知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

家のコト 2018.05.27

プロ直伝!『キッチンのシンクをピカピカにする5つのコツ』

LINEで送る
Pocket

キッチンのシンクは使用頻度が高いところなので、ほんの少しお掃除を怠るだけで、すぐにくすんだり、汚れが目立ったりして大変ですよね。今回は、プロ直伝のキッチンをピカピカにキープするコツについてご紹介します。

コツその1 使用するたびにササッとお掃除

キッチンのシンクは、たとえ念入りにお掃除をしてピカピカにしても、使っているうちにすぐに汚れがたまり、どんよりとくすんでしまいます。汚れをためないためには、毎回洗い物が終わったら、最後にスポンジに洗剤(台所用中性洗剤)をつけて、ササッとシンクをお掃除する。それこそがピカピカをキープする最大のコツになります。
お掃除が終わったら、仕上げにからぶきして水滴を取り除いておくこともお忘れなく!

コツその2 シンクに水滴を残さない

シンクの汚れの大半は、水垢です。水道の蛇口をひねった際に、水が飛び散ってシンクのあちこちに付着し、それがそのまま放置されると水垢になります。

洗い物以外でも、毎回シンクを使用した後に、シンクについた水滴をササッと拭きとっておきましょう。この一手間を加えるだけで、大幅に水垢を減らせますし、シンクのお掃除を簡単に済ませることができますよ。

コツその3 シンクに最適なお掃除アイテムを選ぶ

すでにくすんでしまったシンクをピカピカにするためには、お掃除に使用するアイテム選びも重要です。シンクのお掃除には、スポンジを使用します。シンクを傷める怖れがあるので、金属たわしやナイロンたわしはNGで、避けるようにしましょう。

また使用する洗剤は、中性洗剤かクリーム状のクレンザーを選びましょう。粒子の洗い粉末のクレンザーは、シンクを傷める怖れがあるのでNGです。これらのアイテムを使用すれば、シンクの気になる汚れをスッキリ落としながら、ピカピカに磨き上げることが十分に可能です。

洗剤の代わりに重曹とお酢を使ってもOKです。その際は、スポンジに重曹を含ませて磨き、その後ぬるま湯にお酢を垂らしたもので拭いていきます。またシンクにクエン酸水(水200mlにクエン酸を小さじ1杯の割合で溶かしたもの)を吹きかけて拭き取るという方法もおすすめできます。

コツその4 節目に沿って均等の力で磨く

シンクの表面には、ヘアラインと呼ばれる筋状の節目が存在します。その節目に沿って、平行に磨くようにしましょう。節目に逆らわず、部分的に強く力を入れずに均等に力を入れて磨くことがポイントです。磨き終わった後は、洗剤を水で洗い流して、しっかりと水滴を拭き取っておくこともお忘れなく。

コツその5 仕上げにオイルコーティング

仕上げに、サラダ油(オリーブオイルなど)を少し含ませた布でシンクの表面をオイルでコーティングしておくと、光沢が出て、ピカピカにできるだけでなく、汚れもつきにくくなります。

おわりに

いかがでしたか?キッチンのシンクがいつもピカピカだと、とても気持ちがよいものですよね。コツを押さえて、いつでもシンクのピカピカをキープできれば、お料理のやる気度も倍増すること間違いなしですよ。

記事/助家事さん
ロゴ横_B
家事代行マッチングサイト「タスカジ」が運営する、あなたの家事力をアップする家事メディアです。
お掃除やお料理等の家事ノウハウを中心に、家事に携わるすべての方に役立つ情報を発信しています。
http://taskajisan.taskaji.jp

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?
ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!
調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格や主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。
詳しくはこちら

その他のおすすめ記事

油汚れも焦げ付きもスッキリ!『超簡単なガスコンロの掃除方法』

油汚れも焦げ付きもスッキリ!『超簡単なガスコンロの掃除方法』

鏡をすっきりピカピカに『鏡のうろこ汚れを落とすコツ』

鏡をすっきりピカピカに『鏡のうろこ汚れを落とすコツ』

どうやって洗ったらいいの?『子ども部屋のカーテンの洗濯方法』

どうやって洗ったらいいの?『子ども部屋のカーテンの洗濯方法』

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.09

帰省のお土産に!プレーン、抹茶、アールグレイ『三種のふわふわマドレーヌ』

2019.08.08

おうちカフェを楽しもう!簡単『ゼリー・カフェオレ』

2019.08.08

あと一品に超便利!さっと作れる『人参のゴマナムル』

2019.08.06

まるごと調理で美味しく健康に!『枝豆の包み焼き』&『枝豆のポタージュ』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

もっと知りたい日本の郷土料理―宮崎県―『冷や汁』

2019.08.01

餃子の皮で作る『焼き小籠包』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.08.01

今年こそチャレンジ!季節の梅仕事『梅味噌』

編集部おすすめ記事

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.09

栄養たっぷり!普段の暮らしに取り入れたい『ケノコト編集部おすすめ「い草」レシピ』

2019.08.09

コーチングのプロが教える『子どもが自ら考え、行動できるようになる声かけの秘訣』

2019.08.05

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.03

のどが痛いと感じたら。まるごと使いたくなる『金柑』がもつ秘密ゴト

2019.08.03

ズボラな私でも続く『朝ごはんから素敵な1日を始めるためのヒント』

2019.08.03

作り置き常備菜シリーズ『レモン酢シロップ』

2019.08.01

ホットケーキミックスで簡単に もっちり食感『まるでチーズなヨーグルトケーキ』

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

月間人気記事

2019.07.25

夏バテ予防に『知って得するみょうがの成分と保存方法』

2016.06.28

ハマる人続出!『奥が深〜い個性派植物の世界』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.17

朝の10分でできる!『出汁から作るお味噌汁』で元気に会社へ出勤しよう!

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2019.08.07

実は種類が多い!『知って得するししとうの成分と保存方法』

2017.04.10

保存食のある暮らし~週末につくりおき、大人も子供もみんな大好き!!『チキンライスのもと』

2017.08.18

編集部おすすめ『週に1度の作り置き「アボカド」の常備菜』

2017.02.18

『ファッション業界のお仕事を知る』〜パーソナルスタイリストさんのお話し〜

2017.04.24

保存食のある暮らし~レンジで簡単!!爽やかな香りの『しそ鶏ハム』