得するコト得するコト
美容 2018.05.11

そろそろ準備OK?時間がなくてもしっかり『紫外線対策』

紫外線対策と言うと「夏」というイメージがあるかもしれませんが、実は5月くらいから夏と同レベルの紫外線が降り注いでいるというデータがあることをご存じですか?また、紫外線はしみや肌老化などの原因にもなりかねませんので、ちょっとしたお買い物や親子のお散歩の時にもしっかりと対策をしたいもの。
そこで今回は、紫外線のこと・親子で紫外線対策する際のアイテム選びのコツについてお伝えします。

「UV-A」「UV-B」ってどう違う?それぞれどうガードする?

紫外線は大きく、「UV-A」「UV-B」の2種類に分けられます。

①蓄積すれば肌老化の原因にも…生活紫外線、「UV-A」

肌に蓄積することでジワジワと作用し、ハリや弾力低下の原因になると言われているUV-A。雲やガラスも透過することから、ちょっとした洗濯干しや子どもの送迎などでも油断はできません。
このUV-Aから肌を守る指標が「PA値」。「+」~「++++」の4段階あり、+の数が多ければ多いほど、UV-Aを防止する効果が高いということになります。

②色素沈着やしみの原因に…レジャー紫外線、「UV-B」

海に出かけたとき、体が真っ赤になってその日のシャワーが痛かった…そんな経験はありませんか?これはUV-Bによる「サンバーン」という炎症反応。このように、短期間でも肌に作用するのが特徴のひとつ。しみや肌あれ、ごわつきを感じる原因とも言われています。
このUV-Bから肌を守る指標が「SPF値」。最大値は「50+」となり、数値が高ければ高いほどUV-Bから肌を守ってくれる効果が高いということになります。

また、家族で出かけてもパパはすぐに肌が黒くなるのに、ママは赤くなるもののそれほど黒くはならない…など、紫外線による影響には個人差があります。
pic1

どう選ぶ?親子の日焼け止め剤

ドラッグストアやバラエティショップにはたくさんの日焼け止め剤が並び、どれを選べばよいのか迷ってしまうかもしれません。ここでは「日焼け止め剤」を選ぶ際のいくつかの視点をご紹介します。

①SPF値とPA値

生活シーンによってSPF値・PA値の異なる日焼け止め剤を使い分けるとよいでしょう。

・日常生活(お散歩や買い物など)であれば、SPF10、PA+前後
・屋外での軽いスポーツや太陽の下での活動などであれば、SPF10~30、PA++以上
・炎天下でのレジャーなどであれば、それ以上

これらを目安に、使用感触にも違和感のないアイテムを選べるとよいですね。

②「紫外線吸収剤」について

紫外線吸収剤を使用した日焼け止め剤は白浮きや肌に塗った時のキシキシとした感触が少なく、特に日常使いには心地よい使用感のものが多いのが特徴ですが、まれに肌が化学物質にアレルギー反応を起こすことも。
いっぽう、「紫外線吸収剤フリー」などと記されている製品には紫外線を物理的に反射させる「紫外線散乱剤」が用いられていますが、肌に塗ったときに白浮きしたり、きしみを感じたりすることも。
より肌にやさしい日焼け止め剤をお探しなら、それぞれの特徴を知ったうえで「紫外線吸収剤フリー」の製品を試してみることも選択肢のひとつかもしれません。

③形状・剤形

乳液、ジェル、スプレー、シートなどさまざまな製品がありますので、生活シーンに合ったものを選びたいもの。たとえばお出かけ前にさっと塗れるように、日常使いの日焼け止め剤はポンプタイプのものを玄関に置いておく、出先でさっと塗りなおす場合にはかさばりにくいシートタイプ、元気に走り回るお子さんの場合には追いかけながらでもシューッと紫外線ケアができるスプレータイプ…など、日常生活に無理なく組み込んでみてはいかがでしょうか。

