知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

教育・子育て 2018.05.18

そろそろかな?と思ったら始めてみよう!『トイレトレーニング』

LINEで送る
Pocket

子どもの成長に合わせておむつを少しずつ外していきたいな、暖かくなってきたから夏に向けてトイレトレーニングを始めてみようかな、と考えているご家庭も多いのではないでしょうか。何をしたらよいのかわからない、という方にも始めていただきやすいよう、始め方のステップや継続の方法などご紹介します。

いつ頃から始めるの?

「何歳何か月からです」というはっきりした時期はありません。歩き始める・おしゃべりするなど、お子さんによって開始時期や成長のスピードが違うように、排泄機能の確立もみな違います。では、始める目安は何でしょう?
それは、膀胱が大きくなり、おしっこをためられるようになること。つまり、おしっこの間隔があいてきたら始めてみるのがよいでしょう。
お子さんの状況を見ながらではありますが、洗濯物の乾きが早い、薄着になり脱着しやすい、汗をかくのでおしっこの回数が減る、トイレも寒くないなどの利点から夏前のこの時期に始めるご家庭は多いようです。

最初は何からどうやるの?

いきなりトイレに連れて行って、「さあ、シーシー」と言ってもできるわけではありません。その前に準備をしましょう!

ステップ1:排泄は『トイレでするものだ』とお子さんに認識させること

保育園などでは、年上のお子さんの姿を見て真似をする子も多いですが、ご家庭でそのチャンスがない場合には絵本などを利用するのがよいでしょう。お子さんに人気の「ノンタン」「くろくまくん」シリーズや、しかけ絵本など数々のトイレに関する絵本がありますので、お子さんが興味を引く本を選んでみてください。お人形などを使うのもよいですね。

ステップ2:トイレの環境を整える

トイレは楽しいところ、怖くないと感じてもらうことが大切です。
お子さんの好きなキャラクターシールを貼ったり、タオルを置いたりしてストレスなくトイレに行けるようにしてあげてください。
そして大事なのが、補助便座の準備です。足台付き、取手付き、折り畳み式など様々なタイプがありますので、ご家庭に合ったものを選んでください。最初はオマルがよいかな?と悩んでいる方もいると思いますが、小さなお子さんにとってオマルはよい方法だと思います。その場合は、置き場所を固定して、ビニールシートを敷くなどの配慮が必要です。
pic1

さあ、トイレデビュー!

準備が整ったらタイミングを見てトイレに誘ってみましょう。
食事の前、お出かけの前、お昼寝の前後など、活動の切れ間がよいと思います。最初はなかなか出ないと思いますが、それでいいんです。それが当たり前なのです。
『トイレに行って座る』
これができたら第1段階は成功です。出なかったら、「じゃあ、○○ちゃんのおしっこさん呼んでみようか」「まだいないみたいね、また後でね」など声をかけて終わり。お子さんが嫌がったら無理強いしない。オムツはいずれ外れるものと、ゆったりとした気持ちで構えましょう。パパ、ママがイライラしているとお子さんも緊張してかえって逆効果です。

排泄するには筋肉を緩める力が必要です。そのために、外で身体をたくさん動かして筋力をつけることも大事です。
そして成功した時は、たくさん褒めてあげてくださいね。「いっぱい出たね!」「気持ちいいね~」と声をかけ、排泄後の心地よさを経験させるとまた次の成功につながると思います。
pic2

いよいよ、布パンツデビュー

成功回数が増えてきたら、布パンツ(トレーニングパンツ)を用意しましょう。お子さんの好きなキャラクターデザインならテンションが上がること間違いなし。自慢げに見せてくれるでしょう。
オムツの上から布パンツをはき、「自分もお兄さん、お姉さんパンツをはいているんだ」と自信を持たせてあげるのもよいと思います。失敗しても叱らず、ゆっくり時間をかけて徐々にオムツが外れればよいという考えで過ごしてみてください。日中はパンツ、夜間はオムツ、うんちはまだトイレで出ない、などお子さんにより違いはありますが、「焦らず・急がず」の気持ちで、お子さんに合った方法で進めてくださいね。

文/RYO
記事/ママトコタイム
12636930_10208848790483829_714750486_o
「ママトコタイム」は、小さなお子さんと一緒に美容院などに行ける無料保育サービス。
店舗が定期開催する「ママトコタイム」に子連れで来店すると、その場でプロによる保育を利用できます。
ママになったら諦めるのではなく、ママになっても『できる!』社会をめざし、家族の笑顔を増やしていく取り組みを進めています。

ママトコタイム開催店舗などの情報はこちら

ママトコタイムFacebookページ

その他のおすすめ記事

自分から動ける子に!おすすめ『やることボード』

自分から動ける子に!おすすめ『やることボード』

まずは親が変わろう『子どものチカラを引き出すために』

まずは親が変わろう『子どものチカラを引き出すために』

伸ばし方は親次第?!『子どものやる気と集中力をアップさせるコツ』

伸ばし方は親次第?!『子どものやる気と集中力をアップさせるコツ』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.08.15

日本の暮らしの言葉『夏真っ盛り「暑さ」と「涼しさ」を表す言葉たち』~葉月の暮らし~

2018.08.14

クリーム溢れる!ふわっ、しゅわっ『生シフォンケーキ』

2018.08.13

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『08 梅シロップのジンジャエール』

2018.08.08

夏のひんやりおやつ『抹茶のくずもち風』

2018.08.06

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『07 みつはしさんちの冷やし鶏』

2018.08.03

旬の野菜を食べよう!甘くておいしい『とうもろこしごはん』

2018.08.02

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

2018.07.31

小学生の自由研究におすすめ!一日で出来る『貝殻を使ったハーバリウム』

2018.07.30

素材で選ぼう『作り置きにぴったりな保存容器の種類』

2018.07.29

発達・育児相談室から『それぞれみんながんばりすぎている』

編集部おすすめ記事

2018.08.17

作り置き常備菜シリーズ『レモン酢シロップ』

2018.08.07

レトロな喫茶店風『昔ながらのたまごサンド』

2018.08.07

家にある鍋を有効活用しよう!使い方によって調理時間も料理のおいしさも変わる『鍋』

2018.08.07

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「かぼちゃ」の常備菜』

2018.08.04

ひんやり冷やして大人のデザート『ピンクの桃のポタージュ』

2018.08.01

【ケノコトInstagram企画】8月の「日常のコト」を『#葉月のコト』で投稿しよう

2018.07.28

まぐろレアステーキとアボカドをサラダ丼仕立てに『まぐろステーキアボカドサラダ丼』

2018.07.27

いつものキャベツにインドの風味を『さっぱりクミンキャベツ』

2018.07.14

健胃、ダイエットにも!『キャベツとグレープフルーツのビューティージュース』

2018.07.13

だしがらでもう一品『しっとりふりかけ』

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2016.08.21

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』