知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

食のコト 2018.06.19

がんばらずに簡単楽しむ『一汁三菜』の食卓

LINEで送る
Pocket

現代は多様な食の在り方があり、三菜でなくとも、二菜、一菜ということも場合もありますね。かつての食事は一汁三菜が基本で、健康に良い食事といわれています。三菜も作るのは大変!と思われるかもしれませんが、コツを掴むと難しくはありません。

「一汁三菜」とは

一汁三菜とは、「ごはん」「汁物」「おかず3品(主菜1品+副菜2品)」で構成されている献立のことです。日本の昔ながらの食の形で、ご飯でエネルギー源となる炭水化物を、汁もので水分を、おかずでその他の栄養をバランスよくとることができます。また、一人分ずつ盛りつけることで、食べる量がわかるので食べすぎ防止になります。
働き方も食事のスタイルも多様化しているため、毎食「一汁三菜」を作るのは難しい方は1日1回「一汁三菜」を意識してみてはいかがでしょうか。3品のおかずはちょっとした工夫で簡単に用意することができます。

一汁三菜

おかず3品を簡単にするコツは「全部がんばらない」

無理なく一汁三菜を作るためには、その日の献立と段取りを考えることが大切です。しかし、全部の料理に手をかけるのではなく、上手く手を抜くことがポイントなのです。

1品目(主菜)

主菜は肉や魚、豆腐や卵などのたんぱく質を豊富に含むものにしましょう。ボリューム感も大切です。

主菜の豆腐ハンバーグ

2品目(副菜)

野菜や海藻を中心としたの煮物やおひたし、サラダにしましょう。少し多めに作って常備菜にすると、必要であれば温めてお皿に盛りつけるだけで用意が可能です。

副菜のほうれん草のお浸し

3品目(副菜)

3品目の副菜は2品目よりも軽い副菜、小鉢に添える程度が丁度良いです。3品目も料理する余裕があるのであればいいのですが、この副菜は納豆や冷ややっこ、めかぶ、もずく酢など既製品ものやほとんど手を掛けないものにするのがポイントです。

納豆

いかがでしょうか。全部がんばらないことで、気も楽になり、簡単に「一汁三菜」の食事が完成します。

意識して飽きのこない食事に

おかず3品の素材はバランスはわかりましたが、1つ気を付けたいのが「素材」です。3品の「素材」が被らないようにしましょう。例えば、主菜を豆腐ハンバーグにしたら副菜に煮豆、冷ややっこを用意すると大豆製品ばかりになってしまうので、豆腐ハンバーグを主菜にするのであれば副菜は煮物、もずく酢というようにすると食材が被ることがありません。

あと1品が思いつかないときは…

主菜と1品の副菜は決めることができたけど、あと1品が浮かばない…というときは「五味五色五法(ごみごしょくごほう)」を意識すると良いですよ。「五味五色五法(ごみごしょくごほう)」は和食の決まりごとです。

五味:酸味・苦味・甘味・辛味・塩味
五色:白・黄・緑・赤・黒
五法:生・煮る・焼く・蒸す・揚げる

この5つにそのとき考えていたおかずを当てはめてみると献立を考えるヒントになるのではないでしょうか?これを意識することで調理法も被ることなく、彩りの良いバランスがとれた献立になります。

一見、3種類もおかずを作るのは大変…!思いますが、3種類のおかず全部をがんばって作らないことで簡単に「一汁三菜」が実現します。栄養のバランスを意識しなくても、食材や調理法の重複を避けると、自然と栄養バランスの良い献立になりますよ。まずは1日1回「一汁三菜」を取り入れてみてはいかがでしょうか。

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

伝統的な日本の食卓『和食の基本「一汁一菜」』その魅力とは

 伝統的な日本の食卓『和食の基本「一汁一菜」』その魅力とは

和のこころを大切に『ご飯は左。食卓から見えるありがとうの意味』

和のこころを大切に『ご飯は左。食卓から見えるありがとうの意味』

食事から丁寧な暮らしを『いただきますとごちそうさまの意味』

食事から丁寧な暮らしを『いただきますとごちそうさまの意味』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.07.14

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

2018.07.03

七夕に作ろう!『エビマヨのエスニック天の川そうめん』

2018.07.02

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『04 グラノーラ』

2018.06.29

季節の行事を楽しむ『七夕のテーブル』

2018.06.28

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

2018.06.25

早めに考えよう!小学生の夏休み『有意義な過ごし方5つのコツ』

2018.06.19

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

2018.06.11

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 01 運動会』

2018.06.06

二十四節気の暮らし方『稲の撒き時「芒種」』時間の過ごし方を振り返ろう

2018.06.05

爽やか、お洒落な前菜『真ダコと夏野菜のジュレスープ』

編集部おすすめ記事

2018.07.09

100年後を想像して、溝の口らしい街つくりに取り組む会社 株式会社NENGOの『PORTER’S PAINTS』とは

2018.07.03

下準備と手入れがポイント!長く楽しむための『花の生け方』

2018.07.02

清掃活動を通じて街を面白く『グリーンバード溝の口チームが作る、新しい地域コミュニティの形』

2018.07.01

【ケノコトInstagram企画】7月の「日常のコト」を『#文月のコト』で投稿しよう

2018.07.01

夢中になるおいしさ『あさりの白ワイン蒸し』

2018.06.30

簡単!おしゃれ!!夏のおやつに『フルーツポンチ』

2018.06.29

里山からのお便り『合鴨のお米づくり』その3〜田植えをしました〜

2018.06.26

身体ケアや食材の下処理に!『米のとぎ汁』の活用術

2018.06.23

お好みの薬味を添えて『いろいろ薬味のせ なすの生姜醤油和え』

2018.06.15

自分らしい暮らしに出会う『コンセプトで選ぶ新しいシェアハウスの形』

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.08.01

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「じゃがいも」の常備菜』

2016.08.21

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』