知るコト知るコト
教育・子育て 2021.04.27

子どもと一緒に楽しむ『端午の節句』

日本にはさまざまな年中行事があります。季節の年中行事を親子で楽しみたいのに、何をどうすればいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。あまり時間をかけずちょっとしたコツで、子どもが喜ぶお祝いのテーブルをつくれたらいいなと思いませんか。今回は、子どもにとって記憶に残る端午の節句のテーブルを、親子で一緒に楽しみながら作るコツについてご紹介します。

1.おもてなし度アップは『テーブルクロス』!

普段のテーブルにクロスをかけるだけで、特別なもてなし感が伝わってきます。テーブルクロスを持っていなくても和紙を敷いたり、布を一枚かけたりするだけで、おもてなし度がアップします。布は生地屋さんに行けば、1m数百円で購入できますし、布用の接着テープを使えば、布の切れ端にアイロンをあてるだけで簡単にテーブルクロスを作ることができます。1枚作っておくと重宝しますよ。
pic1
小さい子どもがいるので布を引っ張るのではないかと、テーブルクロスをかけるのが心配になる場合は、アンダークロスと呼ばれるすべり止めの役割をしてくれるフェルト素材の布を敷いたり、アクリルでできたクリップで四隅を止めたりしておけば安心です。

2.テーマカラーを決め、『3色以内』でまとめる!

テーブルコーディネート初心者でも失敗しないコツは、テーマカラーを決めること。無彩色と呼ばれる白や黒などを含めず、基本の色味を3色以内にまとめることです。今回はグリーンと紫の2色をメインにお花を飾りコーディネートしました。
pic2
テーマカラーは、あまり常識にとらわれず、お子さんの好きな色にしてもいいですね。お祝いのテーブルなので、さし色をほんの少し取り入れるのがおすすめです。

3.お花を『簡単に』飾るコツ

今回は、親子で楽しむテーブルコーディネートをテーマとしているので、花弁がしっかりしていて、子どもでも扱いやすいお花であるカーネーションを使います。
pic3
グリーンや紫色のカーネーションは、和の食空間を演出しやすく重宝します。2~3輪、お子さんの手のひらで収まる範囲で束ね、輪ゴムでとめておきます。
pic4
ハランは、葉脈にそっていくつかのパーツに切り分け、重ねてホチキスで止めておきます。先程のカーネーションと合わせて、花瓶やガラスのコップに入れればテーブルアレンジが完成です。
ハランの残った茎の部分は、3~4cmにカットし、輪ゴムで止めておきます。輪ゴムの上から、和紙を貼ると、箸置きができあがります。

4.お子さんと一緒に作った『手作りのもの』を飾る!

お母さんやお父さんと一緒に手を動かす時間は、お子さんにとって嬉しい時間です。端午の節句にちなみ、折り紙で兜飾りを作ります。ポップな色合いの折り紙よりも、日本の伝統色である優しい色合いの折り紙を使うことで、和のテーブルに統一感がでます。
pic5
そのままテーブルに飾ってもいいのですが、少し高さを出して飾るとお祝いの気分が盛り上がります。足のついたお皿がなくても大丈夫!四角いお皿を、裏返したココット皿の上にのせれば完成です。
pic6
今回ご紹介したコツはとても簡単なので、ぜひ親子で楽しんでみてはいかがでしょうか。
親から子へと受け継がれていく年中行事を通して、おもてなしの心も親から子どもへと受け継がれていくといいですね。

記事/食空間コーディネーター 齋藤みずほ
ホームページはこちら
記事/ママトコタイム
12636930_10208848790483829_714750486_o
「ママトコタイム」は、小さなお子さんと一緒に美容院などに行ける無料保育サービス。
店舗が定期開催する「ママトコタイム」に子連れで来店すると、その場でプロによる保育を利用できます。
ママになったら諦めるのではなく、ママになっても『できる!』社会をめざし、家族の笑顔を増やしていく取り組みを進めています。

ママトコタイム開催店舗などの情報はこちら

ママトコタイムFacebookページ

その他のおすすめ記事

子どもと楽しむ和文化『テーブル茶道』

子どもと楽しむ和文化『テーブル茶道』

子どもと一緒に楽しむ食卓『ひな祭りを通して「和」に触れる』

子どもと一緒に楽しむ食卓『ひな祭りを通して「和」に触れる』

寒い冬には室内遊びも楽しもう!『昔遊びのススメ』

寒い冬には室内遊びも楽しもう!『昔遊びのススメ』

コメント

人気の記事

2021.05.07

彩り鮮やかなハーブを使った『実山椒と紅花のおにぎり』

2021.05.05

通年の保存食に『刻みしょうが』

2021.05.05

子どもとおうちインテリア『端午の節句に 卓上こいのぼり』

2021.05.04

袋でモミモミ!カリッと香ばしい『黒糖ときなこのスクエアクッキー』

2021.05.02

いつものおやつもひと工夫!端午の節句に『笹もち』

2021.05.02

ごはんに!野菜に!お豆腐に!おたすけごはん『ニラそぼろ』

2021.04.27

子どもと一緒に楽しむ『端午の節句』

2021.04.25

おたすけごはん!初心者でもつくれる『大根と鶏のピリ辛煮』

2021.04.24

野菜がすすむ!『白味噌ヨーグルトのバーニャカウダ風』

2021.04.24

旬を味わう『そら豆とカリカリベーコンのポテトサラダ』

編集部おすすめ記事

2021.05.08

甘くてちょっとほろ苦い!『くきたち菜の肉巻きサンド』

2021.05.08

出汁の旨みがじゅわっと広がる『巾着煮』

2021.05.07

買うより幸せ。『焼きのりで簡単!海苔の佃煮』

2021.05.05

【七十二侯】第十九侯「蛙始鳴」

2021.05.04

季節の手仕事しませんか?いちごを使ったつくりおきおやつの素

2021.04.30

【七十二侯】第十八侯「牡丹華」

2021.04.28

こどもの日のおやつに『もちもちまんじゅう』

2021.04.26

【まもなく締切!】ケノコトライター・デザイナー・フォトグラファーを募集しています。

2021.04.26

なんでも使える!『白味噌ヨーグルトのゴマダレ』

2021.04.26

スーパーで買える食材で作る、北京ダック風『鶏肉のテンメンジャン照り焼き』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』