得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

美容 2018.04.17

髪にどういいの?『ボタニカルシャンプーの特徴と使用メリット』

LINEで送る
Pocket

ヘアサロンやドラッグストアでも良く見かけるようになった「ボタニカルシャンプー」。なんとなく肌に良さそうなイメージはありますが、実際のメリットはどんなところにあるのでしょうか?配合されている成分はどのようなものなのでしょうか?
今回はそんなボタニカルシャンプーについてご紹介します!

「ボタニカル」の意味とは?

ボタニカルとは「植物の」という意味で用いられる言葉です。つまり、植物由来の成分を多く配合している成分のことをボタニカルシャンプーと呼びます。
ただ、ボタニカルという名前を付けるにあたって、全体成分の何%以上がボタニカル成分でないとだめ、や、この成分が配合されている必要がある、などの明確な基準はありません。
2

オーガニックシャンプーとは何が違うの?

ボタニカルシャンプーと同じようによく見かけるオーガニックシャンプーは、配合されている植物由来の成分が、有機栽培されていることが条件のシャンプーです。さらに、オーガニック認定されている成分が配合されている必要もあるので、ボタニカルシャンプーよりも認定のハードルは高いと言えます。

ボタニカルシャンプーは負担となる配合成分が少ない

ボタニカルシャンプーに配合されている成分は、頭皮や髪に負担となる成分が除外されていることが多くなっています。
下記が代表的な成分です。

シリコン

シリコンは髪の毛表面をコーティングし、手触りをなめらかにしてするっとした指通りを実現してくれる成分です。しかし一方で、頭皮の毛穴に詰まりやすく、発毛を妨げる可能性があると言われています。

パラベン

パラベンは化粧品にもよく使用されている成分で、防腐剤のはたらきをします。開封後、空気に触れても品質が変化しないようにするために必要な成分ですが、肌質によってはかゆみを発症する人もいます。

着色料・合成香料

使用感を楽しむために配合されることのある着色料や合成香料。これも肌質によっては負担となる可能性があります。

ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na

洗浄成分として配合されているこれらの成分。洗浄成分には様々な種類が存在しますが、この2つは特に洗浄力の強い成分です。
原材料の値段が安く、泡立ちもいいことから低価格で販売されているシャンプーの洗浄料はほとんどがこのどちらかが採用されているようです。しかし、洗浄力が強すぎると、本来頭皮に必要な成分も奪われてしまうため、頭皮に赤みやかゆみを発症してしまう場合があります。

現在発売されているほとんどのボタニカルシャンプーでこれらの成分は不使用となっています。肌や頭皮が敏感な方、シャンプーでかゆみを起こしたことのある方にとっては、ボタニカルシャンプーを選ぶことで安心することができますね。

実際の使用感は?

ここからはわたし自身の使用感をお伝えします。
4か月前から現在に至るまで、ドラッグストアで購入できる1,000円程度のボタニカルシャンプーを使用しています。それと同時に、ボタニカルではありませんが、トリートメントもノンシリコンのものに切り替えています。
1

ノンシリコンでもきしみはなし

シャンプーを泡立て洗髪し、洗い流した直後は髪の毛同士が少しギシギシしている感じはありますが、トリートメントまで終えてドライヤーで乾かした後は、絡まりやきしみは気になりません。特に、ボタニカルオイル(ヒマワリやマカデミアナッツ由来のオイル)を配合しているものは、しっとり感さえ感じられます。

ヘアカラーの持ちが良くなった気が!

2か月に1回ヘアカラーをしていますが、以前よりもヘアカラーの持ちが良くなった気がします。ブリーチをしない程度のアッシュグレーやアッシュブラウンのヘアカラーですが、色の抜けが遅くなったのを実感しています。

まとめ

植物由来の成分を多く含むボタニカルシャンプー。敏感肌の方や、美髪育成に興味のある人にはぜひおすすめしたいシャンプーです。一言でボタニカルと言っても様々な種類があるので、自分に合うものを見つけてみてくださいね!

記事/anone
logo_anone-3-300x60
anone(アノネ)は女性の悩みを解消するwebメディアです。こっそり教えて、あなたの悩み。
ホームページ
Facebook

その他のおすすめ記事

リンスは頭皮につけないで!美容師さんが伝授する『頭のかゆみを改善する方法』

リンスは頭皮につけないで!美容師さんが伝授する『頭のかゆみを改善する方法』

普段の暮らしで意識する『美容師さんに教わるツヤ髪対策』

普段の暮らしで意識する『美容師さんに教わるツヤ髪対策』

傷んだ髪がよみがえる?『手作りオリーブオイルシャンプーでヘアケア』

傷んだ髪がよみがえる?『手作りオリーブオイルシャンプーでヘアケア』

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.09.27

韓国風に簡単アレンジ!『キムチ肉じゃが』

2019.09.20

濃厚しっとり!秋のおやつ『南瓜とクリームチーズのパウンドケーキ』

2019.09.19

【食育のコト】新米を楽しもう!

2019.09.11

子どもに伝えたい昔おやつ『牛乳かりんとう』

2019.09.10

簡単♪無添加の『手作り鮭フレーク』・『鮭と茗荷のちらし風混ぜご飯』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.27

低糖質でボリューム満点!『カリカリ高野豆腐と茄子の中華風』

2019.08.23

旬を味わう二層のゼリー『ぶどうサイダー&ミルクゼリー』

2019.08.20

思っているより簡単♪旬の太刀魚をさばいてみましょう

2019.08.20

冬瓜の使い切りレシピ♪ヘルシーな『冬瓜もち』&『冬瓜のボリューム焼き』

編集部おすすめ記事

2019.09.13

冷凍パイシートで作る 旬のおやつ『無花果とヨーグルトのパイ』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.15

【食育のコト】たまご料理を楽しもう!たまごの七変化

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

2019.07.21

ひと鍋で完成!栄養まるごと『スープカオマンガイ』

2019.07.16

うな重より気軽に作れる『うなぎご飯』

2019.07.13

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-6.こんな時なに食べる?夏に負けないからだのために-

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.12.16

たまごも牛乳も使わない!寒天で作るトロっと美味しい『さつまいもプリン』

2019.02.01

とろっとろでスパイシーなご馳走『牛すじカレー』

2019.02.12

白菜と椎茸入り!『餅入り巾着の含め煮』

2018.12.06

旨み成分たっぷり!冬野菜『知って得する白菜の栄養成分と保存方法・おすすめレシピ』

2019.09.24

使い回し抜群!香りを味わう『焼ききのこのおひたし』

2019.08.26

ネギ、玉ねぎ、らっきょう、ニラ、アスパラガス…特徴いろいろ『ユリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2015.08.08

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介