作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

2018.05.23

これからの季節におすすめ!『涼しげなハーバリウムの作り方』

LINEで送る
Pocket

5月も中頃になると、日中は暑い日が多くなってきました。そこで、これからの季節におすすめしたいのが、見ていると涼しい気分になれるハーバリウムです。ハーバリウムとは、もともとは植物標本という意味がありますが、最近ではオイルと一緒に植物をガラス瓶に入れ、長く楽しむインテリア雑貨として人気があります。また、ハーバリウムはお手入れがいらないので、水やりなどが出来ない忙しい方でも気軽に植物を楽しむことができます。そんなハーバリウムを自分で作ってみませんか?今回はハーバリウムの作り方を紹介します。

『ハーバリウム』用意するもの


・しっかり蓋ができるガラス瓶
(大きさはお好みのものを選んでください。細長いタイプの方が作りやすいと思います。ガラス瓶の入り口が小さいものは花材が入れにくいので注意してください。)
・ドライフラワーまたはプリザーブドフラワー、木の実などの花材
・ピンセット (長いものが使いやすいです)
・はさみ
・ハーバリウム専用オイル (インターネットなどで購入できます)

※生花は水分が含まれているため、ハーバリウムでは使えません。ドライフラワーも水分がしっかり抜けているものを使用してください。花材に水分が残っていると腐食やカビの原因となりますので、気をつけてください。また、プリザーブドフラワーやプリザーブドグリーンを使用する場合、着色してあるものがありますが、その中にはオイルに入れると色がオイルに移ってしまうものもあります。

『ハーバリウム』の作り方

1.最初に、ガラス瓶が汚れている場合はきれいに洗って、しっかり乾燥させてください。水分が残っているとカビが発生する原因となります。

2. 次にどのような雰囲気のものを作りたいか考えながら、ドライフラワーやプリザーブドフラワーをはさみでカットします。

3.次にガラス瓶の中にドライフラワーやプリザーブドフラワーをピンセットで入れていきます。
この時、出来上がりをイメージしながら入れていってください。入れる前にどのような順番で入れるか机に並べてみるとイメージしやすいです。
短く切ったものを詰めていく場合、材料が少ないと重いものは下の方に溜まり、軽いものは上の方に浮いていってしまうことがあります。手で持ってみて少し重いものがあれば下の方に入れてください。またできるだけたくさん詰めた方が、隙間ができにくくなります。
材料を長く切った場合も花材によっては浮いてきてしまうことがあるので、他の花材で短く切ったものを何本か入れてガラスにひっかかるように入れてください。

4.最後にハーバリウム専用のオイルを少しずつ流し込みます。勢いよく入れると、配置が変わってしまうこともあるので、様子を見ながらゆっくり注いでください。

ハーバリウムの楽しみ方

ハーバリウムは専用のボックスも一緒に販売されています。これに入れるとギフトにぴったりで、配送もしやすくなります。手作りのプレゼントは相手の方にも喜んでもらえるのではないでしょうか。
また、蓋が木製のタイプなども販売されています。おうちの雰囲気と合わせるのにそういったものを選んでみてもいいかと思います。ハーバリウムは涼しげなので夏っぽい雰囲気ですが、花材を時期のものにすると季節を表現することもできます。花材が揃わない時は、色合いで季節を表現してみてもいいと思います。出来上がったハーバリウムは光が入る所に飾るときれいに見えます。ぜひお試しください。

記事/牧 和華子
prof
3歳の女の子がいる主婦です。フラワーデザインの仕事をしていた経験を活かし、いろいろな形で暮らしにお花を取り入れています。CFDフラワージュエリーデザイナーズのインストラクター資格を取得し、依頼があればお家で教室をしています。家族が落ち着ける心地良い住まいを目指しています。
Instagram

その他のおすすめ記事

母の日に贈りたい『リボンを使ってカーネーションを作ってみよう』

母の日に贈りたい『リボンを使ってカーネーションを作ってみよう』

入学式に大活躍!付けるだけでぱっと華やか『コサージュ』

入学式に大活躍!付けるだけでぱっと華やか『コサージュ』

チョコレートをしのばせて『テーブルが華やかになるバレンタインリース』

チョコレートをしのばせて『テーブルが華やかになるバレンタインリース』

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.09.27

韓国風に簡単アレンジ!『キムチ肉じゃが』

2019.09.20

濃厚しっとり!秋のおやつ『南瓜とクリームチーズのパウンドケーキ』

2019.09.19

【食育のコト】新米を楽しもう!

2019.09.11

子どもに伝えたい昔おやつ『牛乳かりんとう』

2019.09.10

簡単♪無添加の『手作り鮭フレーク』・『鮭と茗荷のちらし風混ぜご飯』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.27

低糖質でボリューム満点!『カリカリ高野豆腐と茄子の中華風』

2019.08.23

旬を味わう二層のゼリー『ぶどうサイダー&ミルクゼリー』

2019.08.20

思っているより簡単♪旬の太刀魚をさばいてみましょう

2019.08.20

冬瓜の使い切りレシピ♪ヘルシーな『冬瓜もち』&『冬瓜のボリューム焼き』

編集部おすすめ記事

2019.09.13

冷凍パイシートで作る 旬のおやつ『無花果とヨーグルトのパイ』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.15

【食育のコト】たまご料理を楽しもう!たまごの七変化

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

2019.07.21

ひと鍋で完成!栄養まるごと『スープカオマンガイ』

2019.07.16

うな重より気軽に作れる『うなぎご飯』

2019.07.13

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-6.こんな時なに食べる?夏に負けないからだのために-

月間人気記事

2016.07.20

『京都珍百景』で知る、「珍」京都のススメ

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2019.08.15

レタス、ごぼう、春菊…知っていますか?『キク科の野菜の種類とあれこれ』

2018.02.08

ビールおつまみに!!『カリカリ♪ガーリックシュリンプ』

2018.06.13

料理によって使い分け!とろっと食欲そそる『とろみ素材』の特徴と原材料

2017.10.11

深い呼吸を意識しよう『深い呼吸が身体とココロに及ぼすメリット』

2018.03.28

3人に1人は悩まされている花粉症は『自然のチカラを借りて自然に治す』

2018.04.26

穀物を食べよう。古くからの美肌食!スーパーフード『ハトムギ』生活のすすめ