知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

教育・子育て 2018.04.20

発達障害ってなぁに?シリーズ その3『困った行動をこんな風にみてみよう!家庭編』

LINEで送る
Pocket

「発達障害ってなぁに?」の3回目は家庭編。家庭での困った行動に思いを馳せてみます。子どもがお家にいる間は、お母さんにとって一番大変な時間。時間に追われる中で、自分の思い通りに子どもが動いてくれないジレンマは相当なものです。でもちょっと待って… 困っているのはお母さんたちだけではありません。子どもだって困っている。「誰だって発達障害!?」の観点に立って、全てのお母さんに思いを馳せてもらいたいと思います。
 

ほとんどの子どもが「お母さんはやさしい」と答える

「毎日怒ってばかりなんです」「怒鳴り散らしてしまいます」そういうお母さんのお子さんに、お母さんのいないところで「お母さんってこわい?」と聞くと、ほとんどの子が「やさしい」と答えます。「怒ってばかりじゃない?」と聞くと、年齢が低いほど「少し怒るけどそうでもない」と答えます。お母さんは怒ってばかりと言っているのに、子どもは「そうでもない」と答える。このギャップはどこからくるのでしょうか。

それは、お母さんの存在の偉大さに加えて、発達からくるものです。発達が未熟なほど、怒られたことを理解して次の行動につなげることに難しさがあります。「さっき言ったばっかりなのに、またやってる!」は、ここから来ます。叱ったり、注意したりする側の私たちは簡単ですが、それを受け止める子どもたちは発達のプロセスを踏む必要があるのですから、そう簡単なことではありません。
そしてもう一つの理由は、子どもの行動に思いを馳せないアプローチは、ほとんどが伝わっていないということです。まさに、右から左。お母さんは怒ってばかりの自分に自己嫌悪。でも何も伝わっていないし、変わらない… もし、そんな日々なら、少し立ち止まってみましょう。まずは、我が子を知る旅に出るのです!
pic1

「ごめんね…」と涙したA君のお母さん ~効果的に伝える~

「約束した時間に来たためしがない」「やっておいてねと言ったことをやらない」小4の彼とお母さんとの関係は崩壊寸前でした。私は「どうして彼がそうするとお母さんは思いますか?」と聞くと、「反抗しているんでしょ」とのこと。さぁ、子どもの困り感に思いを馳せる旅にでた私たちは、この彼の行動をどう考えるでしょうか?

さっそく彼と話をしてみると反抗するタイプとも思えません。時間のことを尋ねると、「わからないんだよ!」と頭を抱えるばかり。「俺はダメなやつなんだ」と何度も言う彼。
pic2
いろいろ調べてみると、他の能力に比べて「短期記憶」が顕著に低いことがわかりました。つまり、言われたことをちょっと脳に留めておくことがとても難しいのです。これで全ての謎はとけました。彼はダメなやつでは決してなく、反抗しているわけでも全くないのです。お母さんに伝えると「ごめんね…」と涙を流していました。さてこの後、お家にはホワイトボードが登場。必要な時間はホワイトボードや彼のメモ帳に書かれるようになり、ほとんどのことは解決しました。

彼の事例からみなさんが学べることは、我が子に一番効果的に伝わる方法は一体なんなのだろうかと考えることです。下手な鉄砲数撃ちゃ当たる方式で、いくら注意を浴びせてもお互い疲れるだけ。子どものことをよく観察して、「なるほど、このタイミングで声をかけても駄目だわね。」「一度に2つのお願いごとが限界ね!」「声を大きく注意するより、小さい声の方が効果的!」「この時間は魔のゾーンだからそっとしておこーっと」と、我が子にあった方法を探してみましょう。考えた方法がビシッとはまったり、お母さんの在り方で子どもが変化したりすることを目の当たりにすることは本当に感動的なことです。ぜひ体験してみてください!

着替えをしないB君・宿題をしないC君 ~無理しなくてOK!~

朝、とにかく着替えの時間になるとぐずりだす幼稚園生のB君。なんとかかんとか最初はやさしい言葉でやらせようとするけれど、最後は怒ってしまうと悩むお母さん。私の第一の質問は「幼稚園では着替えていますか?」。「ゆっくりみたいですけど、着替えているようです」これがお母さんの答え。
pic3
では、もう一人。宿題をやりたがらない2年生のC君。宿題をやりたくないために、学校に行きたくないという程。無理やりやらせようとすると泣いてしまいます。「勉強で困っていますか?」と聞くと、「成績はとてもいいです」とのこと。

さてこの二人のお母さん、こちらも辛くなるほど疲れ果てていました。着替えも宿題も毎日の「やらせなくてはいけないこと」。…んん??本当にやらせなくてはだめ?

