知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

食のコト 2018.06.21

元気で気持ちの良い一日のはじまりは『朝ごはん』から

LINEで送る
Pocket

ついつい睡眠を優先してしまったり、身だしなみを整えるのに時間がかかって、朝ごはんを疎かにしていませんか?
朝ごはんの役割は胃袋を満たすだけではありません。一日のはじまりに朝ごはんは大切な役割を担っています。

朝ごはん

朝食欠食は20代がピーク

平成28年国民健康・栄養調査報告によると、朝食を抜いてしまう成人は平均して男性15.4%、女性10.7%で、男女共に20代をピークとし、男性は5人に2人、女性では5人に1人なのだとか。ここでいう「欠食」とは「何も食べない」「錠剤などによる栄養素の補給、栄養ドリンクのみ」「菓子、果物、乳製品、嗜好飲料などの食品のみ」を指します。どの年代でも多いのが「菓子、果物、乳製品、嗜好飲料などの食品のみ」で、次に多いのが「何も食べない」です。
朝食は食べているけど、果物や乳製品、お菓子などで済ませていた人はドキッとしたのではないでしょうか。これらは朝ごはんにはならないんです。

乳製品

朝ごはんの役割

朝ごはんは胃袋を満たすだけではありません。気持ち良く1日をスタートさせるための大切な要素の1つです。

昼食までのエネルギー源の供給

朝食を抜くと血糖値が低下して脳のエネルギー源となるブドウ糖が行き渡らなくなります。脳の栄養源はブドウ糖のみです。身体には少ししか貯蔵することができず、ほんの数時間でブドウ糖は枯渇してしまいます。そのため、朝食、昼食、夕食のタイミングで食事を摂るとブドウ糖が丁度良く貯蔵されるのです。

脳は1日の摂取エネルギーの約20%を消費する器官で、他の器官に比べてエネルギーを多く消費します。ブドウ糖は不足すると筋肉からつくられますが、食事からブドウ糖を摂る場合と比べて、効率よくエネルギーにできないのです。

体内のリズムをつくる

起床後に食事をすることで体温や血糖値が上昇するので、体や脳が朝だと認識し、眠気がとれてきます。また、起床と睡眠とのリズムにメリハリが生まれ快眠につながります。

体温が上がる

朝ごはんを食べることで、脳にエネルギーが補給され、睡眠中に低下した体温が上昇するので、神経や内臓も機能し始めます。
朝ごはんを食べないと体温を十分に上げることが出来なくなるため、体が省エネモードになり、脂肪をため込みやすくなり太りやすい身体になってしまうのだとか。

ダイエット効果がある

朝ごはんを食べることで規則正しい食事サイクルができ、インスリンが正しく分泌され、代謝が上がることで無理のないダイエットに繋がります。

・他の食事での過剰摂取を抑える
空腹の時間が長くなると、筋肉からブドウ糖が消費されると、身体が飢餓状態だと認識します。その結果、脳が「栄養が不足しているからたくさん食べなさい」と指令を出し、昼食や夕食をドカ食いし、摂取カロリーオーバーに繋がってしまいます。太りにくくするための食事は、朝・昼しっかりと食べて、夜は軽めにすると良いですよ。

・インスリンが正常に分泌される
朝ごはんを食べないと、血糖値を下げるインスリンが分泌されません。朝にインスリンが分泌されていない状態で昼ごはんを食べると、インスリンが一気に分泌されます。すると、体内に脂肪が蓄積しやすくなってしまいます。

・代謝が上がる
ダイエットにおいて代謝はとても重要です。体温が1℃低下するだけで基礎代謝が約13%下がるといわれています。朝ごはんを抜くと体温が上がらず、基礎代謝も上がりません。何をしていなくてもエネルギーを燃焼してくれる基礎代謝が上がらないとエネルギーの燃焼量が減るため脂肪分を溜め込みやすくなります。

集中力や記憶力の低下予防になる

朝ごはんを食べないと目覚めの悪い状態のままです。集中力や記憶力、運動機能も低下したまま午前の活動をすることになるので、作業効率が低下してしまいます。

集中力や記憶力の低下予防になる

糖尿病になりやすくなる

糖尿病と関係しているのはインスリンです。朝ごはんを抜いて、昼食と夕食を食べると血糖値が大きく上昇し、血糖値を下げるためのインスリンが大量に分泌されて血糖値が一気に下がります。この流れを繰り返すとインスリンを分泌している膵臓に負担がかかってしまうため、糖尿病になる可能性が高くなってしまうのです。

