知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

教育・子育て 2018.04.16

あなたはどっち?ママ時間の使い方『朝活派vs夜活派』

LINEで送る
Pocket

子育て中のママにとって、1日のどこで自分の時間を確保しようかというのは、共通の悩みかもしれません。1日の大半を家事や育児に時間をとられ、まとまった自分時間を確保するチャンスは朝か夜しかない、というのが一般的だと思います。とはいえ、朝夜両方で時間をつくるのは、かなりの睡眠時間を削らないといけないため、継続的にと考えるとおすすめできません。では、朝と夜、どちらで自分時間を作るのが良いのでしょうか。実際に朝活をしているママと、夜活をしているママの双方の話を聞いてみました。

朝活派ママの場合

出産前は夜活派だったママ。子育てがきっかけで、朝活派に変わったそうです。子どもの寝かしつけをしていると、気づかないうちに自分も眠ってしまい夜活ができなくなってしまいました。頑張って夜起きて活動をしたとしても、その後は眠ろうとしても目が冴えてしまって、しばらく布団で眠れないこともあったのだとか。こうなってしまうのならば、眠くなった時に子どもと一緒に早く眠り、早朝に起きて活動した方が効率的だと思うようになり、朝活へ切り替えることにしたのだそうです。

朝活のメリットと注意点

ママの朝活には、“子どもが起きるまで”、または“子どもを起こす時間まで”というタイムリミットがあります。タイムリミットがあるということは集中することにつながり、夜活のときよりはかどるようになったそうです。また、朝は睡眠で脳と体を休ませたので頭が冴えているような気がして、仕事などがとても効率よく進んだようです。子ども達が起きてくる前に一仕事終わっている、趣味を楽しめているというのも気分がいいものですね。

良いことずくめのような朝活ですが、注意点があります。朝早く起きるためには必然的に夜早く眠らなくてはならないので、夜遅くまで帰宅できないお仕事をしている方は難しいかもしれません。子どもが寝てからなんとなくテレビを見たり、携帯を触ったりして夜更かしをしているので生活スタイルを変えたい!という方は、起きたい時間から自分が必要な睡眠時間を遡った時間に思い切って布団に入りましょう。また、朝活は子どもが起きてくる前の時間をあてにしているため、子どもが早く起きてしまった場合は予定が大きく狂ってしまいます。絶対にやり遂げなくてはならない用事や仕事などは、朝活ではなく、夜に終わらせておいた方が安心かもしれませんね。
pic2

夜活派ママの場合

もともと夜型体質だったママ。でも出産後は朝活派ママと同様、夜に子どもと眠ってしまうということから、しばらくは朝活派だったそう。ところが、子どもの成長につれて寝かしつけが不要になり、子どもも早起きするようになったことから夜活に切り替えたそうです。子どもが早起きしても、子ども自身で自分のことをできるようになったので朝活を続けることもできたそうですが、寝坊してしまうという心配もない夜活を選んだそうです。子どもの就寝時間は21~22時。そこから深夜まで、翌日の予定をふまえた限界の時間までやりたいことをしてしまうのだとか。

夜活のメリットと注意点

朝活とは違って、外部要因によるタイムリミットはなく、明日の朝の予定や自分の眠さとの闘いがリミットになります。この“時間の制約がない”という安心感と夜独特の静けさがあることで、自分のやりたい作業へ没頭できるように感じたそうです。効率的に済ませるようなことではなく、時間をかけて考え、腰を据えて作業をするようなことに向いているかもしれませんね。ですが没頭のあまり、ついつい無理をしてしまって睡眠不足になり、ある日突然の眠気に襲われ、昼寝で半日つぶしてしまうなんてこともあったのだとか。生活リズムを崩さないためには、夜活は腹八分目にしておくことが大切かもしれません。「今日はここまでにしておこう」と思える気持ちが必要ですね。夜活を始める前に自分でタイムリミットを設定してからはじめると良いでしょう。
pic3

朝活と夜活のどちらを選んだ方が良いかは、子どもの年齢、そしてその時間に何をしたいのかというポイントが大きく影響しそうです。自分の体質も十分に考えながら、自分の生活スタイルにあった方法を見つけてみてくださいね。

文/ママトコライター
記事/ママトコタイム
12636930_10208848790483829_714750486_o
「ママトコタイム」は、小さなお子さんと一緒に美容院などに行ける無料保育サービス。
店舗が定期開催する「ママトコタイム」に子連れで来店すると、その場でプロによる保育を利用できます。
ママになったら諦めるのではなく、ママになっても『できる!』社会をめざし、家族の笑顔を増やしていく取り組みを進めています。

ママトコタイム開催店舗などの情報はこちら

ママトコタイムFacebookページ

その他のおすすめ記事

まとまった時間が取れなくても大丈夫!『「ついで掃除」でキレイを保つ』

まとまった時間が取れなくても大丈夫!『「ついで掃除」でキレイを保つ』

子どもの習い事、見直さなくて大丈夫?『学年の変わり目で確認するポイント』

子どもの習い事、見直さなくて大丈夫?『学年の変わり目で確認するポイント』

スポーツや習い事に大忙しの小学生に『朝?夜?勉強時間をつくる工夫』

スポーツや習い事に大忙しの小学生に『朝?夜?勉強時間をつくる工夫』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.09.08

二十四節気の暮らし方 「朝晩涼しくなってくる『白露』」秋の始まりを意識してみよう

2018.09.05

秋の簡単おやつレシピ『かぼちゃのココナッツグラノーラ』

2018.09.03

日本の暮らしの言葉『昔の暦、月齢ごとの月の名前』〜長月の暮らし〜

2018.09.02

お弁当におすすめ!なすとごぼうを使った『作り置きの常備菜』

2018.09.02

いつもの道具をサッと簡単お手入れ『調理器具のお手入れのコツ』

2018.08.31

おじいちゃんおばあちゃんに喜ばれる!敬老の日の贈り物『フラワーフォトフレーム』

2018.08.24

夏の終わりにおいしい冷茶でほっと一息『冷たい緑茶の楽しみ方』

2018.08.15

日本の暮らしの言葉『夏真っ盛り「暑さ」と「涼しさ」を表す言葉たち』~葉月の暮らし~

2018.08.14

クリーム溢れる!ふわっ、しゅわっ『生シフォンケーキ』

2018.08.13

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『08 梅シロップのジンジャエール』

編集部おすすめ記事

2018.09.08

アレンジ自在『つるむらさきのごま和え2種』

2018.09.01

【ケノコトInstagram企画】9月の「日常のコト」を『#長月のコト』で投稿しよう

2018.08.31

残暑を楽しむ!エヌアセットおすすめ『溝の口周辺おでかけスポット』

2018.08.17

作り置き常備菜シリーズ『レモン酢シロップ』

2018.08.07

レトロな喫茶店風『昔ながらのたまごサンド』

2018.08.07

家にある鍋を有効活用しよう!使い方によって調理時間も料理のおいしさも変わる『鍋』

2018.08.07

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「かぼちゃ」の常備菜』

2018.08.04

ひんやり冷やして大人のデザート『ピンクの桃のポタージュ』

2018.08.01

【ケノコトInstagram企画】8月の「日常のコト」を『#葉月のコト』で投稿しよう

2018.07.28

まぐろレアステーキとアボカドをサラダ丼仕立てに『まぐろステーキアボカドサラダ丼』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』