作るコト作るコト
料理 2018.05.09

皮から手作り!『肉汁溢れるジューシー小籠包』

人気の点心「小籠包」。口に含むと肉汁が溢れ、とても美味しいですよね。手作りはできない…なんて思っていませんか?
皮はシンプルな材料で、具は日本人にもなじみのある餃子と同じ材料で、ご家庭でも簡単に手作りできます。蒸したて熱々な小籠包には、酢醤油+千切り生姜がおすすめ。旨味たっぷりなスープも逃がさないよう、レンゲを使って召し上がって下さいね。
2-1
3-1

『肉汁溢れるジューシー小籠包』材料(約35個分)

皮材料

国産小麦パン用強力粉 春よ恋100%   250g
焼き菓子用薄力粉   50g
胡麻油        大さじ2
熱湯         180ml
打ち粉(薄力粉、強力粉どちらでも可) 適量

鶏がらゼリー材料

水          250ml
顆粒鶏ガラスープの素 大さじ1
顆粒ゼラチン     1袋

具材料

豚ひき肉       300g
椎茸         2本
玉ねぎ        1個
☆生姜すりおろし   大さじ1/2
☆酒         大さじ2
☆醤油        大さじ2
☆オイスターソース  大さじ1
☆胡麻油       大さじ1

チンゲン菜      お好みで
醤油、酢、黒酢、千切り生姜等 お好みで

『肉汁溢れるジューシー小籠包』作り方

1. 玉ねぎはみじん切りに、椎茸は粗みじんにしておく。
2. 鶏がらゼリーを作る。鍋に水、顆粒鶏がらスープの素を入れ、沸騰したら火を止め顆粒ゼラチンを加えホイッパーでよく混ぜる。ゼラチンが完全に混ざったら容器に移し粗熱を取り、冷蔵庫で冷やし固める。
3. 皮を作る。ボールに強力粉、薄力粉、胡麻油、熱湯を入れ初めのうちはヘラで混ぜ、手で触れられる温かさになったら手で捏ねる。手のひらで強く押して折り畳み向きを変え、強く押して折り畳み、を繰り返し、生地がまとまったらラップ又はジップロックに入れ常温で1時間程休ませる。
4. 生地を休ませている間に中身の具を作る。ボールに豚ひき肉、玉ねぎ、椎茸、☆印の調味料を全て入れ、手で捏ねる。全体が滑らかによく混ざったら2のゼリーを手で細かくちぎって加え、再び手で混ぜ合わせる。生地が完成するまで冷蔵庫に入れておく。
4-1
5-1
5. 休ませていた生地を打ち粉をした台に取り出し、体重をかけてよく捏ねる。生地が柔らかく、手にくっつくようになったら横長に伸ばし、包丁で半分に切る。
6-1
7-1
6. 半分の生地を両手で転がしながら細長く伸ばし、小さく切り分ける。(約2cm角)切った面を上にし、手のひらで潰して平たい丸にする。麺棒で伸ばし形を整える。このとき中心は厚めに、周りを薄くするようにする。(中心が薄いと具を包むときに破けてしまう。)もう半分の生地も同様にする。
8-1
9-1
10-1
7. 出来上がった皮に4の具を詰める。皮の中心にスプーンで具を置き、周りの皮を中心に集めるように包み、集めた皮をくるっとひとひねりして上で止める。
11
12
8. 蒸籠にクッキングシート、お好みでチンゲン菜を敷き、その上に小籠包を並べ10分程蒸して完成。酢、黒酢、醤油、千切り生姜等お好みでつけて食べる。
13
14

『肉汁溢れるジューシー小籠包』ポイント

・具にゼリーを入れる事でより肉汁が溢れだします。
・皮作りは熱湯を使う事でモチモチとした食感になります。

(準備時間  5分/調理時間  2時間15分)

レシピ/ akari
4歳、1歳 兄妹の母。フードスタイリスト、食育メニュープランナー。野菜をたくさん取り入れること、旬のものを食べて四季を楽しむこと をモットーに毎日料理しています。instagramには、家族の為に作った日々の御飯を投稿しています。

記事/DEPOレシピ
DEPOレシピとケノコトのタイアップ記事です。
24058717_1892737967721214_8833376544246082126_n
〜普段作りたくなるおやつのレシピ〜
焼き菓子・ケーキ・パン・ピザ・うどん・そばなどの、普段の暮らしで作りたくなるレシピをご紹介していきます。
http://depo-recipe.com/

このレシピで使用している材料はECサイト「製菓材料DEPO」からご購入いただけます。

その他のおすすめ記事

手打ちうどんで『おうちうどんパーティー』

手打ちうどんで『おうちうどんパーティー』

HB食べやすくて楽しい!『全粒粉入りピタパンサンド』

HB食べやすくて楽しい!『全粒粉入りピタパンサンド』

HBで作る田舎風な素朴パン『全粒粉とライ麦のベーコンエピ』

HBで作る田舎風な素朴パン『全粒粉とライ麦のベーコンエピ』

コメント

人気の記事

2020.07.10

栄養たっぷりの夏野菜『ゴーヤの魅力と苦みを消す方法』

2020.07.10

切ったあとは小さな子どもにおまかせできる『ピーマンの明太子和え』

2020.07.09

さっぱり身体に染み渡る『桃とシナモンの甘酒スムージー』

2020.07.09

「今ここ」の意識を100パーセント集中する『マインドフルネスのススメ』

2020.07.08

朝の定番に食物繊維をプラスする 『大人の納豆ごはん』

2020.07.08

栄養満点 手軽さ満点。今だから作り伝えたい懐かしの『牛乳かん』

2020.07.08

素材で選ぼう『作り置きにぴったりな保存容器の種類』

2020.07.08

口当たりの良いだしを楽しむ 『かぶの簡単お吸い物』

2020.07.07

骨強化&夏バテ予防!『おかひじきと人参の新生姜そぼろ炒め』

2020.07.06

夏のお昼はこれでキマリ!『具沢山ぶっかけそうめん』

編集部おすすめ記事

2020.07.12

子どもに大人気!『茎ブロッコリーの肉巻き』

2020.07.10

心を無にして新たないっぽを『写経で静かに自分と向き合う』

2020.07.09

ちょっとの牛乳が味をまーるくしてくれる『たらもサラダ』

2020.07.09

「今ここ」の意識を100パーセント集中する『マインドフルネスのススメ』

2020.07.04

栄養たっぷり!旬のおかひじきを使った『おかひじきと豆腐のチャンプルー』

2020.07.03

家飲み・おつまみに最適!まるでレバーのような味わいの『黒豆と納豆のペースト』

2020.07.03

毎朝すっきりの秘訣とは? 1杯のお水で美腸ケア

2020.07.01

梅雨時期が一番美味しい!旬のイワシを召し上がれ『入梅鰯のクルクル揚げ』

2020.06.30

ごはんに合うおばんざい『ふっくら肉団子の甘酢あん』

2020.06.28

健胃、ダイエットにも!『キャベツとグレープフルーツのビューティージュース』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.16

スマホの動作が重い・熱いときは?『原因と改善方法でサクサクに』(iPhone/Android)その2

2020.06.04

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』