朝ごはんにおすすめな食べ物

忙しい朝はゆっくりごはんを作るのはなかなか難しいことです。一から作るのが難しい場合もありますよね。そういうときは、残りもののごはんとお惣菜をまとめてレンジで温めれば、数分で朝ごはんができ上がります。野菜をちぎって切ってドレッシングをかけただけでも簡単にサラダができますよ。
パン派の方は米粉パンがおすすめです。米粉パンは小麦粉のパンよりもデンプンが豊富で、腹持ちもよいのが特徴です。

栄養たっぷり食材

ごはんやパンと合わせて食べるのにおすすめな食材をご紹介いたします。

・卵
卵は完全栄養食品ともいわれているほどタンパク質を中心に体に必要な栄養分が多く含まれています。完全栄養食品とは1日の栄養バランスを整える助けとなる優秀な食品です。ただし、これだけを食べるのではなく、バランスが大事です。タンパク質を中心に栄養が豊富に含まれていますが、ビタミンは少ないので野菜や果物も一緒に摂取してくださいね。

卵

・バナナ
バナナには糖質が多く含まれています。ゆっくりと消化されるのですぐにお腹が空くことが少ないです。手軽に食べられるので忙しい朝にも向いていますが、バナナだけを朝食にするのは避けましょう。

バナナ

・大豆や豆、ナッツなど
身体に良い脂肪と炭水化物が含まれており、良く噛まないといけないので満足感も得られる食材です。そのまま単体で食べるよりはコーンフレークやヨーグルトなどに混ぜて食べるのがおすすめです。

豆やナッツ類

朝ごはんは元気な1日を過ごすためには欠かせない食事です。忙しいときはついつい抜いてしまったり、果物やパン1つなどで簡単に済ませてしまいがち。調理に時間を掛けない工夫をしてより良い1日をスタートさせましょう。

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

朝の時間割次第で、ご機嫌な朝になる『いい日を作る朝ごはん時間』

朝の時間割次第で、ご機嫌な朝になる『いい日を作る朝ごはん時間』

ズボラな私でも続く『朝ごはんから素敵な1日を始めるためのヒント』

ズボラな私でも続く『朝ごはんから素敵な1日を始めるためのヒント』

管理栄養士直伝!『理想的な朝ごはん』のすすめ

管理栄養士直伝!『理想的な朝ごはん』のすすめ

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.11.13

外はサクッ!中はフワぷりっ!『エビタラカツ と たくあんタルタル』

2018.11.12

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 19 整理整頓なんて』

2018.11.04

季節を感じるおかず『柿の発酵白和え』

2018.11.02

子どもの『やり抜く力』を育てる!声かけと環境づくり

2018.11.01

開運招福・商売繁盛!『酉の市』は下町情緒を楽しめる霜月の風物詩

2018.10.31

七五三のお参り『ご機嫌に幸せに写真を記録するコツ』

2018.10.31

シンプルが一番!やさしいおやつ『紅茶のサブレ』

2018.10.30

ご飯が進む、里芋レシピ『里芋と豚バラのにんにく照り煮』

2018.10.27

旬の食材「レンコン」栄養と味わいについて

2018.10.26

発達・育児相談室から『これって甘やかしすぎ!?』

編集部おすすめ記事

2018.11.14

秋の味覚、新米。いつからいつまでが新米?

2018.11.13

これだけは抑えておきたい大掃除!『家族の役割分担を決めて効率的に終わらせよう』

2018.11.09

子どもと楽しむクリスマス『英語で歌えたらかっこいいクリスマスソング』

2018.11.08

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2018.11.03

ヨーグルトの酸味とブラックペッパーがほどよいアクセントに 『柿と水切りヨーグルトとブラックペッパーのサンドイッチ』

2018.11.01

開運招福・商売繁盛!『酉の市』は下町情緒を楽しめる霜月の風物詩

2018.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2018.10.30

香りのマリアージュ!『洋梨とスモークチキンのサラダ』

2018.10.22

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『16 へたくそ、てきとう。』

2018.10.20

和洋いろいろアレンジ『クレソンおかかごま醤油和え』

月間人気記事

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2016.11.20

ほったらかしで大丈夫。干し野菜レシピ『干し大根をつかった作り置きおかず』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.04.24

子どもの遊びがさらに広がる『初めてのはさみの「正しい持ち方・使い方」』