知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

教育・子育て 2018.04.27

子どもと一緒に楽しむ『端午の節句』

LINEで送る
Pocket

日本にはさまざまな年中行事があります。季節の年中行事を親子で楽しみたいのに、何をどうすればいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。あまり時間をかけずちょっとしたコツで、子どもが喜ぶお祝いのテーブルをつくれたらいいなと思いませんか。今回は、子どもにとって記憶に残る端午の節句のテーブルを、親子で一緒に楽しみながら作るコツについてご紹介します。

1.おもてなし度アップは『テーブルクロス』!

普段のテーブルにクロスをかけるだけで、特別なもてなし感が伝わってきます。テーブルクロスを持っていなくても和紙を敷いたり、布を一枚かけたりするだけで、おもてなし度がアップします。布は生地屋さんに行けば、1m数百円で購入できますし、布用の接着テープを使えば、布の切れ端にアイロンをあてるだけで簡単にテーブルクロスを作ることができます。1枚作っておくと重宝しますよ。
pic1
小さい子どもがいるので布を引っ張るのではないかと、テーブルクロスをかけるのが心配になる場合は、アンダークロスと呼ばれるすべり止めの役割をしてくれるフェルト素材の布を敷いたり、アクリルでできたクリップで四隅を止めたりしておけば安心です。

2.テーマカラーを決め、『3色以内』でまとめる!

テーブルコーディネート初心者でも失敗しないコツは、テーマカラーを決めること。無彩色と呼ばれる白や黒などを含めず、基本の色味を3色以内にまとめることです。今回はグリーンと紫の2色をメインにお花を飾りコーディネートしました。
pic2
テーマカラーは、あまり常識にとらわれず、お子さんの好きな色にしてもいいですね。お祝いのテーブルなので、さし色をほんの少し取り入れるのがおすすめです。

3.お花を『簡単に』飾るコツ

今回は、親子で楽しむテーブルコーディネートをテーマとしているので、花弁がしっかりしていて、子どもでも扱いやすいお花であるカーネーションを使います。
pic3
グリーンや紫色のカーネーションは、和の食空間を演出しやすく重宝します。2~3輪、お子さんの手のひらで収まる範囲で束ね、輪ゴムでとめておきます。
pic4
ハランは、葉脈にそっていくつかのパーツに切り分け、重ねてホチキスで止めておきます。先程のカーネーションと合わせて、花瓶やガラスのコップに入れればテーブルアレンジが完成です。
ハランの残った茎の部分は、3~4cmにカットし、輪ゴムで止めておきます。輪ゴムの上から、和紙を貼ると、箸置きができあがります。

4.お子さんと一緒に作った『手作りのもの』を飾る!

お母さんやお父さんと一緒に手を動かす時間は、お子さんにとって嬉しい時間です。端午の節句にちなみ、折り紙で兜飾りを作ります。ポップな色合いの折り紙よりも、日本の伝統色である優しい色合いの折り紙を使うことで、和のテーブルに統一感がでます。
pic5
そのままテーブルに飾ってもいいのですが、少し高さを出して飾るとお祝いの気分が盛り上がります。足のついたお皿がなくても大丈夫!四角いお皿を、裏返したココット皿の上にのせれば完成です。
pic6
今回ご紹介したコツはとても簡単なので、ぜひ親子で楽しんでみてはいかがでしょうか。
親から子へと受け継がれていく年中行事を通して、おもてなしの心も親から子どもへと受け継がれていくといいですね。

記事/食空間コーディネーター 齋藤みずほ
ホームページはこちら
記事/ママトコタイム
12636930_10208848790483829_714750486_o
「ママトコタイム」は、小さなお子さんと一緒に美容院などに行ける無料保育サービス。
店舗が定期開催する「ママトコタイム」に子連れで来店すると、その場でプロによる保育を利用できます。
ママになったら諦めるのではなく、ママになっても『できる!』社会をめざし、家族の笑顔を増やしていく取り組みを進めています。

ママトコタイム開催店舗などの情報はこちら

ママトコタイムFacebookページ

その他のおすすめ記事

子どもと楽しむ和文化『テーブル茶道』

子どもと楽しむ和文化『テーブル茶道』

子どもと一緒に楽しむ食卓『ひな祭りを通して「和」に触れる』

子どもと一緒に楽しむ食卓『ひな祭りを通して「和」に触れる』

寒い冬には室内遊びも楽しもう!『昔遊びのススメ』

寒い冬には室内遊びも楽しもう!『昔遊びのススメ』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.07.16

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『06 発酵のあるくらし』

2018.07.13

レンジで簡単!『トマトの杏仁豆腐』

2018.07.12

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2018.07.12

アウトドアに欠かせない!『キャンプや登山で押さえておきたい防虫対策』

2018.07.07

二十四節気の暮らし方「暑さが段々本格的になる『小暑』」時には暑さを楽しもう

2018.07.05

火を使わずに簡単おいしいおつまみ『おくらとクリームチーズのおかか和え』

2018.07.03

七夕に作ろう!『エビマヨのエスニック天の川そうめん』

2018.07.02

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『04 グラノーラ』

2018.06.29

季節の行事を楽しむ『七夕のテーブル』

2018.06.28

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

編集部おすすめ記事

2018.07.14

健胃、ダイエットにも!『キャベツとグレープフルーツのビューティージュース』

2018.07.13

だしがらでもう一品『しっとりふりかけ』

2018.07.13

忙しいママでも簡単に!『ちょい足しメイク』でいつもと違う私に

2018.07.12

甘酸っぱい旬の果実で『プラムのクラフティ』

2018.07.10

カルダモンホールで作る『チャイプリン』

2018.07.09

100年後を想像して、溝の口らしい街つくりに取り組む会社 株式会社NENGOの『PORTER’S PAINTS』とは

2018.07.04

アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス…どうして違うの?『アイスの名前』

2018.07.03

下準備と手入れがポイント!長く楽しむための『花の生け方』

2018.07.02

清掃活動を通じて街を面白く『グリーンバード溝の口チームが作る、新しい地域コミュニティの形』

2018.07.01

【ケノコトInstagram企画】7月の「日常のコト」を『#文月のコト』で投稿しよう

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.08.01

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「じゃがいも」の常備菜』

2016.08.21

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』