知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

取材 2018.06.15

自分らしい暮らしに出会う『コンセプトで選ぶ新しいシェアハウスの形』

LINEで送る
Pocket

巷でよく耳にするようになった「シェアハウス」。シェアハウスとは、自分の部屋とは別に共有スペースがあり、家賃が一人暮らしに比べて抑えられたり、シェアハウスで暮らす入居者同士で様々なコミュニケーションがとれたりと、新しい賃貸の形として注目を集めています。

不動産屋業だけでなく、地元溝の口を盛り上げるような様々なプロジェクトを企画するなど、ユニークな地域密着型の取り組みをされている、川崎市の溝の口にある不動産会社 株式会社エヌアセット。そのエヌアセットのグループ会社である株式会社イノベートバリュー(以下、イノベートバリュー)は、ユニークなコンセプトをもつシェアハウスを運営されています。

ただ家賃が安いだけでなく、「こんなおうちでシェアしながら暮らしたい」と感じてもらえるようなシェアハウス作りをしているイノベートバリューは、シェアハウスでのコミュニティを大切に、生活が豊かになる・住んでいて気持ちいい空間作りをコンセプトにしています。

今回はイノベートバリューが運営している9棟のシェアハウスの一つ「シェ・トワ鶴川」にお邪魔して、代表取締役 細山さんにお話を伺いました。

住んでいて楽しくなるシェアハウス作り

ーーシェアハウスの事業を始められたきっかけを教えてください。

イノベートバリューは、主にシェアハウスの企画と運営をしています。現在、運営しているシェアハウスは9棟になります。
シェアハウス事業を始めたきっかけは、あるオーナーさんが物件を購入されて、この広い部屋を一人の方に貸すのではなく、別の方法としてシェアハウスの運営をお願いできないか、とご相談いただいたことが始まりです。実は、それまでシェアハウスの運営はやったことがありませんでしたが、お客様からのニーズがあってスタートした事業です。

最初にシェアハウス事業を始めた場所は二子新地です。現在、一部は東京と横浜にもありますが、ほとんどのシェアハウスは拠点となる溝の口周辺の川崎市内にあります。イノベートバリューで運営しているシェアハウスの共通のコンセプトは、「住んでいて楽しくなる」というところです。ただ、コンセプトは持ちつつも、そこをあまり気負いすぎない運営をしています。

イノベートバリュー代表取締役 細山さん

様々なライフスタイルに寄り添うシェアハウス

ーーイノベートバリューが運営されているシェアハウスには、それぞれユニークなコンセプトがありますが、具体的にどのようなシェアハウスがあるのでしょうか。

それぞれの物件の特徴を生かして、コンセプトを作っています。今回取材いただいた、ここ「シェ・トワ鶴川」は、自然と触れ合えることをテーマに、敷地内に入居者の方に使っていただける菜園やピザ窯を作り、外との繋がりを楽しんでもらおうということをコンセプトにしました。
また他には、子育ても仕事も楽しく両立して欲しいというコンセプトのシングルマザー専用のシェアハウス「ペアレンティングホーム阿佐ヶ谷」や、床材に杉板の無垢素材などの自然素材を使用して、シックハウス予防も期待できる、ファミリーとカップル用のシェアハウス「絆想舎(ばんそうしゃ)」などがあります。

取材日は入居者のみなさんでピザパーティーを開催されていました。

イノベートバリューが運営している9棟のシェアハウスのデザインは、特にリビングにこだわりがあります。どんな方が見ても、「素敵!」と感じてもらえるようなインテリア作りを目指しています。そのインテリアを気に入っていただいた方々が入居してくださっているので、運営していてシェアハウス内のコミュニティの雰囲気の良さを感じています。

ーーコンセプトによって、入居率などに違いはありますか?

はい、あります。例えばこの「シェ・トワ鶴川」は、リニューアルオープンしたのが2017年の7月で、当時は9部屋あったうち1部屋しか入居されていなかったんです。
リニューアルオープン当時は、外国の方が日本語を学べるというコンセプトのシェアハウスでした。日本語を学びたいという外国の方が多いというのを周りでよく耳にしていたのですが、学ぶところがないとも聞いていたので、このシェアハウスを作りました。しかし、思ったよりも入居者が集まらなかったため、今のコンセプトに方向転換をしました。おかげさまで現在は満室となり、新たに一部屋増やす予定です。

シェ・トワ鶴川で暮らす方々の声

シェ・トワ鶴川は、10代の学生の方から30代の社会人の方まで幅広い入居者の方々がお住まいです。今回の取材時には、これから入居される方も含めたピザパーティーを開催されていました。
そこで、シェ・トワ鶴川の入居者の方々に、シェアハウスについてお話を伺いしました。

「以前このシェアハウスの近くに住んでいて、たまたま見つけました。この家は面白いです。」と話すのは、グルジア生まれで世界を渡り歩くプロデューサーのゴチャさん。普段なかなか出会えないような方との交流ができるのも、シェアハウスならではの面白さですね。

