知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

ファッション 2018.06.14

環境にも優しく、お手入れもしやすい『ポリエステル』

LINEで送る
Pocket

「ポリエステル」は、私たちの身近にある原料で作られ、リサイクルできる素材であることから生産量NO.1を誇ります。製造しやすいことも生産量が多い理由の一つですが、それだけではありません。ポリエステルの特性も生産量アップの後押しをしています。

環境にも優しい!生産量NO.1の『ポリエステル』

ポリエステルは合成繊維の中でも衣類に最もよく使われる繊維です。そのため、世界で最も生産量の多い繊維でもあります。1941年にイギリスで誕生し、日本では1958年に生産されるようになりました。ポリエステルは現在、国内の合成繊維生産量の約半分を占めているのだとか。
ポリエステルの原料は石油で、PET樹脂の原料でもあります。PET樹脂とは、ペットボトルの原料です。リサイクルによって材料が入手できることから、価格も安く、限られた資源である他の合成繊維に比べて市場に多く出回っています。

ポリエステルは燃やしても有害なダイオキシンがほとんど出ないことやドライクリーニングの必要がないことから、環境にも優しい素材です。

ポリエステル素材のペットボトル

お手入れがしやすい『ポリエステル』を汚れ物と洗う時は注意が必要

生産量が多いというのは単に製造しやすいからではありません。普段のお手入れがしやすいのもポリエステルが広まっている理由の一つです。

ポリエステルの長所

ポリエステルは混紡や撚り合せをすることで強度の高い糸を作ることができます。また、シワになりにくい、縮みにくい、速く乾くなどの性質があるので、お手入れがしやすい素材です。

プラスチックの性質である熱可塑性により、洗濯した後でもきちんと折り目やプリーツが残ります。また、水に濡れても乾きやすいというメリットもあります。

ポリエステルの短所

ポリエステルは静電気が起きやすい素材なので、空気が乾燥しやすい冬は、特に注意が必要です。また、ポリエステルは汚れを吸着したり、毛玉がとりにくい性質もあります。

プリーツ加工がとれにくいのは『ポリエステル』のお陰

ポリエステルの衣類は、しわになりにくく、速乾機能をもつことから、手入れがしやすいので飛躍的に普及しました。

衣類ではポリエステル65%綿35%などの混紡でセーターやワイシャツ、ユニフォームなどに使用されています。プリーツ加工の折り目が取れにくいことから女性のブラウスやスカートはポリエステル素材が多いようです。

衣類以外ですと、カーペットやカーテン、テーブルクロス、布団の素材としても使われており、耐熱性があるため、ホットカーペットの素材としても重宝されています。傘に使われることもありますが、ナイロンと比べて粘性が低いので、折りたたみの傘をいい加減に畳んだまま長期間おいておくと、変な折り目の線がついてしまうのでご注意ください。

プリーツ加工のスカート

 

汚れ物と一緒に洗濯するときは気を付けましょう

ポリエステルは比較的洗濯機にかけても問題のない素材です。しかし、洗剤や水の量が少なすぎたり、汚れがひどいものと一緒に洗濯すると、「再汚染」といって一度落ちた汚れが洗濯機の中で再付着することがあるので、注意が必要です。もし、汚れが付着してしまった場合は、漂白剤を使って落としましょう。

天然素材のウールだと、毛玉ができても取れやすいのですが、ポリエステルは合成繊維で強い繊維のため、毛玉は繊維の表面にしっかりと留まってしまう傾向があります。毛玉をなるべく作らないためには、洗濯時に洗濯ネットを使用して摩擦を防いだり、連続での着用を避けるようにすると良いです。
洗濯後、アイロンがけをするときはテカリ防止のために当て布をしてください。温度は中温(140~160℃)で大丈夫です。

洗濯ネット

ペットボトルと原料が同じことから、再利用でき、NO.1の生産量を誇るポリエステル。ポリエステル素材の衣類は比較的扱いやすく、丈夫なので長く着られますが、汚れ物との洗濯や毛玉に気を付けて愛用しましょう。

記事/ケノコト編集部

その他おすすめ記事

その他おすすめ記事

「鋼鉄よりも強く、クモの糸より細い」といわれる『ナイロン』

ウィンドブレーカー

暮らしに寄り添うコットン。高い機能性をもつ『綿』のお話

暮らしに寄り添うコットン。高い機能性をもつ『綿』のお話

捨ててしまうその前に、その服『ウエス』にしませんか

捨ててしまうその前に、その服『ウエス』にしませんか

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.01.11

牛すじを使ってみよう。基本の仕込み『牛すじの下茹で』

2019.01.09

1月の和菓子 「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2019.01.08

冬の香りを召し上がれ『柚子ジャムと柚子パウンドケーキ』

2019.01.07

作り置き常備菜シリーズ『ゴロゴロおかず豚』

2019.01.07

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『24 家族が大事ってことは、自分も大事ってこと』

2018.12.27

鉛筆を正しく使えるようになるために『指先を鍛える』

2018.12.27

台所育児エッセイ 「暮らしに恋して」『23 生命力が武器なのか!』

2018.12.23

材料4つ。シンプルで華やか『レモン大根』

2018.12.12

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2018.11.30

ワンボウルで混ぜるだけ『バナナとココナッツのパウンドケーキ』

編集部おすすめ記事

2019.01.14

一生に一度の成人の日「成人」ってなんだろう?自分を振り返る機会に

2019.01.10

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2019.01.09

覚えておきたいおやつレシピ『ガナッシュケーキ』

2019.01.07

一年で一番寒い時期の始まり『小寒』気軽に「寒仕込み」を楽しもう

2018.12.28

旬食材『鱈』ー鮮度が命の厳寒の海の幸。古くは縁起物でハレの日のごちそう ー

2018.12.27

鉛筆を正しく使えるようになるために『指先を鍛える』

2018.12.25

旬の大根で作る簡単晩ご飯『豚バラのみぞれ煮』

2018.11.30

旬の秋鮭をおいしく!『秋鮭の味噌漬け焼き』

2018.11.27

大きなツリーは飾れない!コンパクトに飾れる『おしゃれで可愛いミニツリー』

2018.11.22

【新連載】『第1話 山型食パン』akari’s life style

月間人気記事

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.03.05

大麦ともち麦って違うの?『知られざる麦のチカラ』

2016.11.20

ほったらかしで大丈夫。干し野菜レシピ『干し大根をつかった作り置きおかず』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』