知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

食のコト 2018.06.20

2歳からできる!『野菜の下処理のお手伝い』

LINEで送る
Pocket

野菜の下処理のお手伝いも子どもの食育の一つです。初夏から夏にかけてはさまざまな野菜が出回ります。旬の野菜に触れることで食に対する興味・関心が高まるだけでなく、手指の巧緻性の発達にもつながりますよ。

玉ねぎの皮むき(2歳~)

玉ねぎの外側の皮をぺりぺりと剥がすのは大人でも時々難しく感じることがありますよね。薄い外側の皮を上手に掴むこと、慎重に剥がすことは手指の巧緻性、集中力の発達につながります。
皮を剥きすぎて、食べられる部分も剥いでしまうと目から涙が出るほど痛くなることがあるので、小さいお子様はご注意ください。大きいお子様は「玉ねぎには目から涙が出るほど痛くなる成分がある」という学びになります。

玉ねぎの皮むき

じゃがいも洗い(2歳~)

出来れば泥付きのじゃがいもがいいでしょう。タワシを片手にゴシゴシと洗ってもらいます。表面がツルっとしたメークインよりも、凸凹している男爵の方が洗い応えがあるのでおすすめです。小さいお子様だと片手で持ちきれない場合があるので、あまり大きすぎるものは避けた方が良いでしょう。片手でじゃがいもを持つ、タワシでこするという行為は大人にとっては簡単なことですが、小さな子どもにとっては難しいことなのです。

泥付きのじゃがいも

コロッケづくり(4歳~)

新じゃが芋が出回るこの時期はコロッケ作りに挑戦!コロッケの種となる材料の混合、コロッケの形に成形、衣付けは子どもにとって大仕事です。一連の流れを体験をすることでコロッケの材料や作り方を学ぶことが出来ます。4歳ぐらいだとこの一連の流れができますが、年齢の低いお子様は衣付け以外の作業がおすすめです。
成形のときに真ん丸になってしまわないように少しつぶすように伝えたり、「ハンバーグのイメージをしよう」と他の料理を例に出して伝えると成形しやすいですよ。

枝豆とり(2歳~)

枝付きの枝豆を購入した際はやっていただきたいお手伝いです。多少力は必要ですが、慣れるとブチブチと見ていて気持ちの良いくらい枝からとっていきます。枝からとるだけではなく中を開いて見るのも楽しいですよ。

枝豆

そら豆の豆取り(3歳~)

そら豆の割れ目に爪を食い込ませるのが難しい作業になります。子どもの指は小さいのでなかなか開くことができませんが、開くことができたときの喜びはひとしお。指の使い方、力の入れ方を学ぶことができます。また、そら豆のさやの内側は白くフワフワです。このフワフワに触れるのもそら豆の豆取りの楽しみの一つです。
そら豆は少し苦味とえぐ味があるため、子どもにはあまり好かれない野菜の一つですが、自分で開いたそら豆なら食べてくれるのではないでしょうか。

 そらまめ

とうもろこしの皮むき(2歳~)

複数枚一緒に剥くのは力が必要で難しいため、外側から1枚ずつ剥くように声掛けをしましょう。皮を剥いていくにしたがって皮の厚さが薄くなってくるので剥きやすくなりますよ。また、中の粒が見えてくると子どもは喜びます。
2歳では難しいですが、3~4歳ぐらいになると芯を折ることもできます。テーブルの端にとうもろこしを置き、テコの原理を使うと折りやすいです。もし、力が足りなくて難しそうであれば大人がとうもろこしを抑え、子どもは芯を両手で持って折るようにしましょう。勢い余って床に身体をぶつけないように気を付けてくださいね。

とうもろこしの皮むき

野菜の下処理はとても簡単なお手伝いであり、食育でもあるので親子で楽しみながら取り組んでみてくださいね。

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

子どもにとっても親にとっても、新しい発見が!?『食育キャンプのススメ』

 子どもにとっても親にとっても、新しい発見が!?『食育キャンプのススメ』

毎日の食卓が食育の場『今日のごはんは何?は豊かな暮らしの合言葉』

毎日の食卓が食育の場『今日のごはんは何?は豊かな暮らしの合言葉』毎日の食卓が食育の場『今日のごはんは何?は豊かな暮らしの合言葉』

親力アップ!『子どものやる気を引き出すコーチング』

 親力アップ!『子どものやる気を引き出すコーチング』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.03.08

旬のお花を食卓にも『ミモザサラダ』

2019.03.07

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~毎日食べたい「昔みそ」のコト~

2019.03.06

子どもに食べさせたい手作りおやつ『ドーナッツ』

2019.03.06

『啓蟄』虫出しの雷がなる季節。天気痛にご注意を

2019.02.26

生姜醤油ダレをかけて『ミニハンバーグの春野菜サラダ』

2019.02.23

フランスの田舎風スープ『ガルビュール』

2019.02.20

おやつ?おかず?もっちり『コロコロ大学いも』

2019.02.19

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~昔みそが愛され続ける理由①~

2019.02.17

唐揚げに飽きたら…リピート確実!簡単『鶏肉のディアボラ風』

2019.01.28

新酒の季節はおいしい『酒粕』を楽しもう。お腹にもうれしい酒粕のパワー

編集部おすすめ記事

2019.03.22

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「春野菜」の常備菜』

2019.03.09

鯖水煮缶を使って『鯖缶ディップ2種』

2019.03.05

旬の味を召し上がれ!『豆ごはん』

2019.03.04

あっという間に完成!子どもも喜ぶ『マシュマロサンド』

2019.02.27

旬食材『きんき』 脂肪分の旨味が豊富な赤い高級魚

2019.02.24

日本の暮らしの言葉『三寒四温』寒気と陽気の入れ替わるサイクル

2019.02.18

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 29 文字が読めない』

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.28

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『26 小豆島、醤油トリップ』

2019.01.25

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』