知るコト知るコト
食のコト 2020.04.28

農家さんが教える『春野菜の美味しい食べ方と保存のコツ』

春を待つ店頭に柔らかそうな春野菜が並びだすと、心までふわふわと軽くなってきますよね。今回はそんな春野菜の大定番である春キャベツ、菜の花、新じゃがいもの美味しくて簡単な食べ方を、農家さんから直々に教えて頂きました!またそれぞれの野菜の作り置き調理のポイントと、保存方法について紹介します。

春野菜の大御所「春キャベツ」はどんなもの?

春キャベツは、1月~6月頃に収穫する小ぶりで巻きが柔らかい品種のキャベツの総称です。一年中見かける一般的なキャベツを寒玉と呼ぶのに対し、春キャベツは春玉と呼ばれます。葉が柔らかく水分が多いのが特徴で、生食に適しています。店頭には3月~5月をピークに並ぶところが多いようです。
3

春キャベツの作り置きポイントと保存方法のコツ

サラダや和え物に向く春キャベツですが、調味料に触れた途端に水分が出てきてしまいます。おすすめはカットのみの仕込みにしておき、食べる直前に和えること。そしてカット後は出来るだけ空気を抜いて密閉保存するのがコツです。少なくとも2日以内に食べきってしまいましょう。

農家直伝春キャベツレシピ「春キャベしゃぶしゃぶ」

春キャベツは軸ごと葉脈に対して垂直に千切りにします。濃いめのかつお出汁を鍋に沸かし、しゃぶしゃぶの要領で軽く湯通しして召し上がってみて下さい。浸けダレには塩やオリーブ油、ゴマダレがおすすめです。お好みでだし汁にベーコンやウインナーなどを適量入れてもポトフ風で美味しいですよ!

菜の花ってどんなもの?

春になるとよく見かける菜の花ですが、地域によっては「なのはな」「なばな」や「かきな」など異なる名前で呼ばれていることがあります。諸説ありますが、店頭に並ぶ種類はどれもアブラナ科で、茎および花部位を食用とする植物を指します。産地近くだと白菜や小松菜、キャベツの菜花も見かけることが出来ますよ。
_1

菜の花の作り置きポイントと保存方法のコツ

苦味が強い菜の花は一度茹でて下処理を行いますが、「固めに茹でる」ことが最大のポイントです。軸の部分を30秒程湯に浸けたら、蕾部分を浸して15秒程で引き揚げて氷水でしめ、よく水気を切るのがコツ。冷凍保存した場合は自然解凍した後に軽く火を入れると、色鮮やかになり歯ごたえも楽しめます。

農家直伝菜の花レシピ「菜の花飯」

固めに茹でて絞った菜の花を5ミリにざく切りし、白ごまとめんつゆ、ゴマ油で良く和えます。そこへ炊き立てのごはんを入れ手早く混ぜて完成です。いり卵やしらす、七味唐辛子を加えても美味しいですよ。ほろ苦さの苦手なお子様にもおすすめです。お花見のお供にいかがでしょうか?

新じゃがいもってどんなもの?

新じゃがいもは、一般に3月頃から出回る、収穫後に貯蔵熟成せず直ぐに出荷されたじゃがいものことを指します。水分量が多いため食感はホクホクで、皮が薄く小ぶりなのが特徴です。皮ごと食べられるので、通常のじゃがいもよりビタミンや食物繊維を多く摂取出来るのも嬉しいポイントですね。
2

新じゃがいもの作り置きポイントと保存方法のコツ

皮ごと食べる際は芽が出ている部分は剥き、たわしなどで優しく擦って洗いましょう。水分量が多いので、煮物などにする場合は普通のじゃがいもより早めに食べきることをおすすめします。また冷凍保存する場合は、加熱しマッシュ状にするといいでしょう。1か月程美味しさをキープできますよ。

農家直伝新じゃがいもレシピ「新じゃがハーブソテー」

新じゃがは良く洗って水気を拭き、皮つきのまま櫛切りにします。フライパンに少し多めの油を熱し、潰したにんにくを入れて香りを移し、新じゃがを入れて弱火で揚げ焼きにします。新じゃがに火が通ったらお好きなハーブと塩を振りかけて完成です。新じゃがの甘さと塩味、ハーブの香りが最高の相性ですよ!

