得するコト得するコト
まめ知識 2018.06.11

【雨の豆知識】「梅雨」や「夕立」だけじゃない夏の雨

夏の雨と言えば、「梅雨」や「夕立」が思い浮かぶのではないでしょうか。梅雨にも様々な種類があるのはご存知ですか?今回は梅雨の種類や夏の雨についてご紹介いたします。

梅雨(つゆ)

夏至の前後、6月上旬から7月下旬にかけて降り続く長雨のことです。中国長江流域、朝鮮半島南部、日本のみの現象なのだとか。
「つゆ」の語源には諸説ありますが、露けき時節だからや「潰(つい)ゆ」の義などといわれています。
「梅雨」の字を当てるのはちょうど梅の実が黄熟するころと時期が重なるためです。中国には「黄梅雨」という言葉があるそうですよ。他に「黴雨」と書くそうですが、これは黴(かび)が一番生える時期だからです。

一口に「梅雨」と言ってもさまざまな雨の姿があります。

梅雨

走り梅雨

梅雨入りの前に見られる梅雨を思わせる天候です。2、3日降りつづくが、いったん止むことが多く、「前梅雨」「迎え梅雨」ともいいます。

暴れ梅雨

雷をともなって昼夜問わず降り続く集中豪雨。梅雨の後期に多く、河川の氾濫、堤防決壊などの災害に繋がる雨のことです。

荒梅雨(あらつゆ)

梅雨前線の活動が強まることによって生じる集中豪雨で、梅雨の後期になると災害をもたらすほどの集中豪雨となることがあります。「あれつゆ」ともいうのだとか。

送り梅雨

雷をともなってひときわ強く降る梅雨の終わりの雨です。これが上がると梅雨も終わり、夏到来と言われており、梅雨を送り出すというところからきた言葉です。

返り梅雨

梅雨が明けたと思っていたら戻て来たように、また2、3日降る続く雨です。「残り梅雨」「戻り梅雨」ともいいます。

返り梅雨

空梅雨(からつゆ)

雨が少なく、名ばかりの梅雨です。干ばつになりやすく、農家にとっては恐ろしい現象で、都市でも真夏の断水や給水制限の心配がされます。「乾梅雨」や「早梅雨」「枯梅雨」「照り梅雨」ともいいます。

蝦夷梅雨(えぞつゆ)

梅雨がないといわれる北海道でたまに見られる梅雨の現象です。特に道南では梅雨前線豪雨もありますが、平均的にみると梅雨はないそうですよ。

青梅雨(あおつゆ)

木々の青葉をなお鮮やかに、色を濃くして降る雨。

青梅雨

男梅雨(おとこづゆ)

ザーッと激しく降ってはサッと止むことを繰り返す梅雨。快男児のイメージです。

女梅雨(おんなづゆ)

しとしとと長く降り続く型の梅雨。しとやかな女性のイメージです。

五月雨(さみだれ)

「さみだれ」の「さ」は「五月」の「さ」、あるいは「早乙女」や「早苗」などと同じく田植えに関する「さ」、「みだれ」は「水垂れ」からだという説と、天気が悪いという意味だとする説など他にもいろいろあるそうです。
五月雨は旧暦5月ころに降る長雨で、「梅雨」や「皐月雨」ともいいます。

夕立

夏の夕方に急に烈しく降ってくる雨のことで、ここで降っていても隣町では降っていないというように局地的に降る雨のことです。「ゆだち」や「よだち」「白雨(しらさめ)」「白雨(はくう)」ともいいます。

慈雨(じう)

田畑や野山をうるおす恵みの雨という意味です。夏の暑さに身体も心もぐったりしているところに降ってくる雨ともいわれています。
似たような雨に「喜雨(きう)」があります。喜雨は日照りが続いているときに降る雨のことで「雨喜び」ともいいます。

一発雨(いっぱつあめ)

夕立のように、いっときサーッと強く降って、すぐに上がってしまう雨で夏に多いです。

狐の嫁入り

日が照っているのに降る雨のことで、晴れているのに、パラパラと気まぐれに降る雨のことです。晴れているのに降る雨というのは人を騙したり、からかう「狐」からきているのでしょうか。「天気雨」や「日照雨(そばえ)」ともいいます。

狐の嫁入り

梅雨や夕立の他にご存知で雨の名前はありましたか?他にもたくさん夏の雨は種類があります。雨が続く梅雨や驚くような急な雨も名前を知ると少し楽しくなるのではないでしょうか。

記事/ケノコト編集部

その他おすすめ記事

【雨の豆知識】天気に関することだけじゃない!「雨」が入ることわざ

【雨の豆知識】天気に関することだけじゃない!「雨」が入ることわざ

日本ならではの名前。その由来は?初夏の長雨『梅雨のコト』

日本ならではの名前。その由来は?初夏の長雨『梅雨のコト』

二十四節気の暮らし方『梅雨の走り「小満」』ほっと一息、身体を休めよう

二十四節気の暮らし方『梅雨の走り「小満」』ほっと一息、身体を休めよう

二十四節気の暮らし方『一年の暮らしを支える雨が降る「穀雨」』

二十四節気の暮らし方『一年の暮らしを支える雨が降る「穀雨」』

コメント

人気の記事

2021.04.18

春野菜の即席サラダ2種『新玉のツナごまサラダ』と『春キャベツのマヨポン』

2021.04.17

それぞれの旨みをそのままに『うどと鶏の炊き合わせ』

2021.04.14

季節の手しごとしませんか?春を味わう・ふきのまぜご飯

2021.04.14

小田原かまぼこ発祥の店鱗吉(うろこき)応援コラボキャンペーンを開催します!

2021.04.13

ぎゅぎゅっと色々詰め込んだ楽しいバケット『スタッフドバケット』

2021.04.10

お互いの酸味が引き立てあう『ブルーベリーとじゃがいものマヨ和え』

2021.04.10

ゆでて和えるだけでおもてなしおつまみ『蓮根のタプナード和え』

2021.04.09

「ケノコトハウス」のおすそ分けレシピ④ ~多めに作ってお弁当にもおかずにも『ピーマンの肉詰め』~

2021.04.09

こわいお煎餅がある?!お煎餅の他にもある『こわい』食べ物のコト

2021.04.08

ほっこりおいしい!!『小芋とえんどう豆のそぼろあんかけ』

編集部おすすめ記事

2021.04.19

5分で作れる!簡単副菜『豆苗と油揚げのにんにく炒め』

2021.04.18

生でも加熱してもおいしい!根から葉先まで、旬のカブを丸ごといただこう

2021.04.18

『いつもの暮らしにグリーンをプラス』~幸せと健康を運んでくれるガジュマル~

2021.04.17

スプーンでバクッと!ふんわりお豆とほろほろお肉の『ゆで塩豆と鶏のラー油煮』

2021.04.16

ピクニックのお弁当におすすめ!『塩麴のプチトマトマリネ』

2021.04.15

丸ごと!春の旬を味わう『新玉ねぎのポトフ』

2021.04.14

子供と食べたいやさしいおやつ『甘酒蒸しパン』

2021.04.13

シンプルが美味しい!!春を味わう『春野菜のナムル』

2021.04.10

今から減塩生活を始めよう。食品ラベルから塩分量を計算する方法

2021.04.10

お互いの酸味が引き立てあう『ブルーベリーとじゃがいものマヨ和え』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2021.04.15

知っておきたい『春に食べられる野草と山菜』とその調理法

2020.04.16

あと混ぜで旨味がしみ渡る ほっこり優しい『たけのこごはん』