私はムリしなくてOKだと思います。
シリーズ①でお伝えしましたが、子どもたちにとって社会は時に戦場です。自分を頑張ってコントロールして適応しようと必死なのです。B君もC君も幼稚園、学校では相当がんばっているはずです。私のアドバイスは、B君はお母さんが着替えを全面的に手伝ってOK。C君へはその問題ができることが確認できたら、あとはお母さんが書いてあげてOK。つまり、たくさんやらなくて大丈夫。これで解決!宿題をお母さんが書いてあげることが不安な場合は、先生に相談するのも良いでしょう。

毎日でなくても、時々「着替えたくない」「宿題やりたくない」ということがあると思います。その場合でも、「あら、ちょっと疲れているのかなぁ」と思いを馳せてあげてください。行事の練習をしているときだったり、ちょっと不得意な分野の学習だったりするかもしれません。

家庭は「安心・安定」の場所

全ての子どもにとって、そして発達に偏りのある子ならなおさら、家庭はこの世の中で最も安心・安定のできる場所です。新学期は新しい環境に頭と心のアンテナがビシバシ立つ子どもたち。お家がアンテナをおろせる場所であることはとても大切なことです。アンテナのおろし方も子どもたちそれぞれ。到底受け入れられないおろし方もあるかもしれません。それでも深呼吸、深呼吸。「疲れているのよね、君も」って少し思うだけで、お母さんの在り方が変わり、それだけで子どもに変化が訪れることがあります。
そして、もう一つ大切なのは「やりすごす」ということ。どんな子どもも日々発達しています。困った行動も永遠には続きません。お母さんが目をつぶると決めたら、あるときパタッとやめたり、放っておいたら自分でやりだしたなんてこともあります!
pic4
さて次回は「発達障害かも?」と思ったり、言われたりしたときに、何を考え、どう行動したらよいかをお伝えします。

文/臨床発達心理士 三浦 静
記事/ママトコタイム
12636930_10208848790483829_714750486_o
「ママトコタイム」は、小さなお子さんと一緒に美容院などに行ける無料保育サービス。
店舗が定期開催する「ママトコタイム」に子連れで来店すると、その場でプロによる保育を利用できます。
ママになったら諦めるのではなく、ママになっても『できる!』社会をめざし、家族の笑顔を増やしていく取り組みを進めています。

ママトコタイム開催店舗などの情報はこちら

ママトコタイムFacebookページ

その他のおすすめ記事

発達障害ってなぁに?シリーズ その1『誰だって発達障害!?』

発達障害ってなぁに?シリーズ その1『誰だって発達障害!?』

発達障害ってなぁに?シリーズ その2『困った行動をこんな風にみてみよう!』

発達障害ってなぁに?シリーズ その2『困った行動をこんな風にみてみよう!』

まずは親が変わろう『子どものチカラを引き出すために』

まずは親が変わろう『子どものチカラを引き出すために』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.01.28

新酒の季節はおいしい『酒粕』を楽しもう。お腹にもうれしい酒粕のパワー

2019.01.27

これだけで十分!作り置き調味料『ねぎ味噌』

2019.01.23

子どもと食べたい安心おやつ『きな粉プリン』

2019.01.23

旬食材『金柑』ー丸くて小さな、おひさま色のフルーツー

2019.01.20

暮らしにひと手間『自家製ラー油』を作ろう

2019.01.18

寒い日にぴったり。本当においしい『オニオングラタンスープ』

2019.01.15

餃子の皮で作る『焼き小籠包』

2019.01.11

牛すじを使ってみよう。基本の仕込み『牛すじの下茹で』

2019.01.09

1月の和菓子 「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2019.01.08

冬の香りを召し上がれ『柚子ジャムと柚子パウンドケーキ』

編集部おすすめ記事

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.28

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『26 小豆島、醤油トリップ』

2019.01.25

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

2019.01.25

ワクワクしながら盛り付けて 『器合わせのすすめ』

2019.01.21

日本の暮らしの言葉『寒仕込み』は日本酒の歴史から生まれた言葉

2019.01.17

冬の暮らしを楽しむ「スープのある食卓」

2019.01.16

日本一の山女魚で作る、世界に誇る『山女魚のアンチョビ』

2019.01.14

一生に一度の成人の日「成人」ってなんだろう?自分を振り返る機会に

2019.01.10

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2019.01.09

覚えておきたいおやつレシピ『ガナッシュケーキ』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2016.11.20

ほったらかしで大丈夫。干し野菜レシピ『干し大根をつかった作り置きおかず』

2017.06.16

子どもも満足!『苦くないオレンジピールの作り方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』