④プラスアルファの効果

化粧下地効果のあるものを使用すればママのメイクタイムの時短に。乳液に紫外線防止効果があるものを選べば、肌の最大の敵・乾燥を防ぐことができます。また、お子さん用におすすめなのが、アロマの香りで「虫よけ効果」も期待できる日焼け止め剤。活発な年頃のお子さんにお出かけ前に虫よけ剤と日焼け止め剤を塗ることは大変ですよね。こうしたアイテムも取り入れて、ママに少しでも楽をしていいただけたらと思います。
pic2

やはりスキンケアの鍵は『保湿』…わかっているけど時間がない

生のお魚と干物では、どちらが焦げやすいでしょうか?…そう、干物ですよね。これは人間の肌にも同じことが言えます。朝晩のお手入れでしっかりとうるおいを補い、屋外に長時間いた日の夜にはシートマスクをプラスするなど、うるおう肌づくりをあらためて意識してみませんか?
「とはいえ子どもとのお風呂上がりはバタバタで、お手入れの時間が取れない…」そんなあなたには、オールインワンタイプの保湿剤をひとつ持っておくことをおすすめします。その時にはヒアルロン酸などの保湿成分、アルブチンやトラネキサム酸などの美白効果が期待できる成分が配合されたものをチョイスすれば、忙しいママの頼もしい味方になってくれるはず。
pic3

頬をなでる風もさわやかになり、親子のお出かけにもうれしい季節。この時期を十二分に楽しむための紫外線対策、この機会にぜひ見直してみてくださいね。

文/時短美容家 大倉純子
ブログはこちら
記事/ママトコタイム
12636930_10208848790483829_714750486_o
「ママトコタイム」は、小さなお子さんと一緒に美容院などに行ける無料保育サービス。
店舗が定期開催する「ママトコタイム」に子連れで来店すると、その場でプロによる保育を利用できます。
ママになったら諦めるのではなく、ママになっても『できる!』社会をめざし、家族の笑顔を増やしていく取り組みを進めています。

ママトコタイム開催店舗などの情報はこちら

ママトコタイムFacebookページ

その他のおすすめ記事

あなたはどっち?ママ時間の使い方『朝活派vs夜活派』

あなたはどっち?ママ時間の使い方『朝活派vs夜活派』

育児をスムーズに!『ママの手帳選びと活用法』

育児をスムーズに!『ママの手帳選びと活用法』

カサカサお肌に気をつけて!『子どもが自分でできる乾燥対策』

カサカサお肌に気をつけて!『子どもが自分でできる乾燥対策』

コメント

人気の記事

2021.06.13

ピーマンと調味料だけで完成!食べる手が止まらない『ピーマンのはちみつ醤油炒め』

2021.06.10

シンプルが美味しい!『アスパラガスのオープンサンド』

2021.06.05

そら豆の味と食感を楽しむ『そら豆のクリームチーズパスタ』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.06.04

季節の手仕事『夏の常備菜らっきょうしごと』

2021.06.03

きんぴら大変身!豆腐1丁で『特大がんものご馳走あんかけ』

2021.06.02

作り置き常備菜シリーズ『酢たまねぎ』とアレンジレシピ

2021.06.01

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

2021.05.28

和えるだけ!生で食べて栄養たっぷり『新玉ねぎのおかかサラダ』

2021.05.27

手作りの味は格別『生いちごのマシュマロ』

編集部おすすめ記事

2021.06.11

さっと作ることができて保存が効く!夏の常備菜『きゅうりの炒めナムル』

2021.06.11

干して戻してうまみがぎゅーっとおいしい乾物を愉しむ 『うまみと磯の香りが溢れるひじきの肉そぼろ』

2021.06.10

発酵食品で免疫力UP!第7弾『鮎のコンフィ・シソジェノベーゼソース』

2021.06.09

季節の手しごと『ピンクジンジャーシロップ』

2021.06.09

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

2021.06.08

こどもと作ろう!『パステルカラーの彩り白玉ポンチ』

2021.06.07

季節を感じる贅沢、雨の日は『梅仕事』を始めてみませんか

2021.06.07

たっぷりの大葉を味わおう!アレンジ自在『大葉ベーゼ』

2021.06.06

季節の仕込みゴト『まるごときゅうり』

2021.05.30

食欲がない日でも食べやすい!黒七味香る『シソ醤油』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.06.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類