「シェアハウスに住むのは初めてですが、思っていた以上に楽しい毎日です。実際に暮らしてみるまで、こんなに自分がシェアハウスに馴染むとは思っていなかったです。」

「疲れて帰ってきた時でも、誰かが家にいるというだけで気持ちが切り替えられます。このシェアハウスには料理が好きな人が集まっているので、一人暮らしだったら疲れて寝ちゃうけど、みんながいるから自分もちゃんと料理してご飯食べようって思えます。」

「OLから夢だったヨガインストラクターを目指し、地元の仙台から出てきました。働き方も大きく変わり、最初は戸惑うこともありましたが、シェアハウスでみんなとおしゃべりすることがリフレッシュになりました。この場所が自分にとってのスタート地点です。」

大学入学やキャリアチェンジなど新生活を迎える上で、心細かったり人と話をしたかったりする時もあるでしょう。そんな時、身近にコミュニティがあるシェアハウスは最適かもしれません。

さらに多様なシェアハウス作りを溝の口から広げていきたい

ーー今後は、どのようなコンセプトのシェアハウス作りをお考えですか。

一つは、シングルマザーの方専用のシェアハウスをもっと作っていきたいと思います。イノベートバリューは溝の口を中心に活動しているので、現在シェアハウスがある阿佐ヶ谷だけでなく、溝の口の周辺にもシングルマザーの方専用のシェアハウスを作りたいです。

もう一つは、企業が社宅としてシェアできるシェアハウスを作りたいです。例えば、9部屋ある建物を3社が3部屋ずつシェアして借りていただくことで、それぞれの会社や地域の会社がシェアハウスで異業種交流を深めながら、シェア生活ができるというシェアハウスを作りたいなと思っています。

ーー溝の口を含め、川崎市周辺エリアの魅力を教えてください。

溝の口のある川崎市の良さは、都心が近いにも関わらず人情味のある街が多いというのが魅力の一つだと思います。一方で、川崎市の東の方に行くと羽田空港が近く、外国人の方が日本にいらっしゃる時の玄関となる街でもあります。そのため、積極的に外国人の方やインバウンドビジネスなど、新しいことを取り入れているところも多くあるんです。新しいことと古くから続くこと、日本だけでなく海外の文化など、さまざまな物事が交錯する面白い街だなと思いますね。

ーーーー
イノベートバリューが運営しているシェアハウスには、住みやすさだけでなく、暮らしていて気持ちいい空間や楽しいコミュニティ作りの工夫がされていました。コンセプトのあるシェアハウスでは、現代の多様なライフスタイルに寄り添う、より豊かな暮らしが育めるのではないでしょうか。

 
記事/ケノコト編集部
 



株式会社イノベートバリュー
ホームページ
代表取締役 細山 勝紀氏の書籍はこちら

 
%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%89112
ホームページ
Facebook
Instagram

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.10.11

圧力鍋でも炊飯器でもふっくら『美味しい玄米ご飯の炊き方』

2018.10.10

この時期にやりたい季節の掃除『年末の大掃除を楽にするちょい仕事』

2018.10.07

冷凍OK!作り置き調味料『基本のトマトソース』

2018.10.03

乳・卵・砂糖フリー!優しいおやつ『甘酒クラッカー』

2018.10.01

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『13 食べること』

2018.09.24

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『12 炭酸せんべい』

2018.09.21

発達・育児相談室から『「運動会がイヤ」そう言われたら』

2018.09.18

秋の長雨で洗濯物が乾かない…!『生乾きの洗濯物の匂い対策』

2018.09.16

おうちで手作り『基本の肉まん』

2018.09.08

二十四節気の暮らし方 「朝晩涼しくなってくる『白露』」秋の始まりを意識してみよう

編集部おすすめ記事

2018.10.05

旬の味覚を楽しもう!『かつおの漬け丼』

2018.10.05

子どもの英語力を伸ばしたい!『英語はいつしゃべれるようになるの?』

2018.10.04

Trick or Treat の本当の意味知ってる?『ハロウィンの由来と伝統スイーツ』

2018.10.01

【ケノコトInstagram企画】10月の「日常のコト」を『#神無月のコト』で投稿しよう

2018.09.22

前菜や洋風ごはんの付け合わせにも『いんげんミントマリネ』

2018.09.08

アレンジ自在『つるむらさきのごま和え2種』

2018.09.01

【ケノコトInstagram企画】9月の「日常のコト」を『#長月のコト』で投稿しよう

2018.08.31

残暑を楽しむ!エヌアセットおすすめ『溝の口周辺おでかけスポット』

2018.08.17

作り置き常備菜シリーズ『レモン酢シロップ』

2018.08.07

レトロな喫茶店風『昔ながらのたまごサンド』

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』