得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2018.05.19

二十四節気の暮らし方『梅雨の走り「小満」』ほっと一息、身体を休めよう

LINEで送る
Pocket

立夏を過ぎるとぐっと夏らしい日差しの強い日になる事もしばしばです。ですが本格的な夏を迎える前に「走り梅雨」と呼ばれる雨が降りやすいのが小満(しょうまん)の時期です。

ほっと一息つく時期「小満」。現代では?

小満は立夏の15日後に当たります。気温が上がって春先に芽吹いた植物がしっかりと育って来た頃合いになります。
二十四節気が生まれた中国では、この時期は秋に種を撒いた麦が穂を付け始める時期に当たったのだそうです。刈り取りの時期にはもう少し間はあるものの、今年の収穫の目処が立って一安心する事から「小さな満足」を意味する「小満」という名前になったと言われています。

今の日本の稲作でも、本州ではこの時期は多くの地域で田植えが行われています。田植えが終わると春の農作業に一区切りつきますので日本でも小満の時期はほっと一息、というタイミングの農家の方もいらっしゃるかもしれませんね。でも、現代では新年度が始まって2ヶ月近く。よく「5月病」などとも言われますが新しい環境に慣れつつも疲れが出やすい時期かもしれません。

「走り梅雨」と言われる雨が降りやすい時期

沖縄や奄美地方では小満の頃に既に梅雨入りしている事がほとんどです。その他の地域でも正式な梅雨入りの発表の前に雨が続く事があり「走り梅雨」と呼ばれる事もあります。気温と湿度が上がってくるので食品の衛生管理も気になる所ですが、この時期は体調にも気をつけたい時期です。

蒸し暑い日と肌寒い日の寒暖差や、冷房の使われ始めで体がそれに慣れない事や、雨などの気圧の変化で頭痛が出やすくなる事もあります。気圧と頭痛の関係は色々な見方があるようですが、気圧の変化で自律神経が乱れるから、という考え方があります。人間も動物ですから雨や嵐の時はじっと休むように、身体がサインを送って来ているのかもしれませんね。
1
また、この頃から熱中症にも注意が必要です。時期的に本格的な夏に入っていないので油断しがちですが湿度が高いために汗が蒸発しにくくなり、体に熱がこもる事でも熱中症になる事があります。また、熱中症に至らないまでも知らずにかいた汗のために水分不足になり、それが原因で頭痛になってしまう事もあります。蒸し暑い雨の日、頭が痛いなと思ったら身体を休めると共に、十分に水分を取ってみてくださいね。

香りが頭痛を和らげるセロリと簡単な食養生の方法

小満の頃は、セロリの旬になります。セロリは年中流通していますが、生産シェア日本一の長野県産の物は5月から11月頃に出荷されています。セロリの香り成分にはストレスからくる情緒不安定や苛立ち、頭痛を緩和する効果があると言われています。また、寝付きが良くなる効果もあるのだとか。

セロリを料理する時、爽やかな歯ごたえがする茎をメインに使いがちですが、栄養は葉に多く含まれていますので、葉も捨てずに食べて下さいね。セロリは食物繊維が多く、カリウムも含まれるのでお通じやむくみにも効果があり、積極的に食べたい食材です。あまり食べた事がない方はこれを機会に新しいレシピにチャレンジしてみては?
2
セロリの香りが苦手…という方におすすめなのがボロネーゼのようなトマト味の煮込みに入れる食べ方です。苦手な人にはクセに感じられる香りがトマトと合わさるとなんとも言えない旨味になります。香りに慣れるにはまずセロリの入った野菜ジュースをトマトソースの水分代わりに使って見て下さい。セロリの香りなしでは物足りなく感じるかもしれないほど美味しい風味がしますよ。

最後に、この時期に特におすすめの食養生をご紹介します。日中、暑さのあまり冷たい物を飲んだり食べたりする機会が増えます。そんな時は、食事の時に心がけて温かい物を食べるようにして下さい。インスタントのお味噌汁や白湯でもいいのでカフェインなどの刺激物が入っていない物を朝一番に口にするなど、内蔵を温めて労ってあげると効果的です。

本格的な夏に入ると内臓はますます疲れやすくなります。この時期から腹八分目にする、こってりした物ばかり食べない、お酒の回数を決める、というように足し算でなく引き算の考え方で食事を調節するクセを付けておきましょう。

本格的な暑さが来る前の小満に時期に、体と心を充実させて、エネルギッシュに夏を乗り切る準備ができるといいですね。

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

保存食のある暮らし~爽やかな初夏の香りの『セロリとかぶのさっぱり漬け』

保存食のある暮らし~爽やかな初夏の香りの『セロリとかぶのさっぱり漬け』

暮らしに一手間『自家製中濃ソース』

暮らしに一手間『自家製中濃ソース』

「旬花」心にしみるような青い絨毯『ネモフィラ』~皐月の暮らし~

「旬花」心にしみるような青い絨毯『ネモフィラ』~皐月の暮らし~

5月の誕生花『カーネーション』~皐月の暮らし~

5月の誕生花『カーネーション』~皐月の暮らし~

5月の誕生石『エメラルド』~皐月の暮らし~

5月の誕生石『エメラルド』~皐月の暮らし~

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.09.08

二十四節気の暮らし方 「朝晩涼しくなってくる『白露』」秋の始まりを意識してみよう

2018.09.05

秋の簡単おやつレシピ『かぼちゃのココナッツグラノーラ』

2018.09.03

日本の暮らしの言葉『昔の暦、月齢ごとの月の名前』〜長月の暮らし〜

2018.09.02

お弁当におすすめ!なすとごぼうを使った『作り置きの常備菜』

2018.09.02

いつもの道具をサッと簡単お手入れ『調理器具のお手入れのコツ』

2018.08.31

おじいちゃんおばあちゃんに喜ばれる!敬老の日の贈り物『フラワーフォトフレーム』

2018.08.24

夏の終わりにおいしい冷茶でほっと一息『冷たい緑茶の楽しみ方』

2018.08.15

日本の暮らしの言葉『夏真っ盛り「暑さ」と「涼しさ」を表す言葉たち』~葉月の暮らし~

2018.08.14

クリーム溢れる!ふわっ、しゅわっ『生シフォンケーキ』

2018.08.13

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『08 梅シロップのジンジャエール』

編集部おすすめ記事

2018.09.08

アレンジ自在『つるむらさきのごま和え2種』

2018.09.01

【ケノコトInstagram企画】9月の「日常のコト」を『#長月のコト』で投稿しよう

2018.08.31

残暑を楽しむ!エヌアセットおすすめ『溝の口周辺おでかけスポット』

2018.08.17

作り置き常備菜シリーズ『レモン酢シロップ』

2018.08.07

レトロな喫茶店風『昔ながらのたまごサンド』

2018.08.07

家にある鍋を有効活用しよう!使い方によって調理時間も料理のおいしさも変わる『鍋』

2018.08.07

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「かぼちゃ」の常備菜』

2018.08.04

ひんやり冷やして大人のデザート『ピンクの桃のポタージュ』

2018.08.01

【ケノコトInstagram企画】8月の「日常のコト」を『#葉月のコト』で投稿しよう

2018.07.28

まぐろレアステーキとアボカドをサラダ丼仕立てに『まぐろステーキアボカドサラダ丼』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』