知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

家のコト 2019.08.06

知っておきたいコツがある『正しい掃除機のかけ方』

LINEで送る
Pocket

普段何気なくかけている掃除機。実は、正しい掃除の仕方があるのをご存知でしたか?このことを知っているのといないのとでは、効果に格段の差が生じるだけでなく、身体にかかる負担も全然違ってくるというのですから、あなどれません。
そこで今回は、ぜひ知っておいていただきたい掃除機の正しい掃除の仕方をご紹介します。

掃除機をかける前に準備をしっかりと

掃除機をかける前には以下のような準備を行う必要があります。

1.窓を2か所開けて換気する

掃除の際に舞い上がったほこりを外に追い出すために必要です。

2.マスクを着用

掃除中にホコリを吸い込まないようにするためにマスクを着用しましょう。

3.はたきをかける

はたきをかけて、掃除機では届かない場所にあるほこりを下に落としておきます。照明器具のかさ、タンスの上、エアコンや冷蔵庫の上、など高い場所は、ホコリが積もりやすいので念入りに行いましょう。

4.エアコンのスイッチを切る

エアコンをかけっぱなしで掃除機をかけると、送風によってホコリが撒き散らされてしまうので、気をつけましょう。

5.床の上の物を片付ける

掃除機をかける時に邪魔になるものは極力取り除いておきましょう。最初に片付けておいたほうが、その都度動かして掃除機をかけるよりも効率的です。

6.モップがけ

フローリングに掃除機をかける前に必要です。いきなり掃除機をかけると床のホコリが舞い上がってしまいます。あらかじめ、モップで乾拭きして、ある程度取り除いておくことで、ホコリの舞い上がりを大幅に抑えることができます。
2

正しい掃除機のかけ方

1.奥から手前に向かってかける

部屋の手前から奥に向かって掃除機をかけると、前に進むときに。せっかく掃除機をかけたところを足で踏むことになるため、その際に足に付着したほこりを付けてしまうことになるからです。それを防げる、奥から手前に向かって後退しながらかけていく方法が正解です。

2.ゆっくりと引く

掃除機は、押すときよりも引くときの方が吸引力が強くなるためです。基本的に押すときにゴミをかき集め、引くときにそれらのホコリを吸い込む仕組みになっているようです。当然時間をかけた方がより多くのゴミを集めることができます。押す引くの一往復にかける時間は5秒~6秒くらいが一応の目安です。

3.かける面にヘッドを水平に当てる

掃除機のヘッドはかける面に水平に当ててしっかりと密着させる必要があります。ヘッドが浮いた状態で掃除機をかけると、その分吸引力が落ちてしまうので注意が必要です。

4.場所に合わせてノズルを使い分ける

すき間用、棚用、布団用など、通常のノズル以外に、場所や用途に合わせてノズルを使い分けることで、効率よくホコリやゴミを取り除くことができます。
1

おわりに

このほかに、掃除機をかける時間もベストな時間があるようです。フローリングは朝一番にかけると、より多くのホコリを吸引することができるようです。また、和室は、なるべく夜遅くにかけた方が、より多くのダニを取り除くことができますよ。

記事/助家事さん
ロゴ横_B
家事代行マッチングサイト「タスカジ」が運営する、あなたの家事力をアップする家事メディアです。
お掃除やお料理等の家事ノウハウを中心に、家事に携わるすべての方に役立つ情報を発信しています。
http://taskajisan.taskaji.jp

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?
ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!
調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格や主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。
詳しくはこちら

その他のおすすめ記事

どうやって洗ったらいいの?『子ども部屋のカーテンの洗濯方法』

どうやって洗ったらいいの?『子ども部屋のカーテンの洗濯方法』

掃除機だけでは限界!プロお墨付き『究極の絨毯お掃除術』

掃除機だけでは限界!プロお墨付き『究極の絨毯お掃除術』

がんばらなくても片付く『クローゼット収納をスッキリさせるコツ』

がんばらなくても片付く『クローゼット収納をスッキリさせるコツ』

いつもの家事も「家事リスト」で時短『手早く!お風呂掃除のコツ』

いつもの家事も「家事リスト」で時短『手早く!お風呂掃除のコツ』

手早くきれいに!『アイロンがけ時短のコツ』

手早くきれいに!『アイロンがけ時短のコツ』

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.09.10

簡単♪無添加の『手作り鮭フレーク』・『鮭と茗荷のちらし風混ぜご飯』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.27

低糖質でボリューム満点!『カリカリ高野豆腐と茄子の中華風』

2019.08.23

旬を味わう二層のゼリー『ぶどうサイダー&ミルクゼリー』

2019.08.20

思っているより簡単♪旬の太刀魚をさばいてみましょう

2019.08.20

冬瓜の使い切りレシピ♪ヘルシーな『冬瓜もち』&『冬瓜のボリューム焼き』

2019.08.18

暑いからこそ、温活を『じゃがいものポタージュ』

2019.08.14

夏のデザート『とろ〜りマンゴープリン』

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.09

帰省のお土産に!プレーン、抹茶、アールグレイ『三種のふわふわマドレーヌ』

編集部おすすめ記事

2019.08.15

【食育のコト】たまご料理を楽しもう!たまごの七変化

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

2019.07.21

ひと鍋で完成!栄養まるごと『スープカオマンガイ』

2019.07.16

うな重より気軽に作れる『うなぎご飯』

2019.07.13

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-6.こんな時なに食べる?夏に負けないからだのために-

2019.07.04

超簡単!一度は作りたい濃厚『ガトー・テリーヌ』

2019.06.27

季節の草花『紫陽花のコト』魔除け・縁起物にも重宝された花

月間人気記事

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.06.13

料理によって使い分け!とろっと食欲そそる『とろみ素材』の特徴と原材料

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.10.15

作り置き常備菜シリーズ『秋刀魚の梅煮』

2017.05.30

『塩の味、違いを知れば料理はもっとおいしくなる!』~ソルトコーディネーターが教える使い分けのコツ~

2016.11.21

子ども好きなら手に職を『子育てに役立つ資格とは』

2017.12.26

HBで簡単ふわふわ!『チーズクリームのシナモンロール』

2015.08.08

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.03.13

必要なのは『人の話を聞き流すテクニック』

2018.01.24

『からだに優しい甘酒フレンチトースト』で朝から腸活するとイイコト