おわりに

春野菜の特徴は、水分量が多くとにかく栄養価が高いこと。春特有の体調不良には自然の薬、旬の野菜で乗り切りましょう。一見難しそうな下処理もポイントを押さえれば簡単に出来上がり。春野菜をスーパーで見かけたら早速春を感じられる献立を作ってみませんか?

記事/助家事さん
ロゴ横_B
家事代行マッチングサイト「タスカジ」が運営する、あなたの家事力をアップする家事メディアです。
お掃除やお料理等の家事ノウハウを中心に、家事に携わるすべての方に役立つ情報を発信しています。
http://taskajisan.taskaji.jp

その他のおすすめ記事

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「春野菜」の常備菜』

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「春野菜」の常備菜』

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「じゃがいも」の常備菜』

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「じゃがいも」の常備菜』

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

コメント

人気の記事

2022.07.31

夏野菜をピリッと美味しく!『エビとズッキーニのマスタード炒め』

2022.07.30

居酒屋風!ご飯ください!『ピリうま!ガーリックみそきゅうり』

2022.07.27

無限に食べられる!夏のランチにぴったりなアジア飯!『いんげんのドライフライ』

2022.07.07

七夕に作ろう!『エビマヨのエスニック天の川そうめん』

2022.07.06

火を使わずに簡単おいしいおつまみ『おくらとクリームチーズのおかか和え』

2022.06.22

甘酒が決め手。シンプルで絶品『ピーマンとじゃがいもの塩きんぴら』

2022.06.20

暮らしにエコを。身体と環境に優しい『べジブロス』

2022.06.14

子どもと食べたい和のおやつ『五平餅風』

2022.06.14

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

2022.06.06

二十四節気の暮らし方『稲の撒き時「芒種」』時間の過ごし方を振り返ろう

編集部おすすめ記事

2022.08.14

夏のごちそう『トマトの塩麹サラダ』

2022.08.13

暑くてもご飯がどんどんすすむ!『なすの焼き浸し』

2022.08.01

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「かぼちゃ」の常備菜』

2022.07.29

栄養たっぷり!『子供も喜ぶ!ひじきのサラダ』

2022.07.28

意外と簡単!手作りしよう!『いろいろ野菜の福神漬け』

2022.07.16

いつものキャベツにインドの風味を『さっぱりクミンキャベツ』

2022.07.14

アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス…どうして違うの?『アイスの名前』

2022.07.09

化学調味料不使用のインスタント麺!環境にも優しい「お湯かけ麺」

2022.06.29

実山椒オイルのアレンジレシピ『アジの山椒焼き』

2022.06.27

メインにも!あと一品に『スタミナ巾着』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2022.05.14

安いステーキ肉を柔らかくする下ごしらえの方法とは?

2021.09.10

人気の鶏むね肉がやわらかくなる冷凍保存・解凍方法!下味冷凍もおすすめ

2022.05.21

早くて簡単!アルミホイルで包むステーキのおいしい焼き方とは?

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2021.09.29

グリルで焼くおいしい鯛の塩焼きをご紹介!

2022.03.19

冷凍鶏肉をレンジでおいしく解凍する方法をご紹介!

2021.09.01

自宅でもおいしいシャトーブリアンの焼き方とは?調理器具別の焼き方もご紹介

2021.07.28

小学生の自由研究におすすめ!一日で出来る『貝殻を使ったハーバリウム』

2022.01.15

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

食材宅配 おすすめ

野菜宅配 おすすめ

食事宅配 おすすめ

オイシックス 口コミ

大地を守る会 口コミ

食材宅配 お試し

ナッシュ 口コミ

伊勢丹ドア 口コミ

ミールキット おすすめ

生活クラブ 口コミ