得するコト得するコト
まめ知識 2020.06.16

【雨の豆知識】梅雨の季節に嗜みたい雨の和歌・俳句

じめじめとしてなんだか気分が落ち込みがちな雨の時期ですが、昔も今も「雨」をテーマに多くの和歌が詠まれています。そもそも和歌とは特定の作者が存在し、その個性的な感情や思想が含まれていたり、音楽的要素もあった歌なのだとか。のちには文字や言語を表現の手段とするようになったそうですよ。
時代や作者によって様々な表現の和歌があります。見ていきましょう。

万葉集

万葉集は4516首の中で、雨についての歌は143首です。万葉集で「雨」が含まれる歌は、雨で女性のもとへ通えない、男性が雨を理由に来ないと嘆く切ない歌が多いのが特徴です。

阿倍広庭(あべのひろにわ)

雨降らず、との曇る夜の、ぬるぬると、恋ひつつ居(を)りき、君待ちがてり
意味:雨が降らないですっかり空が曇った夜のように、鬱々とした湿っぽい心持ちで恋しく思っていました。あなたを待って。

大伴家持(おおとものやかもち)

ひさかたの、雨(あめ)は降りしけ、思ふ子が、やどに今夜(こよひ)は、明かして行かむ
意味:雨よ降ればいい、親しく思っている方の家に今夜はすごしていこう。

「ひさかたの」は、天(あめ)、雨(あめ)、月(つき)など、空(そら)に関する言葉を導く枕詞(まくらことば)です。

家

新古今和歌集

新古今集1979首のうち、雨を詠んだ和歌は118首です。万葉集では切ない恋心を歌っていましたが、新古今集は雨そのものの情景をしみじみと詠んでいる名歌が多いです。

藤原良経

打ちしめり、あやめぞかをる、時鳥、鳴くや五月の、雨の夕暮れ
意味:しっとりとした空気の中であやめの香りがする。ほととぎすの鳴く五月の雨が降る夕暮れどきよ。

旧暦の5月は現在の6月なので五月雨は梅雨の頃を指しています。

あやめ

俳句

俳句は五七五の17文字で日本の雨の風景や心情を表した歌が多いのが特徴です。

与謝蕪村

五月雨や大河を前に家二軒
意味:五月雨が降り続いて勢いを増した川が流れている。そのほとりに家が二軒、ぽつりと建っている。

これは蕪村が62歳の時に作った有名な作品です。

松尾芭蕉

五月雨をあつめて早し最上川
意味:梅雨の雨が最上川にあつまって猛烈な勢いで流れている。

俳聖といわれる松尾芭蕉が奥の細道で詠んだ有名な句といわれています。

五月雨をあつめて早し最上川

様々な思いが「雨」という言葉を使って表現されていますね。雨で鬱々とした日、なかなか外出できない日など、雨ならではの気持ちを和歌で表現してみてはいかがでしょうか。

記事/ケノコト編集部

その他おすすめ記事

【雨の豆知識】天気に関することだけじゃない!「雨」が入ることわざ

【雨の豆知識】天気に関することだけじゃない!「雨」が入ることわざ

【雨の豆知識】「梅雨」や「夕立」だけじゃない夏の雨

【雨の豆知識】「梅雨」や「夕立」だけじゃない夏の雨

【雨の豆知識】風情豊かな弱い雨の名前

【雨の豆知識】風情豊かな弱い雨の名前

【雨の豆知識】強く激しく降る雨の名前

【雨の豆知識】強く激しく降る雨の名前

コメント

人気の記事

2020.07.10

栄養たっぷりの夏野菜『ゴーヤの魅力と苦みを消す方法』

2020.07.10

切ったあとは小さな子どもにおまかせできる『ピーマンの明太子和え』

2020.07.09

さっぱり身体に染み渡る『桃とシナモンの甘酒スムージー』

2020.07.09

「今ここ」の意識を100パーセント集中する『マインドフルネスのススメ』

2020.07.08

朝の定番に食物繊維をプラスする 『大人の納豆ごはん』

2020.07.08

栄養満点 手軽さ満点。今だから作り伝えたい懐かしの『牛乳かん』

2020.07.08

素材で選ぼう『作り置きにぴったりな保存容器の種類』

2020.07.08

口当たりの良いだしを楽しむ 『かぶの簡単お吸い物』

2020.07.07

骨強化&夏バテ予防!『おかひじきと人参の新生姜そぼろ炒め』

2020.07.06

夏のお昼はこれでキマリ!『具沢山ぶっかけそうめん』

編集部おすすめ記事

2020.07.12

子どもに大人気!『茎ブロッコリーの肉巻き』

2020.07.10

心を無にして新たないっぽを『写経で静かに自分と向き合う』

2020.07.09

ちょっとの牛乳が味をまーるくしてくれる『たらもサラダ』

2020.07.09

「今ここ」の意識を100パーセント集中する『マインドフルネスのススメ』

2020.07.04

栄養たっぷり!旬のおかひじきを使った『おかひじきと豆腐のチャンプルー』

2020.07.03

家飲み・おつまみに最適!まるでレバーのような味わいの『黒豆と納豆のペースト』

2020.07.03

毎朝すっきりの秘訣とは? 1杯のお水で美腸ケア

2020.07.01

梅雨時期が一番美味しい!旬のイワシを召し上がれ『入梅鰯のクルクル揚げ』

2020.06.30

ごはんに合うおばんざい『ふっくら肉団子の甘酢あん』

2020.06.28

健胃、ダイエットにも!『キャベツとグレープフルーツのビューティージュース』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.16

スマホの動作が重い・熱いときは?『原因と改善方法でサクサクに』(iPhone/Android)その2

2020.06.04

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』