参加するコト参加するコト
ワークショップ 2018.05.01

【開催レポート】「万年筆で旬の味覚をラクガキしよう」を開催しました!

ケノコトが毎月開催している食や暮らしにまつわるイベント。4月のイベントは万年筆を使ったラクガキ講座を開催しました。

文字を描くだけじゃない万年筆の魅力とは?!

今、再び注目を集めている万年筆。その表現の豊かさを伝えるべく、今回ケノコトが開催したイベントは「万年筆でラクガキしよう」というもの。このイベントを通じて、万年筆をもっとカジュアルに身近に楽しんでもらいたいという想いで、文具ブランドの『神戸派計画』さんのご協力のもと、ワークショップを企画しました。

サトウヒロシ先生の万年筆ラクガキ講座

講師にお招きしたのは「万年筆ラクガキ講座(エイ出版社)」の著者・万年筆画家のサトウヒロシ先生。サトウ先生の講座は百貨店や大手文具店でも開催されている人気のワークショップで、今回はケノコト向けに「朝食」というテーマを設定し、初心者の方でも楽しめるような講座にアレンジしていただきました。

ワークショップには万年筆を初めて握るという初心者の方から普段から使い慣れている方まで幅広くご参加いただきました。中にはサトウ先生のワークショップのリピーターもちらほら。そんな様子からも、一度万年筆ラクガキを体験するとその魅力にはまる方が多いことが分かります。

いよいよラクガキ実習スタート

今回の目標は、90分のワークショップの中で今が旬のアスパラガスを使ったモーニングプレートを万年筆で描けるようになること。

使う道具が想像以上に少ないのが印象的で、万年筆と水筆、インク、そしてペットボトルのキャップ1杯の水のみ。絵の具の水彩画と比べたら揃える道具が少なくて済むのも、万年筆ラクガキのファンが増え続けているポイントなのかもしれません。


先生のレクチャーを見ながら、線を描いたり、円を描いたり、線を水筆でぼかしたりしながら、レジュメに沿って落書きのテクニックを習得していきます。

万年筆を使い始めて20分もするとラクガキのコツが掴めてきて、課題である「アスパラガスと目玉焼きのモーニングプレート」も徐々にそれらしく描けるようになってきました。

失敗してしまっても、水筆で再びインクをぼかせば修正が利くのも万年筆ラクガキの良いところ。
先生にコツを教えてもらったり、目の前で実演してもらうことができるのもワークショップの醍醐味です。

コーヒーとパンを添えて。ふんわり湯気に乗って、香りが飛び出してきそうです。仕上げにサインや日付など、ちょっとした文字を書き足すことで「作品」らしくなりますね。

あっという間に時間が過ぎていきましたが、みなさん思い思いにラクガキを楽しんでいただけたようです。サトウ先生が万年筆で描いたオリジナルの絵葉書と、今回マスターしたテクニックを使って描ける「食」のモチーフの素材集をお土産に。
この素材集を参考にしながら、日々の美味しかった食べ物の記録などを絵日記のように万年筆と好きなインクで描いてみるのも素敵な習慣ではないでしょうか。


参加者のみなさんの声

ご参加いただいた皆様には、今回のワークショップに関するアンケートを実施させていただきましたので、感想の一部をご紹介させていただきます。

・「絵心がないわりに、とっても楽しくて驚きでした!」

・「(見本と)同じものが描けて感動しました!とても分かりやすくてよかったです。紙の魅力もよくわかりました。」

・「気軽さがとても良いと思いました。(絵・時間・金額)」

・「もう少しワークタイムが欲しいです。でも楽しめました。」

・「インクの色の種類についてもお話しが聞けたので良かったです。」

他にもたくさんの貴重な声を頂戴しました。
皆様からのご意見を活かしながら、これからもより楽しく質の良いケノコトらしいイベントを企画運営していきます。

ご参加いただいた皆様、ご協力いただいた皆様のおかげで充実のイベントとなりましたこと、この場をお借りして御礼申し上げます。
どうもありがとうございました!

ケノコト編集部

 

次回のイベントはこちら

特別企画「初夏のケノコトピクニック」

タイトルなし_R

過去のイベントレポートはこちら

【開催レポート】「ケノコト親子フォト撮影会」を開催しました!

IMG_5945[9320]_R

【開催レポート】ケノコト料理教室「バレンタインメニューレッスン」を開催しました!7516818256-IMG-6061_R

【開催レポート】「毎日食べたいグラノーラ講座」を開催しました!

20180129_042609220_iOS_R

【開催レポート】ケノコト手前味噌講座を開催しました!【開催レポート】ケノコト手前味噌講座を開催しました!

コメント

人気の記事

2021.04.18

春野菜の即席サラダ2種『新玉のツナごまサラダ』と『春キャベツのマヨポン』

2021.04.17

それぞれの旨みをそのままに『うどと鶏の炊き合わせ』

2021.04.14

季節の手しごとしませんか?春を味わう・ふきのまぜご飯

2021.04.14

小田原かまぼこ発祥の店鱗吉(うろこき)応援コラボキャンペーンを開催します!

2021.04.13

ぎゅぎゅっと色々詰め込んだ楽しいバケット『スタッフドバケット』

2021.04.10

お互いの酸味が引き立てあう『ブルーベリーとじゃがいものマヨ和え』

2021.04.10

ゆでて和えるだけでおもてなしおつまみ『蓮根のタプナード和え』

2021.04.09

「ケノコトハウス」のおすそ分けレシピ④ ~多めに作ってお弁当にもおかずにも『ピーマンの肉詰め』~

2021.04.09

こわいお煎餅がある?!お煎餅の他にもある『こわい』食べ物のコト

2021.04.08

ほっこりおいしい!!『小芋とえんどう豆のそぼろあんかけ』

編集部おすすめ記事

2021.04.19

5分で作れる!簡単副菜『豆苗と油揚げのにんにく炒め』

2021.04.18

生でも加熱してもおいしい!根から葉先まで、旬のカブを丸ごといただこう

2021.04.18

『いつもの暮らしにグリーンをプラス』~幸せと健康を運んでくれるガジュマル~

2021.04.17

スプーンでバクッと!ふんわりお豆とほろほろお肉の『ゆで塩豆と鶏のラー油煮』

2021.04.16

ピクニックのお弁当におすすめ!『塩麴のプチトマトマリネ』

2021.04.15

丸ごと!春の旬を味わう『新玉ねぎのポトフ』

2021.04.14

子供と食べたいやさしいおやつ『甘酒蒸しパン』

2021.04.13

シンプルが美味しい!!春を味わう『春野菜のナムル』

2021.04.10

今から減塩生活を始めよう。食品ラベルから塩分量を計算する方法

2021.04.10

お互いの酸味が引き立てあう『ブルーベリーとじゃがいものマヨ和え』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2021.04.15

知っておきたい『春に食べられる野草と山菜』とその調理法

2020.04.16

あと混ぜで旨味がしみ渡る ほっこり優しい『たけのこごはん』