知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

ファッション 2018.04.11

着物はじめてさんの知りたいコト『お太鼓結びは必ず覚えないとダメ?』その1

LINEで送る
Pocket

自分で着物が着られるようになりたい、と思った時にイメージする和服姿はどんなものでしょうか?着付けの習得レベルの目標が浴衣ではなく襦袢の上に着物を着る事であれば、大抵の方は「お太鼓結び」の帯を思い浮かべるのではないでしょうか?

実は着物の歴史では比較的新しいお太鼓結び

お太鼓結びは和服の帯結びの基本、というイメージを持たれがちですが実はそれほど歴史の古い結び方ではありません。考案されたのは江戸時代末期頃です。深川の芸者さんが駒形橋の竣工イベントのお祭りに出るにあたって、普段はだらりと垂らしていた後ろ帯を紐で抑えていつもよりコンパクトにまとめた姿で太鼓橋を渡ったのが発祥なのだとか。いわゆる粋筋の女性の新しい装いとして生まれた物だったのです。

時代劇や浮世絵を見る機会があればチェックすると面白いのですが、江戸時代頃の庶民は帯を結ぶ時、基本的に帯揚げも帯締も使いません。そもそも、「帯」が今のような形になったのは着物ができてからずっと後で、江戸時代初期までは紐やロープ状の帯を使い、今でいうブラウジングの状態で着るのが普通だったようです。次第に豪華になって行く着物とバランスを取るために帯の幅が太くなっていきますが、結び方の基本は現代の半幅帯と似た方法が主流だったのだとか。

江戸時代頃よく使われたとされる結び方には、帯の端をおみくじのような形に結んでまとめる「貝の口」や「吉弥結び」、今では浴衣の結び方の代名詞のようになっている「文庫結び」などがあります。どれも基本的には帯だけで結べる物です。当時の着物は生活着だったので、手間をかけずに身に着けられる方法が一般的だったのかもしれませんね。それに比べると帯枕を包んだ帯揚げを入れて形を整え、帯締めでお太鼓の中に入れた帯の端を抑えるお太鼓結びは少し手間がかかる結び方なのです。
key

実用性からスタンダードになったお太鼓結び

着付けの流派で若干手順に違いはあるようですが、着付けの途中だけ結ぶ仮紐なども必要なので、お太鼓結びは初心者にはちょっぴりハードルが高い結び方です。それなのに現在、お太鼓結びが和装の基本的な結び方となっているのは実用性からとも言われています。現在では「角出し」という結び方はお太鼓結びのアレンジと言われていますが、元々は全く違う結び方で「引き抜き」という方法で結んで帯揚げも帯締めも必要がありません。結び方もお太鼓結びより簡単に結べるので、既婚女性の基本的な結び方の一つだったそうです。ただ、本来の角出しである「本角出し」をするには体に合わせたサイズの長くて柔らかい帯が必要な上、帯にシワがつき、型崩れしやすいというデメリットもあります。

それと比較するとお太鼓結びは体にフィットして結んだ後の型崩れが少ないというメリットがあります。特に生活着ではなく礼装として着る場合、型崩れしにくく直すのも簡単であるのは大きな利点ですね。

お太鼓結びを覚えると便利!でも「必ず」ではない

「お出かけに着てみたい」など着物を着るのが私的な理由であれば、必ずしもお太鼓結びのマスターは必要ありません。ただ、お太鼓結びを覚えると便利な事の例はいくつかあります。

シンプルな装いが好きな場合
お尻が気になる場合
お下がりの帯に「名古屋帯」がある場合

しめやすいのは断然、リボン結びでもOKな兵児帯や、前で結んでから後ろにクルっと回せる半幅帯です。ただ、兵児帯も半幅帯もかわいらしい雰囲気やカジュアルな印象になりがちなので、少し大人世代の好みと違ってくる事があります。また、基本的に帯結びの位置がウエストより上で、高い位置にポイントが来るため、お尻が目立ってしまい丸見え、という風に感じる事があります。お太鼓の場合、お太鼓部分のシルエットがすっきりしている事とタレの部分あるのでお尻が目立ちにくいという利点があります。
key49
帯の中には、腰に巻く部分を二つ折にして細く縫い合わせ、お太鼓の部分だけ幅が広くなっているお太鼓結び専用の「名古屋帯」と呼ばれる物があります。お太鼓結びがスタンダードとされているだけあって、昭和世代のお嫁入り道具に名古屋帯が入っているのは珍しくないそうです。お下がりに素敵な名古屋帯があるならお太鼓結びにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

着物はじめてさんの知りたいコト『気軽に着物を着よう「春の一人お茶会」』

着物はじめてさんの知りたいコト『気軽に着物を着よう「春の一人お茶会」』

着物はじめてさんの知りたいコト『帯結びの初めてにおすすめ「半幅帯」』

着物はじめてさんの知りたいコト『帯結びの初めてにおすすめ「半幅帯」』

着付けってどうやって覚えるの?『着物はじめてさんの知りたいコト』

着付けってどうやって覚えるの?『着物はじめてさんの知りたいコト』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.01.28

新酒の季節はおいしい『酒粕』を楽しもう。お腹にもうれしい酒粕のパワー

2019.01.27

これだけで十分!作り置き調味料『ねぎ味噌』

2019.01.23

子どもと食べたい安心おやつ『きな粉プリン』

2019.01.23

旬食材『金柑』ー丸くて小さな、おひさま色のフルーツー

2019.01.20

暮らしにひと手間『自家製ラー油』を作ろう

2019.01.18

寒い日にぴったり。本当においしい『オニオングラタンスープ』

2019.01.15

餃子の皮で作る『焼き小籠包』

2019.01.11

牛すじを使ってみよう。基本の仕込み『牛すじの下茹で』

2019.01.09

1月の和菓子 「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2019.01.08

冬の香りを召し上がれ『柚子ジャムと柚子パウンドケーキ』

編集部おすすめ記事

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.28

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『26 小豆島、醤油トリップ』

2019.01.25

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

2019.01.25

ワクワクしながら盛り付けて 『器合わせのすすめ』

2019.01.21

日本の暮らしの言葉『寒仕込み』は日本酒の歴史から生まれた言葉

2019.01.17

冬の暮らしを楽しむ「スープのある食卓」

2019.01.16

日本一の山女魚で作る、世界に誇る『山女魚のアンチョビ』

2019.01.14

一生に一度の成人の日「成人」ってなんだろう?自分を振り返る機会に

2019.01.10

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2019.01.09

覚えておきたいおやつレシピ『ガナッシュケーキ』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2016.11.20

ほったらかしで大丈夫。干し野菜レシピ『干し大根をつかった作り置きおかず』

2017.06.16

子どもも満足!『苦くないオレンジピールの作り方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』