』

2018.07.01

【ケノコトInstagram企画】7月の「日常のコト」を『#文月のコト』で投稿しよう

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2016.08.21

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』