知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

教育・子育て 2018.06.15

親力アップ!『子どものやる気を引き出すコーチング』

LINEで送る
Pocket

そろそろ気になり始める夏休み。子どもは楽しそうだけど、親は子どもの生活態度に戸惑うことも。子どものやる気を引き出したいのに、感情に任せて叱ってしまったり、うまくいかないと感じたことはありませんか?今回は子どものやる気を引き出すために、親としてどのように関わればよいのか、具体的なほめ方や叱り方のコツをご紹介します。親力アップで子どもの自己肯定感を育むヒントをご紹介します。

1.親の言動が、子どもの『自己肯定感』に影響!

日本の子供たちは、国際的に自己肯定感が低いことが指摘されています。日本を含めた7カ国の満13歳~29歳の若者を対象とした意識調査の結果(平成25年度文部科学省)によると、諸外国に比べ、自分を肯定的にとらえている若者の割合が少ない。また、うまくいくかわからないことに対して、意欲的に取り組む意識が低く、やる気が出ないと感じる若者が多いこともわかっています。

自己肯定感とは、ありのままの自分を受け止め、自分の否定的な側面も含めて、自分を肯定する感覚です。幼少期に自己肯定感を育むことはとても重要だと言われています。さて、自己肯定感はどうやって育まれていくのでしょうか。自己肯定感は、子どもを取り巻く、家庭、友人、学校といった社会の中で育まれていきます。とくに身近な親の言動は、子どもの自己肯定感に影響を与えます。まずは、お子さんが“無条件で愛されている”と実感できるようなあたたかな関り、やさしい言動を心がけていきましょう。

2.とことん信じて、任せる!

子どもができていないことは目につきやすいので、感情にまかせて怒ったり、つい親の目線で「これをしたら失敗するから、こうしたほうがいいわよ」とアドバイスが多くなったりすることも。幼いうちにまったく失敗を経験せずに成長し、大人になってから自分の失敗が許せないと悩んでしまう人もいます。
たとえうまくできない自分がいたとしても、自分を肯定的に受け止めることができたら、この先どんなことがあっても乗り越えていけるようになります。親の目にはやる気がないと感じる場面でも、『子どもを信じて、任せる!』ことを意識していきましょう。

3.上手にほめて、上手に叱る!

子どもをほめてばかりだとわがままになるような気がするし、叱ろうとするとつい怒ってしまい自己嫌悪に陥ることも。

子どもの自己肯定感を育むためには『上手にほめて上手に叱る』を心がけましょう。上手にほめて上手に叱るためには、コーチングの技術が役立ちます。コーチングとは、対話を通して、相手の成長を促す技術です。ただやみくもにほめたり、叱ったりするのではなく、親の評価を入れずに具体的に対話することを意識しましょう。

たとえば、100点満点のテストで90点だったときに、「90点だったね」と事実を伝え、「今回はどんな取り組みをしたの?」と聞いてください。そうすると「今回は、お友達と休み時間に問題を出し合った」「教科書をわかるまでよく読んだ」などの具体的な行動が出てきます。その行動をほめるのです。また、点数が10点だった時も、「なんであなたはできないの」「だから勉強しなさいっていったじゃない」というのではなく、「10点だったね。今回はどんな取り組みをしたの?」と点数が良かったときと同じアプローチをします。そうすると「今回は、ゲームばかりして勉強しなかった」「教科書を学校に置いてきた」などの状況がでてきます。
人格を否定するのではなく、その状況を叱るのです。行動も状況も具体的になればなるほど、上手にほめて上手に叱れるようになります。まずは対話で引き出すということを意識しましょう。

4.本当のやる気は『人の役に立つ喜び』から!

子どものやる気を引き出すために、ほめたほうがよいのか、叱ったほうがよいのか、どうしたらよいのでしょうか。ほめるも叱るも外からの動機づけです。外からの動機づけで動くというのが習慣になると、ほめられると動くが、ほめられないとやらなくなる、叱られて動くが、叱られないとやらなくなるようになります。

本来やる気は、子どもの内側から出てくるものです。人は誰かの役に立ちたいという欲求をもっています。幼いうちから、自分のためだけではなく『人の役に立つ喜び』を経験させ、本当のやる気を引き出すスイッチをつくっていきましょう。

今回は、親力アップ『子どものやる気を引き出すコーチング』をテーマに、上手にほめて上手に叱るコツをご紹介しました。長期休みは子どもと過ごす時間が増えます。親子の時間を大切に、 “対話”をすることから始めてみてください。

文/プロフェッショナルコーチ 齋藤みずほ
ホームページはこちら
記事/ママトコタイム
12636930_10208848790483829_714750486_o
「ママトコタイム」は、小さなお子さんと一緒に美容院などに行ける無料保育サービス。
店舗が定期開催する「ママトコタイム」に子連れで来店すると、その場でプロによる保育を利用できます。
ママになったら諦めるのではなく、ママになっても『できる!』社会をめざし、家族の笑顔を増やしていく取り組みを進めています。

ママトコタイム開催店舗などの情報はこちら

ママトコタイムFacebookページ

その他のおすすめ記事

親力アップ『子どものストレスを早めにキャッチする』

親力アップ『子どものストレスを早めにキャッチする』

イライラ感情は自分次第!親が学ぶ『セルフコントロール術』

イライラ感情は自分次第!親が学ぶ『セルフコントロール術』

コーチングのプロが教える『子どもが自ら考え、行動できるようになる声かけの秘訣』

コーチングのプロが教える『子どもが自ら考え、行動できるようになる声かけの秘訣』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.10.16

味付けはたったの二つ。秋の食卓に『栗とあさりのスープ』

2018.10.11

圧力鍋でも炊飯器でもふっくら『美味しい玄米ご飯の炊き方』

2018.10.10

さつまいもの消費に!優しい簡単おやつ『おさつスティック』

2018.10.10

この時期にやりたい季節の掃除『年末の大掃除を楽にするちょい仕事』

2018.10.07

冷凍OK!作り置き調味料『基本のトマトソース』

2018.10.03

乳・卵・砂糖フリー!優しいおやつ『甘酒クラッカー』

2018.10.01

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『13 食べること』

2018.09.24

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『12 炭酸せんべい』

2018.09.21

発達・育児相談室から『「運動会がイヤ」そう言われたら』

2018.09.18

秋の長雨で洗濯物が乾かない…!『生乾きの洗濯物の匂い対策』

編集部おすすめ記事

2018.10.05

旬の味覚を楽しもう!『かつおの漬け丼』

2018.10.05

子どもの英語力を伸ばしたい!『英語はいつしゃべれるようになるの?』

2018.10.04

Trick or Treat の本当の意味知ってる?『ハロウィンの由来と伝統スイーツ』

2018.10.01

【ケノコトInstagram企画】10月の「日常のコト」を『#神無月のコト』で投稿しよう

2018.09.22

前菜や洋風ごはんの付け合わせにも『いんげんミントマリネ』

2018.09.08

アレンジ自在『つるむらさきのごま和え2種』

2018.09.01

【ケノコトInstagram企画】9月の「日常のコト」を『#長月のコト』で投稿しよう

2018.08.31

残暑を楽しむ!エヌアセットおすすめ『溝の口周辺おでかけスポット』

2018.08.17

作り置き常備菜シリーズ『レモン酢シロップ』

2018.08.07

レトロな喫茶店風『昔ながらのたまごサンド』

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』